日刊スポーツ
麻生財務相、報道に不快感「ふざけた記事の作り方」
日刊スポーツ6/26(火) 9:18配信


 「ふざけた記事の作り方だと思いましたよ」。麻生太郎財務相は25日の参院予算委員会集中審議で、連日のメディア批判を展開した。財務省前事務次官のセクハラ問題に関し、「セクハラ罪という罪はない」と述べた自身の発言を野党議員に批判された際、「セクハラと罪の間にコンマをつけて、『セクハラ・罪はない』などと書かれた。ねじ曲げられて伝えられたのは、甚だ残念だ」と訴えた。

(略)

麻生副総理


最近のマスコミとか報道番組は調子に乗り過ぎて

不快に思う部分は多々あります

被災直後の一般家庭に堂々と上り込んで取材したり

政治家のちょっとした言い間違いを

大げさに取り上げたりと、やりたい放題です

都合の悪い部分は編集で切って

自分達に都合の良い記事にします

麻生大臣も総理のとき散々やられて

退陣にまで影響したけど

ひと昔、前と違って

皆マスコミの切り貼り報道に踊らなくなってきたから

最近発言に余裕を感じます

少し挑発も入っている、ところも、ある様です

報道が偏向するのって、もう一般常識みたいなもの

真に受ける人も、これからどんどん減っていくでしょう

ネットの普及だけが原因ではないのに

新聞、雑誌の低迷が止まらない事が

国民の意識の変化を物語っているのです

もうメディア全盛の1970年、80年頃の

世界では無いのにTVのワイドショーなんて

ネタもないのに、放送時間を埋める為だけに

下らない放送を続けてます

既得権を手放したくないTV局に対して

異業種による放送事業の開放なども

検討すべき時期でしょう







もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ