2017年04月26日

夏の生もと

生もとといえば「大七」 おいしい生もとの酒を
造る大七さん。夏に向けての「純米生もと
生原酒」が実に旨い!米の旨味が膨らんで
豊かなコクが味わえる、なのにクリーミーで
スイスイ飲めてしまう。
26
"超扁平精米"という「大七」独自の方法でお米を
平べったく磨くのでお米のいらない部分だけが
効率よく取り除けて 美味しいお酒ができるのだ
そうです。その上 自然の乳酸菌を利用した「生もと」
という手間のかかる製法で造られるのでとても奥深い
味わいになるんです。常温より少し低めの温度で
生もと由来のシルキーな口当たり 少しぬる燗に
してみましたら これまた絶妙な飲み心地でした。



naniwaya1 at 10:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月23日

八重桜シーズン

桜って日本人にとっては特別な花ですね。
ソメイヨシノよりちょっと遅れて咲く「八重桜」は
咲いている期間も長いようです。花びらが
八重なので一輪が大きめでふんわりしているので
豪華な印象です。
葉が出てから開花するのも ソメイヨシノとは違った
趣があります。
23
ポンポンのようにたくさん花びらをつける豪華で
満足度の高い咲きっぷりの八重桜で今年の
桜の締めくくりを楽しめます。
春の終わりと夏の訪れを感じながら近くにある
マンション脇で八重桜を撮影してきました。



naniwaya1 at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月20日

きのこ狩り

隣接する佐倉市にある「佐倉きのこ園」に
立ち寄ってみました。きのこ園というので
牧歌的な雰囲気を想像していましたら
工業団地の中に立地した きのこ工場でした。
よく目にする原木栽培ではなく菌床栽培のようです。
19(1)
案内されたビニールハウスの中には棚にブロック状の
菌床が並んでシイタケがニョキニョキ生えています。
説明によると地下水を使い ブナ ナラ クヌギを
おがくず状にして米糠を加えた培地は栄養たっぷりです。
19(2)

19(3)
当然床もぬれて湿度は十分の中で シイタケは
常に上向きに生えています。切り取る際には
お借りした刃の部分が湾曲したハサミで根元から
切るようにとのことでした。
収穫したシイタケは100g 220円で購入しまして
夕食に焼いて塩をつけていただきました。
ジュワ~っとシイタケの旨味が口の中いっぱいに
広がります。
帰り際にいただいたシイタケ茶も優しいシイタケの
香りで、ごちそうさまでした。
19(4)

続きを読む

naniwaya1 at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月18日

春眠〜

例年よりもロングランで楽しませてくれた桜が
音もなく ひらひら舞っています。桜が終わり
陽気もよく春うららとなりますと 春眠暁を
覚えずZzz・・・。
18
眠りといえば普段から寝つきはいい方ですが、
眠気は寝る前だけに来るとは限らず
夜のくつろぎタイムにTVを見ている時でも
やってきます。面白そうなドラマだからと
意気込んでみていると眠気ウェーブが
さざめきます(苦笑)

「寝ちゃダメ 見たいのだ」と抵抗してもムダ、
意識を取り戻した時には ストーリーが
わからなくなって 自分を責めることもしばしば、
又拍車をかけるように 焼酎orウィスキーを
チビチビやりながらだから 仕方ないです(笑)



naniwaya1 at 12:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月15日

トロピカルな梅酒〜♪

フルーティで甘酸っぱいお酒、トロピカルな味わいの
フルーツ梅酒です。マンゴー風味の梅酒というよりも
梅酒はマンゴーの引き立て役という感じで主役は
マンゴーです。マンゴーの甘〜い香り 
とろけるような味がジュワッと広がり甘味なひと時を
楽しめます。
15
マンゴーの王様 アルフォンソマンゴーと
日本酒ベースで造られた上品な梅酒の見事な
コラボ!隠し味のパッションフルーツの爽やかな
酸味のバランスが絶妙ですよ。フルーツ本来の
風味を活かすため 甘さ、アルコールは
控えめで マンゴーのフルーツ感が口の中で
心地よく広がります。



naniwaya1 at 11:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月13日

展示会へGO!

酒販業界では 今の時期展示会の開催がラッシュです。
夏に向けての酒の提案が中心で いつも通り
全スタッフ(夫婦二人ですが)での参加です。
まずは御茶ノ水「東京ガーデンパレス」に向かいます。
前回(昨秋)は時間を勘違いしまして到着したら
すでに閉会(苦笑)今回は先に来場することにしました。
これいいネ!のお酒のチェックに夢中になり会場写真
撮るのを忘れていました(会場出てからアラッ)

次に向かったのが馬喰町の名門酒会へ・・・
この時期にふさわしい 大満足のお酒との出会いもあり
入荷をご期待ください。お酒は何種類くらいあったので
しょうか、おいしいお酒の理解を深めるために頑張る
各蔵元さんスタッフの皆様ご苦労様でした。
13
私共にとりましても情報は多いほど価値を
伝えられるものですので 大変勉強になりました。



naniwaya1 at 14:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月10日

ご近所の桜 きれいです。

周辺の桜、咲き乱れる様が圧巻です。待ちに待って
咲いた桜 満開になって咲き誇っているのに
週末には無情の雨・・・残酷です。
食事をしながら 外に目をやると裏の公園の桜
裏手の小高い大土手山も景色がほんのり
ピンク色に染まっています。

10(3)10(2)
10(4)10(5)
歩いて2~3分のマンションの歩道側には
何と桜のトンネルができていました。今日は
小学校の入学式のようで桜吹雪に祝福されての
門出ですね。
10(1)





naniwaya1 at 11:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月07日

水芭蕉 辛口スパークリング清酒

「水芭蕉 純米吟醸辛口スパークリング」
シュワシュワ系に多い甘口ではなくキレの良い
キリリとした辛口の味わいです。
瓶内二次発酵しているので はじける活性感
純米酒独自の米の旨み にごり酒なのに
後味スッキリで飲み飽きせず 和食などにも
おススメです。
7
首かけのタブにもありますが 噴きます!
開封注意です。開封は冷やしたまま 振らずに
一気に栓を開けないようゆるめたり 締めたり
数回繰り返し、ガス抜きを十分に 開栓後
オリを混ぜて お楽しみください。



naniwaya1 at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月04日

今年の桜は・・・?

当店の周辺では 裏手にある大土手山の
桜が例年一番早く花を咲かせてくれます。
でも今年は冬の寒さに逆戻りの気候で
やっと咲き始めました。
4(2)

4(1)
毎日の景色に馴染んでいる裏山の桜は 
我が家に取りましては特別な桜です。
開花が進んでいることに期待して 
カメラを持参して出かけてみました。




naniwaya1 at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月02日

桜咲かずに花見交流会

満開の桜の下で、となるはずの恒例の町内会の
花見交流会ですが・・・連日の風が冷たく春とは
思えない天候で桜はまだ咲かず、でも、参加する
ほとんどの方々は いつも桜を見ずに宴席を
楽しんでいるのですから お天気に恵まれたことで
良しとしましょうか。老若男女、花よりダンゴの
ご近所交流会となりました。
2(1)

2(2)

2(3)
今どきの お花見スタイルは多様化しているようで
桜並木を歩きながら楽しむスタイル、桜の下で
ピクニック気分で楽しむスタイル 最近では室内で
桜を飾り(造花) 桜色の飲み物、お料理を楽しむ
エアお花見も 人気なのだとか・・・ということは
当店内でも エアお花見できますよ



naniwaya1 at 13:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月29日

桜ラベルの酒

東京では桜の開花が発表されたものの
みぞれまじりの雨や雪と寒い日が続き
冬に逆戻りでした。当店裏の大土手山の
桜の昨日の開花状況です。
29(1)

29(2)
店内には春を感じさせるお酒の入荷が
続いています。本日は「奥の松 大吟醸
さくらラベル」・・・大吟醸造りの繊細さと
芳醇な香味が絶妙です。艶やかに咲く桜の
ラベルが印象的です。黒にピンクの花びらが冴え、
お花見の席を華やかに演出してくれます。
リーズナブルな価格もうれしいですね。

続きを読む

naniwaya1 at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月26日

美味しいものめぐり頒布会

おいしいお酒に おいしいアテ・・・どちらも〜
という頒布会です。
6〜8月の3カ月間、暑い季節においしいお酒と
その土地のおつまみが届きます、お酒だけの
コースもあります。残念ながら おつまみだけの
コースはありません(笑)
26
日本には 各地にその土地ならではの珍味が
存在しています。先人の知恵が詰まった珍味は
お酒と抜群の相性を発揮します。お酒と珍味で
味覚の旅を楽しみませんか
只今 申し込み受付中!



naniwaya1 at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月23日

福小町(号外編バージョン)

今年も入荷してきました。その技術力の高さと
安定した酒質でファンが多い福小町さんの
号外編バージョンです。
酒瓶を覆い隠す大きさの手書きラベルが
インパクトあり この時期の注目の酒です。
23
吟醸用酵母で醸した極上のモロミを圧搾した後
炭素濾過をせず お米本来の旨味が生きていて
飲みごたえ十分です。手書きラベルに書かれて
いる蔵元さんコメントに「旨味がドンと来てますよ、
最初は甘〜く それから酸味の旨味がはじけて
奥深い爽やかさがはじけてくるぞ・・・」と
あります。



naniwaya1 at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月19日

和スィーツ!

和スィーツ!美しい桜!春の風景を
閉じ込めたような、香りよい桜の風味広がる
二層の羊羹です。桜あん羊羹の花びらが
春の訪れを感じさせてくれます。
19(1)

19(2)
やわらかな桜色が美しく ほんのり桜の香りのする
しっとりしたカステラのような浮島と羊羹、上品な
甘さです。美味しい春 ごちそうさまでした。



naniwaya1 at 11:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月16日

桜明日香・グレーン

桜明日香・グレーン、あなたは何?と思えるような
日本語表記のないラベル、裏ラベルを見て
あ〜米焼酎!と思えます。紅乙女酒造の特別な
米焼酎です。
1616(2)
紅乙女の代名詞「胡麻焼酎」その隠し味として
使用される全麹仕込みの米焼酎です。
華やかな吟醸香とまろやかな味わいが楽しめます。
ロックか 濃い目の水割りがいいですよ。


続きを読む

naniwaya1 at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月13日

春なごみ酒

万物の息吹が感じられる季節。お酒も春〜という
ことで、春和酒(はるなごみざけ)が入荷しています。
山口県・岩国の酒「五橋」 クリアな飲み口で
軟水仕込みならではのソフトな口当たりを
心地よい酸が引き締めバランスの良い
旨口純米酒です。
13
「酵母」は お酒の香味を左右する大切な
要素です。このお酒は味に幅を持たせる
特徴があるハイブリッドな新酵母を使っており
軽やかな味わいでありながら しっかりした
旨味 程よい香り かなりの好感度です。



naniwaya1 at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月10日

河津桜が見頃

春といえば桜、ソメイヨシノよりも早く咲く「河津桜」
ソメイヨシノと比べて濃く鮮やかなピンクで
長期間にわたって楽しむことができます。
車で10分程のところにある「佐倉市西志津
スポーツ等多目的広場」には周囲に80本〜の
河津桜が植えられており満開を迎えていました。
10(1)

10(2)

10(3)

10(4)
この広場は周辺が団地や住宅に囲まれていて
とても静かなところです。駐車場も広く、
訪れたのは平日の午前中でしたので
数名のジョギングを楽しむ方とお会いしました。
この日の4日後の日曜日には"桜祭り"が
開催される案内がされていましたが もうすでに
若葉の緑が混じっていて たくさんの鳥たちが
飛び交う野鳥の楽園となっていました。



naniwaya1 at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月07日

無垢の酒

無調整、無濾過、無垢・・・無の字を冠に
いただくと 口に入れるものの印象が
グッとよくなりますね。無の魅力です。
旨味のエッセンスたっぷりの
「無調整初しぼり」、蔵元さんの個性が
ダイレクトに伝わります。
7
今年 初登場の「名倉山」、当店でも
季節のお酒で人気の銘柄です。
甘やかな香り、きれいな旨味 無垢な
美味しさを堪能できます。
素直においしいです〜♪



naniwaya1 at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月04日

「そば味噌」&「みそおこげ」

お酒を吞むためのアテとして、ご飯のお供や
薬味として そばの実が香ばしい「そば味噌」。
信州みそとそばの実の出会いで生まれました。
たっぷり贅沢に使っているそばの実の
プチプチとした食感とそばの風味、しっとりとした
甘味とコクのあるしょっぱさは飽きることなく
クセになります。
4(1)

4(2)
つぶつぶのお米の形がそのまま残る「酢屋亀」さんの
「みそおこげ」、こちらも当店では人気者です。
軽い食感と香ばしさ、サクサクおこげのほんのり
香る味噌の風味は なつかしい味わいです。

続きを読む

naniwaya1 at 13:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月01日

秘密が詰まってます「ひょうたんからこま」

"ひょうたんからこま"一度聞いたら忘れられない
ネーミングのお酒は京都の白嶺酒造さんの
特別なお酒です。
注目すべき点は高品質なお米(丹後産の山田錦)の
規格外の米だけを使っています。
規格よりも小粒を使っていますので 純米酒を
名乗れず 普通酒規格になっています。
1(1)1(2)
小粒だけど山田錦のはしくれ〜
出来上がったお酒に杜氏さんもびっくりして
出た言葉「ひょうたんからこま」がお酒の名前に
なったのだそうです。大粒に劣るような味わいどころか
まるで吟醸酒のような香りと味わいなのに
価格にもビックリお買い得です。
(720ml 1177円(税込) 1.8L 2354円(税込))

続きを読む

naniwaya1 at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)