2017年08月17日

真鶴港八十吉丸 午前船コマセ五目釣行。 3日目の食卓。アジの開きの干物、シメサバ、アジ昆布締め



調理方法を変えれば、魚が続いていも飽きることはありません。
むしろ、新たな調理方法での味の違いを楽しむことができます。

アジの干物は初挑戦でしょうか?
最近天気が悪いので、冷蔵庫の乾燥した空気で2日寝かしての干物です。
やはり、天日干しの方が美味しいように思います。

シメサバは24時間冷凍によりアニサキスを退治しないといけないので、最短で3日目の食卓に登場となります。ゴマサバですが、さすが40cm超となると脂が乗っていて、マサバと比べても引けをとらないです。
アジ昆布締め3日目は身があめ色になり、また硬さが増し、刺身とは違った食べ物に変わります。

シメサバ、昆布締めの写真は有りません。 あまりに美味しかったのでペロリと言う感じ。


naniyuutorimannen at 23:49│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔