デイリー 日本大学 日本大学アメリカンフットボール部
悪質タックル問題 日大・内田監督が辞任表明「これは私の責任」
デイリースポーツ5/19(土) 15:46配信


アメリカンフットボールの定期戦で、日大選手の悪質な反則行為によって関学大選手が負傷した問題で、日大・内田正人監督が19日、当該の選手や保護者に謝罪した。内田監督はその後、大阪・伊丹空港で報道陣に対応し、一連の問題の責任を取り、辞任する考えを表明した

 問題があった6日の試合以降、指揮官が公の場に姿を見せたのは初めて。内田監督は「一連の問題は全て私に責任があり、監督を辞任します。私の判断の悪さ。これは本当に私の責任です。もう弁解も致しません。もうお詫びをするだけです」と、表明。時期は「今日でも明日でもいいが、これはもう書類上の問題」としたが「私が先に辞任すると誠意がないことになるので、まずは関西学院大におわびし、辞任と考えていた」と釈明した。

(略)

 反則を犯した当該選手が退部するという報道については「私のところにはまだ連絡が来ていない」としながら、「正直いいましてSNSでたたかれているので、僕の感じだと非常に気持ちの上で滅入っていると思います」と語った。同部の今後の活動については「今はコーチと選手がいろいろ話して慎重に話し合っております」と話すにとどめた。

日大の内田正人監督


責任が有る監督辞任は当たり前の話で

タイミングがどうなるかだけでした

問題は日大の常務理事職を、どうするかです

理事であり続けるのなら

日大に残れば院政に成るので影響力はそのままで

チームは何も変わらなので

コーチ陣も後釜が決まり次第全員辞任

頭のすげ替えでは意味がありません

それにしても日大の危機管理の無さには

驚きました部員に罪を全部被せ様として

日大の信用は地に落ちましたね

内田監督辞任が決まった今

やるべきは関学が要求している事と思います

少なくとも反則行為が起こった経緯と

その後の対応についての説明でしょう

本件は日大と関学の当事者同士の

話で済まなくなっています。

日大アメフト部員はもちろん

在学生と入学志望者への影響に留まらず

日大の悪いイメージを世間に与えた行為は

致命的でしょう、区切りを付ける意味で

記者会見を行い説明責任を果たすべきと思います

内田監督をかばった日大にまで不信は拡大してます

関学大への回答も酷いものでした

内田監督の辞任だけで終わると

考えていたら甘すぎます

誠実な回答を出して内田監督を日大から

追放するところまで行かないと話は終わりません

今回の謝罪で回答期日までは

問題先送り出来ました世間はその回答、大学の

対応をきちんと見てますよそして

最後は日大自体の体制も考えるべき

田中理事長まで責任を負わせない為の

内田監督が辞任じゃ意味がないでしょう




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ