ホウドウキョク中
「日本のではなく中国のドラえもん」 酷似で著作権侵害の判断
ホウドウキョク5/3(木) 15:49配信


「ドラえもん」にそっくりなキャラクターは、著作権侵害との判断。

中国メディアによると、福建省の企業が商標登録を申請した「ロボット猫」について、中国の裁判所は4月28日、著作権侵害を認め、申請を無効と判断した。

裁判官がドラえもんの漫画を読むなどして審議し、「丸い手の形、おなかのポケットなどがそっくりだ」としている。

「ロボット猫」側は、「これは日本の『ドラえもん』ではなく、中国の『ドラえもん』です」と話した。

申請した企業側は、「商標権の証明書は持っている」と主張しているが、「今後はこのまま、特に対応はしない」としている。


中国のドラえもん


数年前ならスルーされてた事案が

今は、まともな判決を出してる事に

中国も少しづつても進歩してるなと感じます

14億人も居て長い歴史が有れば

それこそオリジナリティのある

クリエイターはいくらでも居る様な

気がしますが?

今の中国人は目先の利益ばかりを

追うから時間と金の掛かる

基礎研究やクリエイターの

育成はせずパクるだけ

ある意味、中国に著作権は無いに等しい

以後、特には対応しないということは、

これからは商標登録せず

使って稼ぐて事でしょう

こうゆう考えだから

人類初の発明や偉業は

中国歴史上の遺産で

残るだけになってしまってます

中国の将来は

他国の人々が真似したくなるような

中国オリジナルを創造出来るか

どうかが今後の発展の成否につながる

だろうと感じてます

その為には、まず

他人の権利を侵害する事

他人の創造物をパクるのは

恥ずかしい事だと教育する事

自分さえ儲かれば他人を踏みつけても

当然だとの考えを改める所から

始める、べきでしょう




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ