61

斎藤、今季初白星

Sponsored link



ロッテ戦に先発登板した斎藤佑樹
角中のホームランで2回に1点を失うも
6回に味方が2点を奪い逆転

斎藤は6回1失点でマウンドをおり
試合は3-1でファイターズが勝利

斎藤が2012年6月以来の白星を手にした


 53


53


 54


 55


 56


 57


 58


 59


54


ー右肩の怪我を乗り越えて2年ぶりの勝利、今どんな気分ですか
「正直こんなに苦しい野球を続けるかと思うと、ほんとに苦しいですけど、今日はすごく嬉しいです」



ーここまで来るのに長かったと思いますが
「プロ1年目入った時最初の相手がロッテだったんですけど、その時はこんなに簡単に勝てるもんだと思っていたんですけど、今日はほんとに苦しい試合でしたし、改めて野球の難しさを感じました。」



ーいろんな球種を使った粘り強いピッチングでした
「今日は良くなかったので、とにかく気持ちだけで負けないようにということだけを常に考えてました」



ー6回にチームが逆転してくれた時はどんな気持ちで
「すごい嬉しかったです」



ー6回裏はピシャリと抑えましたね
「勝ちも見えてきたので、何が何でも次のピッチャーにつなぐという気持ちを持って投げました」



ー最後はどんな気持ちで見てました
「勝ちたいという気持ちはもちろんありました。いろんな事を考えてました」



ーどんな事を
「2年間くらい勝ってないので、その間のことを。去年のことがほぼですね」



ー栗山監督は後半戦斎藤投手がキーマンになると言っていました
「 もう一戦一戦が僕にとってはすごい大事になると思いますので、一戦一戦気持ちを込めて、チームが日本一になるために頑張りたいと思います。」



ー斎藤投手の白星を待っていたファンの皆さんにメッセージを
「2年間ほんとにお待たせしました。去年肩を怪我して、待って下さったファンのみなさんほんとに感謝しています。これからまた僕の第二の野球人生が始まりますので、これからも一緒に頑張っていきましょう。よろしくお願いします。」


 62


 63


 64


 65
 


 


オススメ記事

Sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加