産経新聞 国民民主党 立憲民主党(小)
立憲民主vs国民民主の路線対立、「参院」でさらに表面化
産経新聞6/22(金) 21:24配信


 空転が続く国会が週明けに正常化する見通しとなった。与野党は22日、参院での安倍晋三首相入りの審議を25日から3日連続で実施することで折り合った。論戦の主戦場が参院に移り、衆参それぞれの野党第1会派である立憲民主、国民民主両党の路線の違いも浮き彫りになっている

(略)

 主要野党がそろって要求する学校法人「加計学園」の加計孝太郎理事長の証人喚問は実現の見通しが立たないままだ。立憲民主幹部が「簡単に審議復帰してもらっては困る」といらだちを募らせているのに対し、国民民主幹部は「交渉なのだから『百パーセントの回答でないとダメだ』では進まない」と語る。国会最終盤に向け、溝がさらに深まる可能性は否定できない。


関口昌一、舟山康江那谷屋正義
関口昌一          舟山康江        。那谷屋正義


    
野党とゆうメダカが国会の中で大暴れ

もう、この際、徹底的に揉めれば良い

はなっから国民目線でない、のは明らかだし

国民民主党は支持率が上がらない焦りから、

立憲民主党との違いを出す事に注力してるの?

いただけないのは、現在の手法で

党首討論をやる事です

総理の反論、逆質問を許さない

討論なんてやっても意味がない

国民にしたらフラストレーションがたまるだけ。

現行の手法であれば党首討論は

時間の無駄でしょう





もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ