産経新聞 自民党(小)
自民・森山裕国対委員長、内閣不信任案提出なら「解散も選択肢」
産経新聞4/25(水) 10:21配信


自民党の森山裕国対委員長は25日午前、野党が内閣不信任決議案を提出した場合の対応について「出されれば解散も内閣の一つの選択肢だろう」と述べ、衆院解散・総選挙の可能性に言及した。

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長の会談に同席後、東京都内で記者団に語った。両氏の会談で衆院解散が話題にのぼったわけではないとも説明し、「不信任案の提出は野党の権限。われわれがとやかく申し上げる立場にない」と話した。

 一方、会談に同席した公明党の大口善徳国対委員長は「衆院解散は首相の専権事項だし、昨年やったばかりだ」と否定的な見方を示した。

 政府をめぐる一連の問題を受け、立憲民主党の枝野幸男代表らが内閣不信任決議案提出の可能性を示唆している。

森山裕


>記者「(自民党森山国対委員長の

>『解散も選択肢』発言について)

>辻元清美が『脅しだ!』と反発してる」



>松井一郎「反発したらあかんでしょ野党は

>自分らは辞めろ辞めろと、国会もサボって

>出てこないんだから脅し、反発っておかしいよ

>受けて立つってのが野党じゃないの」



普通なら野党は解散だと叫ぶところですが

いっさい言わない

どの政党も自信がないのだ。

立憲民主党は、山尾議員のような

スキャンダル議員がいるし

辻元議員の公園問題もあり

セクハラを認めてる男性議員も居ます

それよりなにより、希望の党が

前回勝利できたのは

小池都知事の踏み絵のおかげであり

実力ではないとわかっているから

解散を言い出せないのでしょう

野党議員は政権奪取できるなんて思ってません

与党を批判しまくって必死に名前と顔を売って

忘れられないようにして

また次回の選挙に当選したいだけです

今の行政、政府のゴタゴタが解消できず

改ざん文書問題も解明できないようなら

解散した方が良いでしょう

財務省の調査結果が

未だに出て来ないのも問題

選挙をしても与党自民党は変わらない

無党派層の支持次第では

今の3分の2が与党を

占める状況は変わるでしょう

与野党が政策議論で戦う

正常な国会に早く戻して欲しい




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ