民進党希望の党(小)立憲民主党(小)
前原代表「死んでも死にきれない」分裂の責任痛感?
日刊スポーツ10/12(木) 9:04配信


<アベ政治YES?NO? 激戦!!2017秋の陣>

 民進党の前原誠司代表は11日夕、千葉・JR柏駅前で、民進出身で希望の党から衆院選に立候補した女性候補の応援演説に駆け付けた。聴衆に「今の政治を変えたい。このままでは、死んでも死にきれない」と訴えた。当初予定していた希望の党への全員合流が果たせず、代表を務める民進党は事実上の解党。自身は無所属での出馬となるが「若者が未来に希望を持てないのは、安倍政権以外の選択肢を示せなかった自分たちの責任だ」と謝罪した。

 元民進議員は希望の党、立憲民主党、無所属に分かれて選挙を戦うが、「もう1度政治に緊張感を与えるには、大きな野党のかたまりが不可欠だ」と、強調した。

07280633


前原代表、今回は大胆に動いたんだけど

相変わらず時流を読めなかった

「民進党」が左旋回する事に対し

党内で声を上げるべきでした

岡田代表や蓮舫代表の時代に

党内保守派が異議を唱えるべきでした

安保法制やテロ等準備罪の対応で

「民進党」は、ただただ反対で

何の代案も出しませんでした

政府が出す法案は国を取り巻く

内外諸情勢の変化に対応する為の

一つのやり方であり

一定の合理性があります

それを「憲法違反」だ「戦争法案」だ

と「共産党」や「社民党」と同じ事を言っていた

あの時に、こそ行動すべきでした

前原代表には結果責任があります

意図したかどうかは知りませんが

「民進党」を潰した事は事実

結果、訳のわからない事になってしまった

しかし、他の元党首が何も疑念を

言わなかったのも不思議な政党ですね

小池人気の風に乗り「民進党勢力」の

目減りを防ぐ

政治信条を変えて「希望の党」に

移った屑候補が何人当選するのか?

「希望の党」では「民進党」出身議員が

最大派閥となるから「希望の党」を乗っ取れる?

本気で「安倍政権打倒」が政策だと

思てる?それでは駄目でしょう

野党連立で安倍政権を倒した所で

その後を全く考えていない

そんな政党に政権を任せられるの



もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ