スポニチアネックス 日本相撲協会
春日野広報部長、文春「口止め疑惑」報道で釈明「誠実に協力した」
スポニチアネックス2/2(金) 6:30配信


日本相撲協会の春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)が1日、東京・両国国技館で行われた理事会後の会見で、1日発売の週刊文春で報じられた「元春日錦への口止め疑惑」について釈明した。

 2011年に八百長問題が表面化。同年春場所が中止になるなど角界を揺るがした。このとき春日野部屋の部屋付き親方だった元幕内・春日錦が捜査線上にキーマンとして浮上。文春によると、その際、現役時の師匠でもあった春日野親方から元春日錦に対して、次のような発言があったという。

 「お前が訴えたりしたら、今の理事長の頭を悩ませてしまう。協会をすべて悩ませてしまう」

 「五月場所で爆弾発言でもしてみろ。その時点で協会パンクだよ」

 「別にオレが理事になりたくて言っているわけではないんだけれども、オレも全部パーだ」

 「余計な騒動は起こさないで欲しい」

 この日の会見で進行役を務めていた春日野広報部長は、自ら「それでは私から文春報道についてお話をしたいと思います」と切り出し、次のように弁明した。

 「私は当時、春日錦に“正直に話しなさい”と言ってまいりました。記事に取り上げられた発言については、不正確なこと、事実と違うことを言って、協会や他の力士に迷惑をかけてはいけないという趣旨で言ったと記憶しております。決して口封じなどではありません。春日錦は当時の調査に対して、誠実に協力したと思っております」

 春日野親方はこの会見に先立ち、再選を目指して理事候補選に立候補を届け出た。2日に親方101人による投票があり、即日開票で当選者が決まる。理事候補選には定数10に対して11人が立候補した。

春日錦春日野親方
春日錦                           春日野親方


誠実に対応していたら

元弟子がこんな風に実名明かしてまで

訴えたりしないでしょう

誠意が感じられないから訴えてるんでしょう

春日錦が録音した生音声が有るとの報道でした

公開すれば一目瞭然です

今回の春日野親方の説明と

報道内容は180度異なります

騒がれてる事自体問題があるのに

春日野親方は平然と理事立候補

相撲協会の常識は世間の非常識



当選後に評議委員長としての

池坊氏判断に注目

こんな釈明を信じて

処分もお咎めも無しなら

評議委員会の権威は地に落ちます

人によって処分に偏りが

有るだなんて信じられません

春日野親方がした弟子の怪我の

隠蔽や八百長の隠蔽は相撲業界の

信用を著しく失墜させました

また理事になったら

世間は納得しないと思います

貴ノ岩の件でもそうだったけど

外の目から見て正しい問題解決って

中身を全て明らかにし

膿を出し切って後に問題を残さない

これが正解なわけでしょ?

でも貴ノ岩の時の八角理事長や

池坊議長その他マスコミ報道の

協会筋の発言等

そしてこの春日野の弁明

とりあえず騒ぎが遮断できれば

それが正解ってのが

一貫して言われてます

騒ぎの大小じゃなくて真相究明の方が大事です

根本的に履き違えてますね




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ