以前のブログでも書いたのですが
所有している区分ワンルームマンション管理組合の
監事に就任することになりました。

BlogPaint





管理会社にいくつか提言をしていたら
目を付けられスカウトされた次第です。

断ろうかと思ったのですが何事も経験。
ブログネタにもなるし。


総会や理事会には無理して出席しなくてもいい。

という条件でお手伝いをさせて頂くことになりました。


時事ネタではありますが、昨年から宅配ボックスの設置を
検討していたようで、早速、設置をすることになりました。

他にもTVモニターホンへの変更やセキュリティ効果の
高い鍵への交換が議題に上がったり。


以前から

「入居者の立場にたった運営をしてよるな〜。」


と思っていたのですが、なんと理事長さん、
ウチで物件を買って頂いたこともあるバリバリの
投資家さんでした(^_^;)


特に区分ワンルームの管理組合の運営は、
遠隔地に住んでいるオーナーが多く、運営に
消極的でお金のかかることは敬遠する傾向にあり、
良くも悪くも理事長のカラーが出ます。


「中古マンションは管理を買え」


と言う言葉があるくらい管理が大事になってきます。 

管理状態が良ければ、基本的に賃料は下がらず、
賃料が下がらなければ、売値も下がりません。 

先日、自分の部屋の入居者が入れ替わった際には
3千円のUPに成功しました!


一方で管理が悪ければ、安かろう悪かろうで、
入居者の質は落ち、賃料は下落し、売値が下がり、
スラム化していくマンションもあったりと。


このマンションは自分が買ってから、まだ3年ぐらいですが、
今売ったら1.5倍以上では売れると思います。(売りませんが…)


とはいえ、これは自分だけに限らず、ウチで
2〜3年以上前に区分を買って頂いた方は、
だいたい、これぐらいは値上がっているんじゃないかと。

中には2倍近くなった方もいらっしゃったりも。


羨ましいな〜。

なんて思ったりしたところで、
リスクを取ったからこそのリターンな訳で。

後からなら、いくらでも何とでも言えますからね。



ということで組合理事の皆さんには自分の正体がバレてしまいました。


来年あたり理事長になってるかも知れません(汗)