2018年02月

2018年02月24日

小田原梅まつり、 小田原漁港の後は、外郎(ういろう)、柳屋うす皮あんぱん。 どれも美味しいですね。










naniyuutorimannen at 22:36|PermalinkComments(0)clip!

小田原梅まつりの後は小田原漁港で魚料理 「小田原場外市場 港の台所 なみ」









ここの食堂はとびきり美味しいと言うわけではないけど、普通に魚をいろいろ食べ終わって、「ああ美味しかった。」と言う感じ、
280円でサバ飯、イサキ飯、ワケメご飯、白ごはんが食べ放題なのが良い。
強いて言えば、ご飯のレベルをもう少し上げれば、なお良いのですが。

他のお店が混んでいても、このお店ならたぶん座れると思います。

naniyuutorimannen at 22:27|PermalinkComments(0)clip!

小田原梅まつり 曽我梅林 ポカポカ陽気だけど、写真の腕前はどんどん低下

今日は良い天気で温かかったですね。
去年に引き続き今年も小田原梅まつりに行ってきました。

 















naniyuutorimannen at 22:02|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月19日

真鶴港八十吉丸。午後船、カワハギ釣行! 地獄から一転、天国へ!

2月18日、 昨日インドから帰国したばかりの時差とか夜間飛行機の移動とかなにがなんだかわからない状態ですけど、朝に八十吉丸の女将さんに電話しての午後釣行。

よい天気でしたね。 三ツ石も綺麗です。

ただし、釣り自体はかなり渋く、エサ取りもあまりない状況。
で、この日の釣果は、
ボーズ
こんな状況で、竿がしらは8枚とのこと。
カワハギ釣りに苦手意識を持つ私ですけど、やっぱりカワハギ釣りは腕の差が歴然としますね。
http://blog.livedoor.jp/naniyuutorimannen/search?q=%A5%AB%A5%EF%A5%CF%A5%AE

で、この日の食卓は、








豪華でしょ!。
実にうまかった。
船長からいただいたサザエは、壺焼きと、刺身に
他のお客さんからいただいた、カワハギの肝醤油あえは絶品!

釣りって、洋上にでて、あれやこれや試しているだけで、充実した時間を過ごせますが、帰り道の坊主は辛いもの。 でもね、この日はとてもほのぼのとした気分となりました。



naniyuutorimannen at 22:19|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月18日

印度出張、バンコク経由羽田へ向かうJL032から見た光景、真っ赤に染まる、東京湾







2月17日 無事帰国しました。

naniyuutorimannen at 07:20|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月17日

バンガロールでの食事、The Ritz-Carlton Hotelの近くにある、東アジア料理のお店「MISU」

The Ritz-Carltonから近くですが、St Marks ロードに入って、200mほど進むとLOUIS PHILIPPEという洋服店が入ったビルがあります。その4階にMISUという東南アジア、東アジアを主としたレストランがあります。



エキゾチック?な雰囲気の店内。

キングフィッシャーを注文

酸辣湯

客家焼きそば

トムヤンクンとか、タイ料理なども有るのですが、どうしても中華になってしまうわたくし。
一人で、プラット入るには良いお店のように思います。



naniyuutorimannen at 22:05|PermalinkComments(0)clip!

バンガロール日本料理「播磨」で鍋焼きうどん。 気の利いたものがあるじゃない!



2月6日からのインド出張、お昼はカレー味、夜は日本食や、中華、ピザなどを食べましたが、
なんかもう飽き飽きの感じ。
2月14日、ホテルの近くの日本料理「播磨」へ入って、メニューを見ると鍋焼きうどんが目にとまりました。
早速注文!
麺は腰がなく、ホウトウのようです。たぶん小麦粉を捏ねて、手打ちなのでしょうか?
出汁はあっさりで、問題ありません。

まあまあの出来ですね。 インドで食べる日本料理としては良い方だと思います。

naniyuutorimannen at 21:38|PermalinkComments(0)clip!

印度出張、経由地バンコクへ向かうJL717から見た光景、宝くじ、宮ケ瀬湖、丹沢、道志道、山中湖、富士山、機内食は、RED U-35、

2月6日出発。
まずは、うんだめしの宝くじ「バレンタインジャンボ」を買って、

富士山がきれいに見えます。



宮ケ瀬湖が見えます。

山中湖から延びる道志道もきれいに判りますね。

富士山、きれいです。



機内食







naniyuutorimannen at 21:27|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月11日

JL717 成田からバンコクへ行く途上。ニアミスかと思った。



右側に小さく見える機影。
じつは、この飛行機左前方から右後方へ超高速で上空を横切った飛行機です。
撮影はスマホでしましたが、立ち上げに少しだけ時間がかかっただけですが機影はご覧のようにアッというまに点となりました。

高度差がなかったらたぶんぶつかっていたのかも、、、
高度差は数百メートルだったと思います。これはニアミスと呼ばないようですが、かなり迫力があります。
期待もガタッとすこし揺れた感じがします。

ここで、ニアミスの定義再びの再び、、、
Wikipediaによると
日本では明確な基準は定められていないが、アメリカ連邦航空局(FAA)では、半径150m、高度差60m以内の接近と定義している。」

いままでの関連記事。
http://blog.livedoor.jp/naniyuutorimannen/search?q=%A5%CB%A5%A2%A5%DF%A5%B9

それにしても、今回の擦れ違いは今まで一番至近だったように思います。
撮影したかったなぁ?
(今回は愛用のデジカメを忘れてきました。)



naniyuutorimannen at 01:55|PermalinkComments(0)clip!

デカン高原







デカン高原にはこういった台形状の山が点在しているようです。
上の風景はバンガロール近郊のものです。

以前いはPUNE近郊の風景も紹介しています。
http://blog.livedoor.jp/naniyuutorimannen/archives/2139875.html

インド全土に広がるデカン高原はこのようにしてできたようです。
Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%AB%E3%83%B3%E9%AB%98%E5%8E%9F
より。
「デカン高原を覆う巨大な玄武岩台地はデカントラップと呼ばれる6700-6500万年前の白亜紀の終わりにかけて起きたマグマ噴出で形成された。高原には鉱物組成の違う花崗岩もあり、大陸地殻内で生成したものだが、玄武岩は現在のインド洋レユニオン島付近にあったと推定されるホットスポットから、インド洋の海底拡大(インド亜大陸の北上)運動を生じたマントルの活動に伴って地表へ噴出したものである。」



naniyuutorimannen at 01:48|PermalinkComments(0)clip!

尖閣諸島上空を飛行、 インド出張途中のJL717、経由地バンコクへの途上

この景色、ここで飛行機は急に左転する。



そして、台湾東側を南下します。

GOOGLEマップと比べますと、ちょど尖閣諸島を通り過ぎた当たりで左転したのがわかります。

ちょうど、このもやもやとした島影が尖閣諸島のようです。↓


飛行機の航路はいろいろな国際事情で決まるのでしょう。

なぜ、尖閣諸島の北側をとおったのでしょうか?まだ、中国の防空識別圏はこの領域には及んでいないのでしょうか?


naniyuutorimannen at 01:34|PermalinkComments(0)clip!

今日は12時台から酔っぱらう@インド、 正直な日本人?いえ、私が正直なのですよ!

11時ごろにマンションを見学?したあと、地下鉄でホテルの近くに帰ってきて、
お気に入りのUB CITYにあるお店で12時過ぎから一人酒盛り。








さて、お勘定の時によくもめるのが海外の常。
http://blog.livedoor.jp/naniyuutorimannen/archives/2126135.html
一度、こういうトラブルがあったお店には二度と行こうと思いません。

ここのお店は、今までトラブルはありませんでしたけど、、、
「お兄ちゃん、お勘定してんか!」
お兄ちゃんは気づかなかったがお姉さんがすかさず私のところへ、
「かしこまりました。」
別のおじさんが請求書を持ってきます。
「あれ、この請求書、間違っていない? 私はワインを3杯飲んだのに2杯しかないよ!」
「済みません、担当のミスですね。本来なら担当が損失を負担するところでした。助かりました。」
しばらくして担当のお兄ちゃんが私のところに
「申し訳ありませんでした。これが請求書です。私のミスですでございます。」

「日本人は正直だからね、得するとわかっても間違いはただすよ」
「ありがとうございます、韓国人もインド人もふつうはこういう場合はだまっています。」
「いやいや、日本人も同じだよ、実は私が正直なだけだよ。」
家族に言わせると自画自賛は私の専売特許。

「ところで、こちらの請求書にはテーブル番号にT01と書いてあるけど、追加で来た請求書には1としか書いていないよ! 同じテーブル番号でないと私は払えないよ!」
「どちらもテーブルの1番でございます。」
「どこにT01とか1とか書いてあるの?」

この時お兄ちゃんは
「ハハハはーっ」
と笑った。で私も笑った。
私「じょーくだよ!」

お兄ちゃんはそれ以上の言い訳をせずに笑った。
笑いが窮地を救う場合もある。

日本人は集団になったときに不必要に笑いすぎだと思う。
http://blog.livedoor.jp/naniyuutorimannen/archives/2117349.html


naniyuutorimannen at 00:57|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月03日

5年ぶりに現れた諏訪湖 御神渡り、その後は片倉館千人風呂でまったりと

諏訪湖に5年ぶりに御神渡りが現れたとの報道を受けて、いてもたっても居られず
早速、諏訪湖に向けて出発!

諏訪湖は完全結氷かと思いましたけど、
 

実際は、水面も覗いていて、 下は二之御渡りの南端側の写真。諏訪市原田泰治美術館付近から、
迫力に欠けますね。

もっと迫力のある風景を求めて、湖東を北上します。
見えました。一之御渡りの東端です。↓



もっと迫力のある光景を求めて北上します。途中、諏訪湖越しに富士山がそびえています。

諏訪湖北側にある赤砂岬に到着。
先ほど写真をとった湖東へと御神渡りが延びています。↓

反対側を見ると西から南に湾曲して走る御神渡りが見えます。↓



御神渡りを十二分に堪能しました。

赤富士ですね!


冷えた体は、片倉館千人風呂で温まりましょう!


浴槽が深く、広いと言うのは初めてです。 熱容量が大きいのでしょうか、体がとろけます。

日本の充実した一日でした。



naniyuutorimannen at 22:40|PermalinkComments(2)clip!

2018年02月02日

八王子界隈はやっぱり雪深くなりした!

1517576267101_1



naniyuutorimannen at 22:06|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月01日

雪の報道ですっかり有名になった、八王子。今の状況。

P2011099

P2011101


naniyuutorimannen at 23:36|PermalinkComments(0)clip!