京都共産党(小)
国歌起立要求、思想の自由侵害と訴え 京都の町議
京都新聞11/14(火) 8:26配信


 小中学校の入学式や卒業式の国歌斉唱で起立を求める発言を議会などで受け、思想良心の自由が侵害されたとして、京都府井手町の谷田操町議(59)=共産=が13日、京都弁護士会人権擁護委員会に人権救済を申し立てた。
 申立書によると、今年9月の町議会一般質問の答弁で、松田定教育長が卒業式などの国歌斉唱の際に起立しない町議について「児童生徒への影響を憂慮する」などと発言。その後、同町の泉ケ丘中と多賀小の両校長に話し合いの場で「起立しなければ来賓として招待しない。起立してほしい」などと要求され、思想良心の自由や法の下の平等が侵害されたと訴えている。
 記者会見した谷田町議は「起立の意思を尋ねるのは思想調査。子どもたちに起立しない自由を説明できる学校現場であってほしい」と話した。泉ケ丘中の中田邦和校長は「起立しなかったらどうなるのかと尋ねられたので、案内状を出さない事も含め慎重に判断したいと伝えた」と話し、町教育委員会は「申立書の内容を把握していないのでコメントを差し控える」とした。


谷田操町議


国旗、国歌を大事にする事は

国際社会では当たり前の事で

他国の国旗、国歌に

敬意をもって接する事は

最低限の国際マナーのひとつ

自国の国旗、国歌を大切に

出来ない人に外国の国旗、国歌に

敬意をもって接することなど出来ない

これは国際常識であって

思想の自由、以前の問題です

この町議も、これぐらいの事は

知ってるはず

知ってて、この様な主張をする為

計算づくで申し立てたように思えます

何故か他国に支配して貰いたい為に

自国を貶める事に

情熱を燃やす人が居るんですね

こうゆう人を国際社会では

売国奴と言います




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ