2018年03月28日

上の子が乗合船デビューは、まさかの爆釣! 下の子が2匹目のドジョウを狙うも、キツネダイ。これが絶品!

11月中旬、上の子が乗合船デビューを果たした。そして私の記録を上回る48cmのアマダイを含むまさかの爆釣。
二匹目のどじょうを狙い、12月末に下の子が同じ船での出船を試みるが、風邪で断念。
そして、今回、下の子の再挑戦となった。
この日は午前船、五目コマセ釣行
 

 
帰港です。まだ午前中。当然ながら明るいです。

そして、今日の二人の釣果です。




下の子の釣果、
 キツネダイ(30cm)x1、アヤメカサゴ(小)x1、トラギス君x1
私の釣果
 ウマヅラハギ(38cm)x1、アヤメカサゴ(大、中、小)

ウーン、どっちもどっちですね。
キツネダイは初物です。 この日は、あたりが取りづらい難しい釣りだったと思います。

ウマヅラの卵の煮つけ、

ウマヅラの肝の煮つけ

アヤメカサゴとキツネダイのカマの塩焼き、キツネダイのカマはかなり美味しいです。

ウマヅラの潮汁、私にとって、これが今日のBEST1

ウマヅラの刺身、大きいので刺身もダイナミックに仕上がりました。

ウマヅラの肝は新鮮なので、火を通さず、

刺身と一緒の頂きます。 いつ食べても、これは絶品!

アヤメカサゴとキツネダイは霜皮造りと、刺身でいただきます。


ここで、キツネダイについて

キツネダイを調べると、
https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%8D%E3%83%80%E3%82%A4
スズキ目ベラ亜目ベラ科タキベラ属キツネダイ
すなわち、ベラの一種だそうです。
ベラと言うと、いままで当ブログでは美味しいような表現もありましたけど、骨っぽく食べにくく、その割に味はまあまあなので、ベラの一種と知って正直がっかり。
でも、WEBで調べれば調べるほど、美味しいという記事ばかり。

で、食べてみると、少し甘みがあって、もちもち感もありかなり行けます。

とても充実した一日でした。



でも、この日は寝不足と、花粉症で帰ってきてからはメロメロ状態。
よく、ここまで自分で料理できたと我ながら感心。

naniyuutorimannen at 23:33│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔