2018年06月21日

会津から夏吟醸

会津酒らしいしっかりした米の旨みが感じられ
つつ、のど越しがよく爽やかで軽快な味わい
です。よく冷やすと スキッとシャープさを
感じる味わいに ゆるゆる飲んでいまして
室温になるにつれ味わいに膨らみが出てきます。
30.6.21
吟醸酒を出荷前に火入れ(加熱殺菌)した
生貯蔵の夏季限定酒です。
金魚と朝顔の愛らしく涼しげなラベルが
夏を演出しています。 



naniwaya1 at 16:26|PermalinkComments(0)

2018年06月17日

父の日 雑感

17日は「父の日」。いつも忙しいお父さんに
お酒に託して日頃の感謝を伝えてみませんか。
「父の日」は母の日に比べると地味というか
認知されていないのがチョット寂しいです。
近所のスーパーでも母の日は特設売り場が
設けられ お花から 何から何まで母の日
対応商品がたくさん陳列されていましたが
父の日は各売り場では対応しているものの
母の日に比べると・・・(残念)
30.6.17
毎日のいろいろなシーンで お客様から教えられる
ことや 感動をいただいています。特にプレゼントを
選ぶお客様は笑顔です。その嬉しい瞬間や親孝行の
お手伝いができるのが商人冥利というものです。
「いつもありがとう」の気持ちが込められた おいしい
お酒をプレゼントされた幸せなお父さんに乾杯!!



naniwaya1 at 11:08|PermalinkComments(0)

2018年06月14日

出羽桜・雪女神 四割八分

酒造好適米「雪女神」は、山形県が開発した
大吟醸仕込みに適した専用米です。
「出羽桜」より「雪女神、四割八分」が新発売
されました。
濃密でフルーティな香り、米の旨味が広がる
心地よい余韻。しなやかで透明感のある酒質は
女神の味わい?のようです。
30.6.14
日々研究、開発が行われている酒造好適米。
日本酒の原料は米と米麹と水、酒米が大きく
左右することは間違いありません。
米によって味が変わる日本酒。米の違いの
飲み比べも面白いです。

続きを読む

naniwaya1 at 16:15|PermalinkComments(0)

2018年06月10日

山本「和韻」

山本「和韻」、"今年も少数ですが
仕込みました!"との案内があり
即 オーダーしたものの、希少な
商品のようで 希望数量は叶わな
かったものの入荷しております。
和韻・・・ワインなの?日本酒なの?
日本酒で、ヒミツは酵母にあり〜。
30.6.10
ワイン酵母と清酒酵母のブレンドが
うまく調和したふくらみのある味わい、
後味の余韻の心地よい酸がワインの
ようです。

裏ラベルに「・・・神頼みな仕込みで・・・」
と控え目コメントしておりますが、経験と
自信があってこそのチャレンジです。
これからもユニークなお酒を待っています。



naniwaya1 at 14:43|PermalinkComments(0)

2018年06月07日

一乃谷 UNO

地元愛の詰まった酒です。
オール福井・・・酒米(越の雫) 酵母(福井
5号酵母) 水は名水百選の湧水、お清水
(おしょうず)等々、
酒米「越の雫」を50%精米し 袋搾り、
手間のかかった分だけおいしいお酒に
なりました。
30.6.7
品のあるほどよい吟香と程よいお米の
旨味、喉ごしよく 軽快でとても きれいな
お酒です。
オシャレなラベルが目を引きます。
最近の日本酒ラベルは個性あふれるものが
多くなり、商品特性がよく表現されています。



naniwaya1 at 11:56|PermalinkComments(0)

2018年06月04日

自動ドア、回復しました〜♪

開けごま〜念じなくても
open the door〜〜♪ 赤外線センサーの
不調だったようで 器具を交換していただき
再生!
30.6.4
修理工事をして下さったお兄さんがおっしゃるには
センサーは消耗品なので仕方ないですよ・・・と
当店のセンサー結構長持ちするんですけど・・・(苦笑)



naniwaya1 at 13:51|PermalinkComments(0)

2018年06月01日

紫陽花

6月は"梅雨"のイメージ、花は"アジサイ”
日差しの中でも しっとり雨にぬれても
それぞれに魅力ある花です。
小さな花が集まってまん丸い花の形を
作っている姿が可愛いです。
枝を強く剪定しても 難しい管理もなく
健気に咲き誇ってくれてうれしい花です。
30.6.1
店の入り口の自動ドアに突然トラブル発生!
入る際のセンサーが作動していないようです。
早速修理依頼したものの どうなることでしょう(困惑)
ひらけ〜ごま・・・。



naniwaya1 at 17:46|PermalinkComments(0)

2018年05月30日

隠し酒!?

夏には夏に楽しむ日本酒があります。
この隠し酒は今夏に向けて造られた
杜氏さんの思いが詰まった酒です。
白糀由来のクエン酸が夏にピッタリの
味わいです。
30.5.30
毎年 黒ラベルに黄文字のタイガース
カラーで登場する隠し酒、今年は白糀を
用いて醸した山廃純米生原酒 昨年は
生もと造りでした。ポイントは酸!白糀の
クエン酸と山廃造りによる野性的で
しっかりした味わい、香り穏やか キレの
強さもあいまって 杜氏さんの技が光って
います。



naniwaya1 at 14:03|PermalinkComments(0)

2018年05月27日

龍勢 涼風生生

夏酒の入荷が続いています。
ビジュアルからして 夏酒らしさが伝わって
くるこの酒は、広島・竹原の「龍勢・涼風生生」
涼しい飲み口と膨らみとキレのある味わいで
一口飲むと美味しさを実感できます。
30.5.27
広島の酒米「八反錦」の旨味を上手く
表現した味わいです。キンキンに冷やすと
キレが良く、だんだん常温になるにつれ
旨味が増し ふくよかな味わいになって
飲み頃生酒です。旨い!



naniwaya1 at 11:00|PermalinkComments(0)

2018年05月24日

まわり道して築地本願寺へ

最近 電車内で若者から席を譲られる
ことが多く、見た目 そんなにヨタヨタ
しているのかなあ、気分は若いつもり
なのに・・・(苦笑) でも、最近の若者は
優しいです。

まわり道をして 前から気になっていた「築地
本願寺」へ立ち寄ってみました。
古代インド風といわれる寺院建築で日本の
仏教寺院とはかけ離れたエキゾチックな
様式の建物です。
30.5.24(1)
本堂前の一対の狛犬も風変り、点在する
動物彫刻のオンパレードに見入ってしまいます。
見物人の出入りは自由なようで、中に入ると
立派な寺院、格天井に豪華なシャンデリア、
太い柱が並ぶ重圧感 あふれる堂内、
入口の扉の上部には蓮の花がデザイン
された色鮮やかなステンドグラスが教会の
ようでもあります。
30.5.24(2)30.5.24(4)

30.5.24(3)30.5.24(5)

30.5.24(6)
築地場外市場でいただいた"海鮮丼"とても
美味しかったです。
30.5.24(7)

続きを読む

naniwaya1 at 12:56|PermalinkComments(0)

2018年05月21日

嘉美心・35%山田錦大吟醸

父の日に向けてのギフト用商品が次々と
入荷しております。母の日が過ぎたら
父の日ですよ!旨口の名手「嘉美心」の
特徴は・・・米たっぷり〜。
リーズナブルな価格(720ml 3024円税込)
にして 高品質の新製品です。
30.5.21
山田錦を35%まで磨き上げ 淡麗ながら
「山田錦」のふくらみを感じられる味わいの
嘉美心さんらしい大吟醸です。
純米大吟醸ではなく あえて少量の
アルコールを添加した大吟醸に挑戦した酒の
ようです。狙い通り お酒の持つ華やかな
香りをまとった酒になりました。



naniwaya1 at 12:00|PermalinkComments(0)

2018年05月18日

「横山大観展」にて

「東京国立近代美術館」で開催中の「生誕150年
横山大観展」に足を運んでみました。
混雑が予想される展覧会のようで、長蛇の列?と
思うと迷ったのですが 行ってよかったです。
案の定、混雑は想定内ということで・・・。
30.5.18(1) 
30.5.18(2)

30.5.18(3)
代表策を網羅した大回顧展というだけに
どれを見ても 横山大観作なのですが
多様な作風が多いので見飽きることなく
大観のスケールの大きさを楽しめました。
作品の中でも特に豪華絢爛な〈夜桜〉と
〈紅葉〉の夢の競演、絵はやはり実物を
見なければと思います。
30.5.18(4)

30.5.18(5)
展覧会パンフレットにもある〈群青富士〉は
前期の展示作品だったようで見ることが叶わず
残念!大観と言えば富士、その中でも
デフォルメされた富士を見てみたかったです。
30.5.18(6)
水の一生を描いた水墨画で全長40m超えの
日本一長い画巻の「生々流転」が
フルバージョンで展示されていました。でも
それを見るための行列の長さがはるかに
長かった〜(苦笑)
墨絵って濃淡だけであれだけの表現ができ
余白からも雄大さを感じることができるのですね。
後世にまで残る才能って素晴らしいです。



naniwaya1 at 17:18|PermalinkComments(0)

2018年05月15日

緑のカーテン 生育中

今年も暑い夏!の予感が・・・。毎年仕立てている
緑のカーテン、今夏は"白ゴーヤ"に挑戦しようと
植えつけまして 只今生育中〜。果実を食べる
ためではないので、見た目が少し変化球的な
ものがよいのではということからです。
30.5.15
夏の日差しは室内にも容赦なく進入してくるので
見た目にも涼しく 実用的?で風流さも併せ持つ
"緑のカーテン"。直射日光を避けるだけでなく
水分を蒸発させて蒸散作用によって周辺の
温度を下げる・・・暑い日に木陰に入ると涼しく
感じるアレですね。

白ゴーヤは苦くない!? それはなさそうです。
でも 日焼けしても白いままなようですね(笑)



naniwaya1 at 11:52|PermalinkComments(0)

2018年05月13日

あじさい"ダンスパーティー"

変わった"ガクアジサイ"、花の名前は「ダンス
パーティー」。八重の花びらが何とも言えない
美しさです。風に吹かれると可憐なダンスを
見せてくれる素敵なアジサイ、
ピンクの花びらがきれい!
30.5.13(1)

30.5.13(2)
花だと思える大きな花(装飾花)が実は
"ガク"、中心部分の地味なつぶつぶが"花"
なのだそうです。小さな花を見ると
"マクロレンズ"を使ってのぞき見したく
なりますよ(笑)。
店内で賑やかに踊り続けています。



naniwaya1 at 14:12|PermalinkComments(0)

2018年05月10日

大山・夏の雪

季節が逆戻りしていて、寒い日々が
続いています。春の気配に心も
うきうきしていたのですが・・・
もう冬物は使うことがないと
思っていましたら・・・寒い!

お酒は夏酒の入荷が続いています。
夏に楽しむにごり酒「夏の雪」
30.5.10
フルーティな香りとフレッシュさ、そして
にごりの旨味をそのまま封じ込め
口当たりは軽快でドライ 淡雪のごとく
楽しめます。
ラベルは 真夏の青空と入道雲と砂浜、
そこに降る雪、寄り添う雪だるま、
ありえない光景が目を引きます。
この絵は「大山」さんの蔵人さんが
描いたもののようです。



naniwaya1 at 15:38|PermalinkComments(0)

2018年05月07日

大相撲・番付表

大相撲 夏場所がまもなく始まります。
番付表をいただきました!
仕事上 相撲の取り組み中のTV視聴は
できないのですが、兄のおかげで
にわか相撲ファンになっております(笑)
7
最近は場所ごとに様相が変化するので
注目することも多く面白いものです。
色々な問題があるようですが観戦する者達を
魅了する充実したものになることを
期待いたします。



naniwaya1 at 12:28|PermalinkComments(0)

2018年05月04日

夏生

「紀伊国屋文左衛門」ネーミングからの
インパクトもあってか、今年の夏生の中の
人気者となっています。
硬い酒名ですが、口当たりよく飲みやすい
純米生原酒です。
4
夏酒といっても タイプはさまざまで
バリエーションにとんでいます。
フレッシュな味わいを大切にと、火入れ
なしの低温熟成された生酒が届きます。
味のバランスがよく 飲み疲れることのない
適度な濃度の中に旨さがあります。
冷やして 夏の食べ物と合わせて
楽しめる爽快な飲み口です。



naniwaya1 at 15:04|PermalinkComments(0)

2018年05月01日

こいのぼり〜

ゴールデンウィーク、皆さんお楽しみの
ようですね。私共はお・し・ご・と。
仕事途中に立ち寄ってみました「千代田
調整池」には 今年も こいのぼりが
泳いでいました。有志の方々が中心となり
環境保全と住民交流を目的に毎年開催
されています。青空と緑が目に映える中
いつ見ても圧巻です。
1
街の中では少なくなってしまったこいのぼり
ですが、ゆうゆうと泳いでいる様は
いいものですね。
たくましく 立派に育ってほしいとの切なる
思いはいつの時代にも変わらぬ親心
なのでしょう。

続きを読む

naniwaya1 at 12:05|PermalinkComments(0)

2018年04月29日

五橋「光新世紀」

展示会で出会った酒が入荷してきました。
無添加の生もと!? 酵母も乳酸菌も添加しない
自然の力を利用した手間のかかる
古くて新しい製法で造られた酒で、
奥深〜い味です。コクやまろやかさがあり
かつスッキリしています。
29
農業法人 五橋農纏(のうてん)で栽培された
「光新世紀」を原料米に使用し酒も米も
「五橋」産・・・酒造りは米作りからが形になった
純米酒です。
仲間杜氏さんの酒造りへの革新的意欲に
感銘を受けました。
これからの蔵元さんは 1.5次産業という
ことなのでしょうか。

続きを読む

naniwaya1 at 15:20|PermalinkComments(0)

2018年04月26日

酵母に注目!

酵母の違いが楽しめる「純米大吟醸シリーズ」
原料米(秋田酒こまち)や造り(純米大吟醸)が
同じで酵母違いで飲み比べが楽しめます。
「1801」・「はま矢酵母」・「UT-2」それぞれ
特長ある香りや味わいが違うのです。
26
日本酒を前にして酵母は?なんてあまり
気にしませんが、酒の他にも発酵食品造りには
欠かせないものです。
米という地味な素材からできている日本酒から
フルーツのような香りが発生するから
不思議です。この香りも酵母由来のものです。
酒の愉しみは奥が深い!



naniwaya1 at 11:58|PermalinkComments(0)