産経新聞
野党、首相を猛攻撃も 政権を追い込む決定打にはならず
産経新聞4/12(木) 7:01配信


 決裁文書の改竄問題と自衛隊日報問題に加え、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐる愛媛県作成のメモ…。野党は11日の衆院予算委員会で、安倍晋三政権を直撃する3つの問題のうち、新たに発覚した加計学園メモを集中して追及した。安倍首相の「関与」をあぶり出すことを狙ったが、政権を追い込む決定打にはならず、引き続き論戦を挑む構えだ。(田中一世)

 加計学園の問題で焦点となったのは、平成27年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が愛媛県職員らと面会し「首相案件」と述べた-とするメモの信憑性だ。

 立憲民主党の川内博史氏は、首相が学園の加計孝太郎理事長とよく会食していることから、「首相は(加計氏との)会食時、『獣医学部の設置を目指しているんだよ』『がんばれよ』という会話はなかったのか」などと追及した。

 昨年1月20日の認定まで設置事業者が加計学園だと知らなかったとする過去の首相答弁を覆し、「首相案件」であることを浮き彫りにしようとしたのだ。

 ただ、首相は加計氏との事前の会話を完全否定し、こう反論した。

 「加計氏が私の地位を利用しようとしたことは一度もない。だからこそ40年間、友人関係を続けることができたのではないか」

 立憲民主党の枝野幸男代表は柳瀬氏が「首相案件」発言を否定していることから、「県職員が聞いてもいないことを書いたのか、柳瀬氏が嘘をついているか」と繰り返しただした。首相は「政府の文書ではない」などとコメントを封印。望む結果を引き出せなかった枝野氏は「ほとんどの国民が首相が嘘つきだと分かっている!」と色をなし、面会した県職員の証人喚問まで求めた。

 学校法人「森友学園」への国有地売却については、野党側はごみ撤去費に関して財務省が森友学園側に口裏合わせを依頼していた問題を追及。財務省近畿財務局職員が昨年2月、「撤去費用がはっきりしない」と学園側が報告する趣旨の文書を作り、学園側に署名を求めたことを認めさせる成果はあった。だが、財務省内の不祥事の域を出ず、野党が狙う「官邸の関与」にはつなげられなかった。

 新事実を突き付けられず報道をベースにした「確認作業」の域を出なかった野党だが、予算委後も「論理的に成り立たない答えで引っ張るしかなく、もはや政権を続けられる状況ではない」(枝野氏)と強気の姿勢を崩さなかった。

予算委員会


そもそも首相案件?そんな大事な

文章を何故公文書ではなく

備忘録だったのか、かなり違和感があります

それと内閣に近い人は普通は総理と言います

何故首相なのか?本来は総理案件と言います

もう1つは加計は決まるまで何回も断られています

友達優遇されたとしたら

第一次安倍内閣で決まっていると思いますよ

この文章は本気でかなり怪しいと思います

それと公文書偽造・改ざんの問題

森友のゴミ処理費用の問題

どれも重要な問題ですが

野党や一部マスコミは

真実の追求より安倍内閣倒閣、狙いなのが見え見え

他にも重要案件が有るのを国民は知ってます

北朝鮮、中国、ロシア問題

そっちのけで、パフォーマンス

理詰めで追及できない野党の力量のなさ

政府与党と協力して

「官僚」追求した、ほうが

野党の支持率も上がると、ゆうものでしょう



もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ