2013年05月26日

ええ加減にしいや、体こわすで!!! いえ、そんなことはありません。

コカコーラ零度をチェイサーに白酒を飲む。

体に悪そぉ〜。



いえ、そんなことはありません。

仕事が忙しく、社内旅行にもいけなかった私。

こうでもして、憂さを晴らさないと、心が持ちません。

これ、一杯だけにしておけば、また、明日、元気に仕事ができます。


naniyuutorimannen at 08:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年03月19日

二鍋頭 いろいろ、 でもこれはマズイ!

北京地方の白酒、二鍋頭について、これまで何回か紹介してきました。

今回は、その中で最悪の二鍋頭。

P3156245


アルコールの香りでなく、シンナー臭い。
これは飲めマヘンな!

naniyuutorimannen at 23:25|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!

2013年01月18日

と言いながら、 紅星二鍋頭 500mlを買う。 ええんかいな?

自炊生活改善計画を発表したばかりなのに、

昨夜、こんなものを買ってしまいました。

広州いろいろ 自炊と二鍋頭酒
   広州いろいろ 自炊と二鍋頭酒

広州いろいろ 自炊と二鍋頭酒

55度の白酒です。

いままで、幾度となく、白酒を紹介してきました。
http://blog.livedoor.jp/naniyuutorimannen/search?q=%C7%F2%BC%F2

紅星二鍋頭にもいくつもの種類があるようです。

今まで飲んだのは 

56度 100ml小瓶入り        5−6元程度
50度 500ml斬新デザイン便入り 50元程度
そして今回
55度 500ml廉価瓶入り      12元程度

今回が一番安物ということになります。
食用アルコール添加です。

一番おいしいのは
 56度 100ml小瓶入り 
  しっかり酔えて、次の日に残らない適量。


 白酒=二日酔い=仕事の効率低下=生活の乱れ=さらに仕事の効率低下

とならないように注意が必要です。

naniyuutorimannen at 08:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年12月14日

RED STAR、 中国最強のあいつをを6日間で攻略!

彼を見かけたときに、余りにも中国的な風貌から、こいつを攻略しようという闘争心が沸き立った。

6日間の悪戦苦闘の末、そいつを遂に攻略することができた。

やはり手強い相手だった。

二鍋頭 REDSTAR


二鍋頭 REDSTAR

二鍋頭 REDSTAR

なんちゃって!続きを読む

naniyuutorimannen at 23:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年09月09日

簡単おいしい! ウィスキーに会うおつまみレシピ。 モッツァレラチーズ

ウィスキーのおつまみ 簡単レシピ

たまたま買った、洋食食材店のチーズ。

モッツァレラチーズ。

それを電子レンジで10秒から20秒加熱。

醤油をたらし、わさびをつけて食べる。

格別だぁ〜。

続きを読む

naniyuutorimannen at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月08日

修道士さんが作るビール シメイ・レッド

P8044040   P8044039


P8044037        P8044042

瓶詰め後さらに2次発行させることから
4年間の熟成・保管が可能なビールらしい。

そういえばアサヒスーパーイーストというビールは何処に行ったのだろう。



naniyuutorimannen at 22:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2012年05月12日

ドライマティーニ論 再び!

いままでアジアではまともなドライマティーニが飲めないことを紹介してきました。

なら、自分で作るしかない。

ロンドンドライジンとベルモット。
どちらも薬草等の香りが付いた酒である。

P5123374

ジンはグリーンオールススペシャルドライジン

P5123375

マティーニ社のエクストラドライベルモット。

P5123376

因みに、マティーニ社もジンを加えて飲めば天衣無縫になると明記しています。

P5123377

残念ながら、マティーニ社の推薦するジンは藍宝石金酒(ボンベイサファイアのジン)でした。

今回購入したジンは48度との表示と古めかしい感じがしたラベルに引かれてかったのですが、そんなにメジャーなジンではなかったようです。

今回はステアーしたあと、冷凍室で20分ほど置いてのんだのですが、やはりシェイクしたほうが美味しいようです。

こんど、イケアにシェイカーでも買いに行くか!

(そろそろ、嫁のエエ加減にしいや!の声が聞こえてきそうだ!)




naniyuutorimannen at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年04月10日

新種の二鍋酒を発見! 中国庶民の味方の白酒、 二鍋頭は固有名詞?それとも一般名詞?

残業の後、蘭州ラーメンを食べて、その後、フラッと立ち寄ったスーパーで驚愕の新種発見!

新種の二鍋頭を発見。


新種の二鍋頭を発見。

既に発見された二鍋頭はココを参照。

http://blog.livedoor.jp/naniyuutorimannen/search?q=%C6%F3%C6%E9%C6%AC

紅星二鍋酒が4.5元程度にたいして、この白酒は8.9元。

かなり、高級な酒である。

お味も、まろやか!続きを読む

naniyuutorimannen at 23:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年04月05日

「ドライマティー二」は何処へ行った? アジアでは飲めないのか?!?!

昨日、日本から広州へ戻ってきました。

一昨日、親父と飲みすぎて二日酔いなのと、移動の疲れから、まずは、軽く日本食。

そのあと、広州へ戻ってのいきなりのギャップで寂しくなり、珠江新城を徘徊。

酒吧が沢山できているなかの一つ、C'est La Vie 1312へ、初めてにも関わらず、吸い込まれる様に入っていきました。 

店の名前1312と同名のカクテルをいただくも、甘さが過剰で(カクテルは甘ければ良いという悪い例)、口直しに、ドライマティーニを注文しました。

注文時に、ジンを強くして、絶対に甘いのはNGと念をおしました。

出てきたものは、ドライベルモット(マティーニ製)に塩漬けオリーブが2つ。

甘くはないものの、ドライさがまったく感じられません。

またか!という感じです。

以前、コタキナバルへ行ったときも、おなじように、ベルモットだけが出てきました。

アジアではドライマティーニが正しく理解されていないのでしょうか?

お店の人に、

「これはドライマティーニではない。 ドライマティーニはジンが99%にベルモットを1%だ!とことんドライにこだわってください!」

と強く懇願しましたら、グラスを引き上げ、再トライしてくれました。

出てきたものは、ジンの香りがして、少し改善されたようです。

今度は、氷がとけて、水っぽくなっています。

気温が30度近くあったので、シェイクする間に氷が解けてしまったようです。

広州では真の意味でのドライなマティーニが飲めないのでしょうか?

ドライマティーニ



naniyuutorimannen at 23:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2012年03月24日

ネルソン提督の血

当時のイギリス海軍は水兵たちに、ラムを支給していた。

1805年のトラファルガー海戦で、勝利を治めたものの、戦死してしまったネルソン提督の遺体は、腐敗を防ぐためダークラムに漬けてイギリスに持ち帰られた。

その航海中に、水兵たちはラムを盗み飲みし、帰港時にはラムはすっかり飲み干されてしまったという。

ネルソン提督の死

ラム酒は船乗りの酒なのだ。


船乗りは赤道を通過するときに、その航海の安全を祈ってダイキリ(ラムベース)で乾杯するという[あれ、ギムレット(ジンベース)だったかな?]。

私も船乗りの一人であるので、今宵はラムで労をねぎらおう!

続きを読む

naniyuutorimannen at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年03月13日

中国のワンカップ酒

中国のワンカップ酒


中国のワンカップ酒


近くのローカルのスーパーで見かけた。

思わず買ってしまった。

アルコール度数は29.5%、白酒にしてはかなり低めである。

でも、日本酒に比べれば、倍ほどである。

一気に飲み干すには少し厳しい。

明日は仕事である。

今日は、おとなしく、缶ビール一本で済ますか!

ハルビンビール 2

 



naniyuutorimannen at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年03月08日

中国庶民の味方の白酒、 二鍋頭は固有名詞?それとも一般名詞?

今日は遅くまで残業した。
近くの超市でビールを買おうとして、こんなものが眼に留まった。

二鍋頭 3元である。

二鍋頭 にせもの?

私がたまに飲む二鍋頭はこれ 4.5元ぐらいである。

Image046

メーカ名とか、製造場所等を比較されたし!

やっぱり、紅星の方が美味しいのだった。



naniyuutorimannen at 01:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2012年03月06日

中国の滋養強壮酒


中国の滋養強壮酒

中国の滋養強壮酒

naniyuutorimannen at 08:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2012年01月20日

アイリッシュウィスキー JAMESON 甚だしい価格高騰 実は、、、、

今日は春節休暇前の仕事の最終日。

中国では、殆どがだらだらムードですが、みっちりと仕事。

疲れ果てて退勤後、一人イタリア料理店でビールとピザ。

やはり、寂しい。

そうだ! ウィスキーを飲んで気を紛らわそう。

近くの洋食スーパーでいつも愛飲のアイリッシュウィスキーJAMESONを買おうと、、、、

P1192071


私、「すみませ〜ン! これ、いくら?」

店員、箱のバーコードを読み取り、 「158元!」

私、「え?」

店員、瓶のバーコードを読み取り、再び、「158元!」

私、「これ、ずっと前から飲んでるけど、130元ぐらいだったと思うよ!」

店員、「瓶も箱もバーコードで読んだから、間違いないよ!」

私、「可笑しいな? じゃあ、いらない。」

店員、「じゃあ、130元にしとくよ!」

私、「ヨーロッパの経済も良くないのに、何で値上がりするの?」続きを読む

naniyuutorimannen at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年11月01日

江門のビール 面倒くさいが、これは美味しい!

口直しにビールの話題をもう一つ。

先々週、江門の取引先へ出張に行った。
午前、午後にまたがった、打合せになってしまった。

こういう場合は、洋の東西を問わず相手との会食になる。
中国の場合(というか、これが一般的か?)、お酒も少し行きましょうか?ということになる。

飲みすぎると、相手のペースに、はまるので、普段は「日本人は、昼からビールは飲まない。」 とか、言って断っている。

でも、この日はどちらかと言うとあまり重要な打合せでない(というか、日本出張者のサポート)だったので、ビールを頂くことになった。

取引先は、説明する。
「私たちの親会社はビールもつくっているんだ。このビールはそこで作ったビールだ。まあ、飲んでみろ!」

江門のビール おいしいよ! 1


自信満々に進められ、いざ、飲んでみると。

「中国のビールは、味も、風味も少ないのですが、このビールは結構香りが良くて美味しいでね。」

これは、お世辞抜きの言葉です。

江門のビール おいしいよ! 2

確かに、醸造の良い香り(なんと表現したらよいのだろうか?)が残っていて、香りを美味しく楽しめるビールだった。

「気に入ったのなら、もって帰るかい?」
「ええっ!いいんですか?」
「2、3本持って帰りなよ。でも、容器は高いから送り返してね!」

続きを読む

naniyuutorimannen at 22:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

サントリープレミアムはプレミアムモルツと違うのか?!?!?!

初めて、サントリー プレミアムモルツを飲んだときの印象は強烈だった。
http://blog.livedoor.jp/naniyuutorimannen/archives/1584910.html

その後、病み付きになり、日本へ帰国する飛行機の中では、必ず、サントリープレミアムモルツを指定している。

http://blog.livedoor.jp/naniyuutorimannen/archives/1858098.html

当然、帰国するたびに、プレミアムモルツを嫁にかってもらっているのだが、、、

前の日曜日に、珠江新城にある吉之島(JASCO)でサントリー プレミアムを発見!

サントリーのプレミアムはプレミアムモルツと異なるのか? 1


良く見ると、中国昆山製
これは、プレミアムモルツのテクノロジーで完全に日本のプレミアムモルツを再現したものなのか?

サントリーのプレミアムはプレミアムモルツと異なるのか? 2

等々思いをめぐらせながら、期待に胸を膨らませながら、購入して帰宅。

早速、本日いただきました。続きを読む

naniyuutorimannen at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月06日

緊急速報! 珠江ビール工場潜入レポート。 実は広州お勧めのスポット「珠江−英博国際ビール博物館」

猪徳大橋を北から南にわたり、珠江ビール工場へ向かうと、ビール文化創意芸術区と道案内があります。  なにか、面白そう。
珠江リバーサイド 1


P6051630

レストランにバー、ビール博物館まであります。
P6051632

おやおや?
P6051633

レストランも、
珠江ビール工場へ潜入 8

まだ、開店していないようです。
珠江ビール工場へ潜入 7

ここも、まだ、
珠江ビール工場へ潜入 6

ビール博物館に到着。

珠江ビール工場へ潜入 10

ここも、まだOPENしていない?
P6051638

よく見ると12時から13時までは閉館。
P6051639

13時まであと10分。 辺りを散策。
珠江ビール工場正門
珠江ビール工場へ潜入 9

13時になりました。
チケットをゲット
珠江ビール工場へ潜入 5

50元です。右側の半券でビールが飲めるとのこと。
出来立ての新鮮ビールだそうです。
珠江ビール工場へ潜入 4

そうそう、炎天下を2時間も歩いてきたので、まずはビールで喉を潤さなければ。
P6051699

うめぇ〜。
珠江ビール工場へ潜入 3

ここで、西安から来たという、おっさんに捕まります。
11時から飲んでいるとのこと。 
「もう20杯は飲んだよ」って。
「日本の友達だ、乾杯!」
「気持ち良いねぇ〜。」
「俺が、館内を案内してやるよ。」

このおじさんと10杯ほど、ビールを飲んだ後、一緒に館内を散策。
P6051698

珠江ビール工場へ潜入 2

珠江ビール工場へ潜入 1

博物館からは、空中の渡り廊下で工場建屋に行けます。
P6051684

P6051697

異物混入のチェック、 
P6051688

また、おっさんとバーに行って、グラスを重ねます。

おっさんは「酔っ払った」と言って寝てしまいました。

**************
「珠江−英博国際ビール博物館」 
(珠江−英博国际啤酒博物馆)

ビール好きには絶対お勧め、50元の入場料だけで、ビールが飲み放題。
でも、交通の便が悪いので、入館者はちらほら。

バスで行く場合は、B7に乗ってくださいね。
赤岗東か珠影辺りで下車する???? ←定かではありませんが、、、

naniyuutorimannen at 02:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2011年06月05日

江蘇省の地ビール「天目湖ビール」

地方、出張のときは、地元のスーパに入って、地ビールを探すのも一つの楽しみ。

常州のスーパーマーケットにて、地ビール発見!
「天目湖」 2.1元です(安ゥッ〜!)。
P5291420


P5291421

P5291424

アルコールは3.3%、少し低めです。
味は中国のビールの味です(コク、香りが少なく、あっさり)。


naniyuutorimannen at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月13日

中国のブランデー どんなもんでっしゃろ!

CHANGYU FINE BRANDY

張裕金奨白蘭地

広州いろいろ 3


広州いろいろ 1


広州いろいろ 2

中国の赤ワインは普通に売っているのですが、ブランデーは初めて見かけました。

バニラエッセンス様の香りがする。

香り付けしているのか? 後味が良くありません。

22元なり。 どうする? 捨てようか?

(酒飲みが酒をすてるとは、、、、、)



naniyuutorimannen at 09:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年01月23日

春節に向け価格高騰する白酒 じゃあ、日本で買ってきたら~!

環球時報1月12日の記事から

春節に向かってマオタイの価格が上昇しています。

500mlが1200元、1800元の最高値も記録しています。

かと言って、絶対に本物を買うことができるとは、限りません。

記者が日本で発見しました。

日本では、700元で販売されています。

本物を買うことができます。

中国の春節 白酒の状況

このような話題が新聞記事になるとは、

さすが中国。

でも、トホホな感じですねぇ~。



naniyuutorimannen at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!