東スポWeb 日本大学 日本大学アメリカンフットボール部
悪質タックル日大アメフット部「再出発」ノビノビ練習中にポケモンGO
東スポWeb6/30(土) 16:45配信


 悪質タックル問題で揺れる日本大学アメリカンフットボール部が驚きの変化を見せた。

 29日、東京・世田谷区桜上水のグラウンドで約1か月ぶりに全体練習を行った。基礎練習のみで約45分間と短かったが、人によってはウオーミングアップから居残り練習を含め3時間近く汗を流し、選手それぞれが声を出して盛り上げるなど上々の“再出発”となった。

 練習前には反則問題を調査するため日大が設置した第三者委員会が都内で会見して中間報告を発表。加害選手の行為が、内田正人前監督(62)、井上奨前コーチ(30)の指示で行われたと認定した。また、部員やスタッフ計約150人にアンケートを実施。現時点で回答を得た約120人中、今回の事案について内田前監督側が正しいと回答した人は誰もいなかったという。善悪の構図がより明確になったのは、部のイメージ回復を目指す選手にとっても朗報だ。

(略)

 さらに別のある選手は「ポケモンGOをしながらジョギングをしていました」とニヤリ。内田前監督が在任中なら逆鱗に触れそうな発言をいとも簡単に発し、報道陣を驚かせた。“恐怖政治”が終焉し、はつらつさも取り戻した選手たち。試合復帰への道筋は依然として不透明だが、新監督とコーチが決定次第、本格練習を再開させる。

日大アメフット部「再出発」


鬼監督、コーチから解放され

マスコミ慣れもして気分も

緩んでたのかもしれませんが

練習に集中、出来ていない様には映ります

しかしそこまで干渉する必要があるのでしょうか?

この記事タイトルの書き方には悪意を感じます

日大アメフト部の学生たちは

一緒にやってきた当該選手を見捨てて

自分達だけ元通りにアメフトが出来れば良いの?

仲間一人を救えずに見殺しにして

チームプレーとは呆れます

部員が全員自分が当該選手じゃなくて

良かったと思ってる?

日大アメフト部は、日大上層部と

まったく同じレベル、感覚の最低集団ですか?

口先だけで会見し当該選手を見捨てて

自分達は逃れようとしている監督、コーチと

何ら変わらない、集団的加害者の一員で有る事を

これから知ることになるでしょう



もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ