Fuji News Network 財務省 週刊新潮
 財務省の対応 本当の「狙い」
Fuji News Network4/17(火) 17:50配信


財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑。
今回の財務省の対応について、首相官邸としては、果たして、良しとしているのか。

財務省の対応については、官邸からも違和感を指摘する声が上がっていて、首相周辺は、「びっくりした。女性記者にも協力を求める対応は、個人的には選択肢になかった」などと述べている。

一方、当初、福田次官は公開された音声を「自分の声」というような発言があった中で、なぜ、財務省は、こうしたやりとりがなかったと今になって主張しているのか。

複数の与党関係者によると、今、福田次官を交代させると、今後、森友問題が何らかの節目を迎えた時点で、調査結果が出たときに、新たな次官も処分しなくてはいけなくなる。
それを避けるための時間稼ぎだという見方が出ている。

そして、そうした財務省の方針を、官邸が事実上黙認している背景には、財務省が独自に対応する限りにおいては、官邸に責任が及ばないという計算と、9月の総裁選を見通したときに、麻生財務相との連携は崩せない安倍首相側の思惑があるとみられる。

福田次官


財務省の狙いは

粘って時間を稼げば

安倍政権の支持が落ちてきて

福田次官と共に共倒れさせる

捨て身の面従腹背路線が効果的

一般国民は官庁の中の官庁の

財務省トップの責任は

安倍内閣と一体と捉え

安倍内閣の嫌悪感が広げ

女性に嫌われた安倍政権は

総退陣と成る







もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ