日刊スポーツ 日本相撲協会 宝塚市
女性市長「悔しい」土俵下あいさつ、男性からヤジも
日刊スポーツ2018年4月7日8時21分


大相撲の春巡業が6日、兵庫・宝塚市で行われ、同市の中川智子市長(70)が土俵下からあいさつを行い「女性であるという理由で、市長でありながら土俵の上であいさつできないのは、悔しいです。つらいです」などと訴えた。昨年4月の巡業でもあいさつしたが、それも土俵下。「女性の知事、市長も増えて、総理大臣が現れるかもしれない。その時に女性は絶対土俵に上がってはいけないんでしょうか」と問い掛けた。場内から拍手を浴びる一方、男性の「いけない!」というヤジも浴びた。

 同市長はあいさつ後、市役所で会見。4日の舞鶴巡業の「女性は土俵から下りて」というアナウンスが流れた件を引用し「けがれを払うように塩をたくさんまいた。女性として侮辱されたような気がしました」。来年の宝塚開催には意欲的で「土俵上でも下でもいいので(男性と)平等に扱ってほしい。女性だから土俵に上げないというのは差別。議論してほしい」とする文書を日本相撲協会へ提出する意向を明かした。

 日本相撲協会の春日野巡業部長(元関脇栃乃和歌)はこの日、同市長のあいさつを前に「女性を蔑視しているわけではない。歴代の方々がやってきたことを守っています」と、土俵上のあいさつを断った理由を説明した。

中川智子市長


舞鶴市の後で注目されている

状況は分かてる、はずです

マスコミの前で、あえて言及するなんて

目立ちたかった、としか思えません

第一あの挨拶では

反感買う事ぐらい承知で

挨拶したのでは、ないのですか?

中川市長の気持ちは分かりますが

何をそんなにムキになっているの?

悔しい、なんて感情を剥き出しにするより

社会常識と乖離した

「伝統」や「習慣」なんてものは

維持してもデメリットしかないのだから

伝統を理解しつつ、どう変革していくかを

働きかけて行く事が女性市長の役割では?

今回の人命救助に便乗して

騒ぐのは、間違いだと思います。




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ