夕刊フジ  アメリカ(小) 韓
トランプ氏、北の非核化阻害する文氏に「口出すな」 米紙WSJも「米韓は同床異夢」と文氏を批判
夕刊フジ5/31(木) 16:56配信


 ドナルド・トランプ米政権が、「従北」の韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権に不信感を高め、「邪魔者」扱いしている。米国の目指す北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を阻害しているとして、口出ししないよう求めているのだ。米朝首脳会談に向けて今後、韓国が疎外される場面が増えそうだ。

 「首脳会談の開催は米国の国益にかなう結果を達成するためのプロセスだ。このプロセスと結果は、米国の安全保障以外に優先させるべき事柄がある韓国の大統領に任せることはできない」

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は28日、《米朝首脳会談、米韓は同床異夢 韓国の文大統領が目指すゴールは米国と同じではない》というタイトルの社説で、文氏を批判した。WSJはトランプ政権に近い。

 社説では、文氏が「米国に、非核化に向けた単なる措置と引き換えに北朝鮮に見返りを提供するよう迫っている」と指摘し、北朝鮮の主張をうのみにしている文氏を信用しないよう求めた。

(略)


前提条件を拒否07010602



現状認識が得意ではない

文大統領の有り様を

よく示していると思います

当事者意識がない

と言われたり

ならば当事者だと思って

動いてみたら今度は

口出しするな

とたしなめられたり

こうやって、いつの時代も

客観的に状況を察知出来ず

亡国してきた朝鮮の歴史は

本当に今も変わらないのだなぁ

と感動を新たにしました

これまで忍耐して来た米国も

ついに韓国を北朝鮮チーム認定

北朝鮮がいくら中・ロ・韓の

後ろ盾があるかのように振舞っても

最後はトランプ大統領と

金正恩との勝負になります

北朝鮮に時間稼ぎをさせる

文大統領に、ならば米国は

米国なりに軍事オプションの準備と

攻撃の正当性を目論む段取りで

北朝鮮を泳がせようとしていましたが

トランプ大統領が最初から

文大統領を信用していなかったのは

明々白々です





もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ