時事通信社
6野党、麻生氏辞任求め審議拒否=与党、柳瀬氏の23日招致見送り
時事通信4/20(金) 10:06配信


 財務事務次官セクハラ疑惑などへの政府・与党の対応に反発する野党6党は20日午前、衆参両院で審議拒否に入った。

 麻生太郎副総理兼財務相の辞任要求などを政府・与党が受け入れない限り、新たな審議日程の協議にも応じない姿勢。これを受け、自民党は元首相秘書官の柳瀬唯夫経済産業審議官の参考人招致を予定していた23日の衆参両院予算委員会での集中審議を見送る方針を固めた。

 6野党は20日午前、安倍政権の対応を糾弾する合同集会を国会内で開催。立憲民主党の福山哲郎幹事長は「(麻生氏は)進退を判断する時期だ」と強調。共産党の小池晃書記局長は「安倍内閣の退陣しかない」と訴えた。

 これに対し、菅義偉官房長官は記者会見で「(麻生氏は)財務省の陣頭に立って、信頼回復に努めてほしい」と重ねて強調。公明党の井上義久幹事長は会見で「要求が通らなければ審議を拒否するのはいかがなものか」と野党を批判した。

 衆院では20日午前、内閣、厚生労働両委が立憲など主要野党が欠席する中で開かれた。環境委は野党欠席を理由に取りやめとなる方向だ。与党が23日開催で提案していた衆参予算委集中審議も野党側が拒否する考えであることから、自民党幹部は開催を見送る意向を明らかにした。 

麻生副総理


麻生大臣に任命・監督責任があったとしても

それで審議拒否ですか?

対応に誠実さがないのは分かりますが

だからといって審議拒否は国民に対して

誠実さが欠けてますね

数の上で否決されるのは仕方ありませんが

堂々と不信任決議や罷免要求を出して行くべき

いくら解散されて、選挙に成ったら

勝つ自信がないと言っても

野党は国民の信任を得て支持率を上げたいなら

やるべき事をキチンとやらなければ

何時まで経っても支持率一桁から進歩しません





もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ