時事通信 北朝鮮(小) 韓
南北首脳が会談=金正恩氏、初訪韓―「新たな歴史の出発点」―非核化や平和定着議論
時事通信4/27(金) 9:34配信


【高陽(韓国北西部)時事】韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日午前(日本時間同)、軍事境界線のある板門店の韓国側施設「平和の家」で首脳会談を行った。

北朝鮮最高指導者の訪韓は史上初めて。会談終了後に発表される見通しの合意文書に、北朝鮮の非核化に取り組む意志や朝鮮半島の平和定着を明記できるかどうかが最大の焦点となる。

 正恩氏は会談冒頭、「平和繁栄、南北関係の新しい歴史の出発点に立ち、スタートラインでシグナルを発信する。懸案、関心事となる問題を率直に話す」と発言。さらに南北首脳会談を随時行いたい考えも示した。文氏は「金正恩氏が軍事境界線を越えた瞬間、板門店が平和の象徴になった」と応じた。

 韓国政府高官によると、正恩氏は、招請があれば「いつでも青瓦台(韓国大統領府)に行く」と明言した。また、「大統領を未明に起こさないようにする」と述べ、弾道ミサイル発射の中止を改めて確認。「対決の歴史に終止符を打ちに来た」とも語った。

 午前の会談は約1時間半行われた。午後も続けられるが、正恩氏は昼食のためいったん北朝鮮側に戻った。

 文氏と正恩氏は午前9時半、軍事境界線で初対面し、にこやかに握手。正恩氏はその後、徒歩で韓国入りし、南北分断の歴史に新たな1ページが刻まれた。両首脳は手をつないで北朝鮮側にも入った。

 南北首脳会談は2000年と07年に続き3回目。今回の会談は、6月初旬までの開催が予定されている米朝首脳会談の土台づくりと位置付けられる。会談では朝鮮戦争(1950~53年)の終結と平和体制の構築をめぐり、突っ込んだやりとりが行われたとみられる。

 また、文氏は北朝鮮による日本人の拉致問題を取り上げる意向を示しており、日本政府は正恩氏の反応を注視している。 

南北首脳が会談


11年ぶりの南北首脳会談

会わない、よりは会った方が良いでしょう

北朝鮮は核開発が完成したので

今度は微笑み戦術ですね

全部北朝鮮ペースで

完全に牛耳られてますね

好き嫌い善悪は別として

金正恩は文大統領より

有能でやり手ですね

韓国国民が感情に任せて

文大統領という親北大統領を

選んでしまった隙を逃さず

本来であれば譲歩して近寄る

状況にもあったのに

あくまで上から一気に韓国に

取り入ってしまいました

このままでは北朝鮮の思うがまま

下手すると韓国は国家組織が

金正恩の思いのままになりそう

日本も、従来の親米だけでなく

従来よりも強力な独自の進路で

いかないと、いけなく成るかもしれませんね








もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ