1 名前: 宇宙三銃士スターボーφ ★ [] 2011/05/31(火) 06:37:09.99 ID:???

30年にわたり対北朝鮮情報要員を務めた予備役将校が、北朝鮮の後継者の金正恩(キム・ジョンウン)をめぐる権力暗闘を描いた小説を出版した。
金正日(キム・ジョンイル)襲撃と北朝鮮軍部の日本侵攻などのストーリーで話題を集めている「金正恩統一戦争」の作家イ・ヨン氏だ。2009年に
中領(中佐)で転役した彼は、文学空間新人賞で登壇した後に詩集「月を撃った狙撃手」と国軍捕虜を扱った小説「青い月に負ける」を出した
中堅作家だ。第7回韓国戦争文学賞を受賞している。
「金正恩統一戦争」は平壌(ピョンヤン)の金日成政治大学を訪問した金正日国防委員長が金日成(キム・イルソン)の隠し子のキム・グァンイル大領
(大佐)に襲撃される場面から始まる。金正日は植物人間となり、後継者の金正恩の後見人を引き受けなければならない張成沢(チャン・ソンテク)国防
委員会副委員長は軍部実力者のキム・ヨンチョル偵察総局長の銃で撃たれて死亡する。
イ氏は、「北朝鮮急変事態シナリオのうち最も有力なのが金正日の身辺異常。襲撃事件勃発時点を201X年8月8日としたのは、今年69歳の金正日が
10年以内に重大な運命を迎えるだろうという作家的想像力を発揮したもの」と説明した。米情報機関の秘密ファイルを連想させる本の表紙はグラフィック
デザインで知られるニューヨークのスクールオブ ビジュアルアート(SVA)を出た娘のジウン氏が担当した。
イ氏の小説で目を引くのは、北朝鮮軍部が内部動揺を遮断するために日本の北海道に侵攻することだ。
偵察総局所属の特攻隊員560人で構成された5個地域隊が特殊戦用浸透機のAN−2型機と潜水艇・空気浮揚艇などで奇襲浸透するが、日本の
防衛省と自衛隊は初期対応に失敗する。イ氏は、「北海道は日高山脈を中心に海抜2000メートル以上の山岳が多く、ゲリラ戦に最適。特殊部隊での
勤務経験に照らしてみると、都心ゲリラ戦を併行しながら6カ月以上持ちこたえられるところ」と話した。
米国は日米安保条約により平壌の人民武力部庁舎をトマホークミサイルで攻撃し、ステルス爆撃機B−2を出撃させる。だが、米中央情報局(CIA)は
北朝鮮軍部高官がアフリカ・ケニアでアルカイダと接触する状況を確認した後、核テロを懸念して米朝平和条約を結び戦争を終わらせる。
イ氏は「金大中(キム・デジュン)・盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時に瓦解の危機まで行った対北朝鮮情報収集能力を強化するなら何よりも情報要員を
通した対北朝鮮人間情報(ヒューミント)に集中しなければならない」と注文した。
中央日報/中央日報日本語版
http://japanese.joins.com/article/355/140355.html?servcode=500§code=500

続きを表示する