2017年09月11日

真鶴港 八十吉丸、午前線コマセ五目釣行。二日目の食卓。刺身三種もり、お魚三種料理。

大漁だった場合に、どのように料理して、美味しく魚を頂くか、実はこの部分がとても重要となってきます。
なぜなら、食べられない(食べきれない)魚を釣ることは、私の主義に反するからです。
次の釣りにも影響を及びます。

で、二日目の今日の食卓。
左から、ウッカリカサゴ(カンコ)の薄造り、アジの酢締め、アジの昆布締め。

ウッカリカサゴはポン酢でいただくと最高でした。
アジの酢締めは脂がのっているのが良く分かり、これも絶品でした。
アジの昆布締めは、身がしまっているのですが、瑞々しさが少なく、美味しいのですが上記よりはやや劣る感じです。

オキトラギスの天ぷら、これが一番おいしかったです。魚は火を通した方が、味が深まります。

ウッカリカサゴの味噌汁。 これは、非常に普通に美味しいです。



naniyuutorimannen at 21:18│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔