産経新聞 外務省
外務省に「北」「韓国」2課きょう発足 対北転換期迅速に対応
産経新聞7/1(日) 7:55配信


 対韓国、対北朝鮮政策を所管する外務省アジア大洋州局北東アジア課が7月1日付で、韓国担当の第1課と北朝鮮担当の第2課に分割される。分割反対論がある中で外務省が組織改編を断行した背景には、日朝首脳会談の実現も取り沙汰されるなど、朝鮮半島情勢が大きな転換期を迎えているという事情がある。

(略)

 国交のない北朝鮮との外交問題は一筋縄では前進が期待できない。外務省幹部は「いつも答弁書を書いてばかりでは仕事にならない。専門家に意見を聞いたり、本を読んだり考えたりする『インプット』の時間がなければ、よりよい対応策をひねり出す『アウトプット』がおぼつかなくなる」と訴える。外務省OBらの分割反対論を念頭に「先輩たちの時代とは違うということだ」とも語った。

河野太郎


今まで北朝鮮専門部署が

無かったのが不思議

圧力と、ともにアンダーグラウンドでの

交渉は何処がやってたのでしょうか?

組織改編をした以上

しっかり情勢を把握して

新しい情報をどんどん内閣に

報告できる体制を構築して欲しいですね

外務省OBの反対が

根強いとか言っているけど

 反体意見はどんな内容なんでしょう?

別に対立だけが目的じゃないんだから

平和に繋がるかもしれないのに

何で反対するんだか意味が、わかりません




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ