スポニチアネックス 日本相撲協会 内閣府
八角理事長 貴親方の告発状に動じず「いつ話が来ようが問題ない」
スポニチアネックス3/10(土) 11:05配信


日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は10日、大相撲春場所の会場となるエディオンアリーナ大阪で行われた土俵祭りの後に報道陣の取材に応じ、貴乃花親方(元横綱)が元横綱・日馬富士の傷害事件に関する相撲協会の対応を問題視して内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出したことについて言及した。

理事長の元には詳細な連絡が入っていないようで「まだなんとも聴いていないので、なんとも言えない」としながらも「協会としては、いつ(内閣府から)話が来ようが、しっかりしているので問題ない」と話した。

 弟子の貴ノ岩が被害者となった貴乃花親方は、9日に貴乃花部屋の公式サイトを更新し、相撲協会の危機管理委員会による事件の調査や自らの理事解任を不服とし「公正中立な内容とは到底評価できない」と批判していた。これに対し、八角理事長は「公明正大にやっている」と危機管理委員会の調査に問題がなかったことを強調した。

相撲協会


過去の暴行事件について何ら反省なく

今回の暴行事件についてもトップが責任を取らない

少なくとも、八角理事長は辞任するべきでした

日馬富士傷害事件に於いて

八角理事長率いる執行部の初動の対応の不味さが

ここまで、この件を長引かせた最大の原因



・日馬富士 引退



・式守伊之助 引退確定



・大砂嵐 引退



・貴乃花親方 理事解任



・伊勢ケ浜親方 理事辞任



・その他不祥事があっても

 お咎めなしの親方、力士も多数



という状況の中

こう言わざるを得なのでしょう

今更不備がありましたと言えません

内閣府の動きによっては民事訴訟です

貴乃花親方は協会執行部ばかりではなく

横審、評議委員会にも言及しているから

一気に膿を解決しようと攻撃に出たわけです




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ