2017年09月01日

南デリーにある14世紀に建てられた巨大古城跡トゥグラカバード・フォート(TUGHLAQABAD FORT)。デリーの穴場的観光スポットにして見応十二分な所

8月26日(土曜日)、
25日にデリー市内で暴動が発生したので、この日は出歩かない方が良いだろうと言うことで、ホテル待機。市内に入らなければ問題ないだろうと、ホテルに近くの観光地を調査。
見つけました。
巨大古城跡トゥグラカバード・フォート(TUGHLAQABAD FORT)
http://charkhanote.com/2017/02/27/%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%BC%E7%A9%B4%E5%A0%B4%E9%81%BA%E8%B7%A1%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%81%E4%B8%AD%E4%B8%96%E3%81%AE%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%8F%A4%E5%9F%8E%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%B0/

GOOGLE MAPで調べるとホテルから2kmぐらいの距離、LET'S GO!
便利な交通手段ですね。

到着です。インドのひとは15INR、外国人は200INR。まあ、物価、サラリーのギャップを考えれば、しょうがないですね。
 

 
 
 
買ったチケットはこのガードマンさんたちがチェック。殆ど入場者がいないので、伸びきっていますねぇ。
 
城壁の上の様子、
 
すると、入り口のガードマンとは別の木の棒を持ったガードマンが突然現れ、こっちから見ると全体が見渡せるんだ!と私をぐいぐいリードしてくれます。
 
で撮影したのが子の写真。確かに絶景である。
 
「こっから、敵を弓で打つんだ」とガードマン氏。

 
「こっちは、水のタンクなんだ」とガードマン氏

「次は、こっちへが良いよ」
 
「ここはキングの居室だったんだ。」
 
「で、そこから順番に、身分が下がっていくんだ。」
 
「じゃ、次に行こう!」
 

 

 

 
この通路の両側にはお店が並んでいたんだよ。

この穴の奥に、水たばこを吸う4人の輩の顔をラリッているように見えたのは気のせいでしょうか?

「この穴はね、エマージェンシーイグジットだよぉ〜、入ってみるかい?」
 


「こんどは、こっちだ!一番高いところから全体を見渡せるぜぇ〜!」
 


全行程1時間の観光案内でした。

さいごに、
「ねえ、ダンナ、チップをはずんでやってくれゃせんか!?」
さり気なく200INRを差し出すワタクシ。
「もうすこし、どうにかなりゃせんか!」
「あなたはガードマンなのにもかかわらず、ガイドをしてくれて、あなたのガイドを十二分に堪能したよ!」
とさり気なく500INRを差し出すワタクシ。

1000INRを渡しても値打ちあるガイドでしたが、外国人がむやみに物価を釣りあげてはいけません。500INRは苦渋の決断です。。。









naniyuutorimannen at 21:40│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔