2017年06月11日

銀鏡反応、実験で手が真っ黒に、 お顔はまっさおに、

中学校の頃、基本は柔道部に所属していたのですが、イッチョかみで科学部にも在籍していたような、、、
その時の記憶、
銀鏡反応の試験をしましょう! って試験管に硝酸銀となんやらかんやら薬品をいれて試験管内面に銀が析出して、さながら鏡が形成され、喜び勇んでその試験管を持ち帰り、お母ちゃんに見せると、
「あんた、なんやその黒い手は、どうしたん?」
と言われ、ハッと我に返って自分の手を見つめると、自分の手がまだらに黒くなっています。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1327697398


同じく、この科学クラブで、友達が金色の学生服のボタンを百円硬貨を使って銀色にメッキしてよろこんでいたところ、顧問の先生が、「国家の貨幣を使ってなにをするか!」と激怒したことを思い出しました。
いまなら、新聞ネタになるかもしれません。
今から思えば、良い経験ですが、、、。
でも、新聞ネタになってしまえば、トラウマを抱えることになり、「良い経験」では済ませられない。

今の世の中に危機感を感じます。







naniyuutorimannen at 23:23│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔