改憲勢力3分の2を確保 与党は改選議席過半数
テレビ朝日系(ANN) 7月11日(月)0時46分配信


 参議院選挙は10日に投開票され、自民・公明・維新の3党で75議席を獲得し、非改選の議員と合わせた改憲勢力で改正案の提出に必要な3分の2議席を確保しました。

 これまでの各党の獲得議席は、自民党が55議席、連立を組む公明党は13議席で、与党が改選議席の過半数を大幅に上回りました。民進党は31議席で、改選議席を大きく割り込みました。共産党は6議席、おおさか維新の会は7議席を獲得しています。社民党は1議席にとどまり、福島副党首が当選しました。一方で、生活、こころ、改革の3党は議席を獲得できていません。争点の一つとなった憲法改正を巡っては、自民・公明・維新の3党で75議席を獲得し、非改選の議員と合わせた改憲勢力が3分の2となり、参議院でも改正案の提出が可能となります。また、岩城法務大臣と島尻沖縄北方担当大臣の現職閣僚2人が落選しました。推定投票率は53.50%前後で3年前の選挙を上回りましたが、過去4番目に低い投票率でした。

711314
護憲勢力、改憲勢力って、おかしいと思いませんか?

民進党は自民党での改憲反対で

共産党は今の体制での改憲反対でしょう?

自分達が政権を取って安定政権を作れたら

憲法改正するんでしょう?

とくに共産党は憲法改正しないと

共産主義国(社会主義国?)作れませんから



今回、与党が改選議席過半数を取ったのは

「北朝鮮や中国にリアルな危険はない」だとか

「中国が攻めてきた時は一緒にお酒飲めば

理解し合える」だとか

そんな人達が支持されなかったのでしょう



護憲派の人が

「改憲派、あるいは支持者は戦争が起きたら

その責任として真っ先に前線に、たってくれよな」

と言ってましたが

逆でしょう

「中国脅威論をあおって憲法を改正しようとしている」

「戦争法案を強行採決した」と

言っているのは野党でしょう

それって、そんな状態には成りません

外交(話し合い)で、そんな状態は作りませんて

野党は言ってるのでしょう



野党の候補者が

「若者が兵隊と、なり戦地に送られる」

と言ってましたが

安保闘争時代も、そう言ってました。

ベトナム戦争時も、そう言ってました。

言い続けてれば何時かは当たる、ですか?



とかく憲法は9条だけが焦点のような書き方、

言い方を、されますが

他にも考えなければならない部分が有ります

103条すべてで憲法ですから

9条だけが一人歩きしないように考えてほしい

変えるも変えないも、憲法全部を見る、べきでしょう

ただ、9条を守っていれば、

戦争に巻き込まれる可能性は無い

というのは妄想でしょう、相手次第、情勢次第で

戦争に巻き込まれる可能性は有ります

悲しい、かな、まだ人は話し合いで

妥協できるほど成熟していません









もし良ければクリックお願いします
        ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ