1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)20:01:09 ID:vEE
プロ野球選手といえば、今でも小学生が憧れる仕事で必ず上位に入る花形職業だが、
キャリアを終えた選手たちは、ごく一部の大スターを除き、野球以外の世界で第2の人生を歩まねばならない。1人の男を追った。(文中敬称略)

中日で捕手として8年間在籍した清水清人(36)は、引退後、故郷の島根県大田市に帰った。

プロ生活一番の思い出は一軍初出場となった2001年8月のヤクルト戦(神宮球場)。
バッテリーを組んだ投手は山本昌だった。「頭が真っ白で、気がついたら大差で負けていました」という清水。現在は、父と同じく、地元の五十猛という小さな漁港で漁師をしている。

「今は巻き網漁の船員をしながら、合間に素潜りでアワビやナマコを獲ったりしています。漁師の仕事は同じことの繰り返し。だから覚えるのは早かったですよ。
辛かったのは船上での仕事ではなく、『おう!プロ野球』と呼んでくる相手に、笑顔で返さなければいけなかったことです」

現役時代は地元のヒーローだったが、漁師になってからはそんな口さがない人たちもいたという。

「漁師は難しい仕事ではないですよ。野球の方がよっぽど大変です」という清水の言葉は、単なる強がりには聞こえなかった。
常に命の危険と隣り合わせの漁師の仕事が、容易いわけがない。

続きはソース元で
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160123-00000009-pseven-spo

漁師として日本海の荒波に立ち向かう清水清人氏
no title

2: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)20:03:12 ID:XOm
やっぱり大変なんですね~プロ野球って



4: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)20:06:16 ID:dGz
野球しかやって来なかった連中でプロになれるんはほんの一部で
一生野球関連で食って行けるのは更にそのまた一部やもんねぇ…

5: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)20:07:20 ID:x3b
そりゃプロ野球のが大変やろ

6: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)20:08:15 ID:6f8
絶対「お前は野球は上手いかもしれんが、この世界では素人なんやから調子乗るなよ」的なうざい説教されるんやろなぁ

9: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)20:09:15 ID:KQK
まあそういう説教したくなるのもわかる
第一次産業ってだれでもできると思ってるアホがおるし

7: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)20:08:43 ID:qYh
1997年ドラフト指名選手
1位:川上憲伸
2位:森章剛
3位:正津英志
4位:鈴木郁洋
5位:井端弘和
6位:高橋光信
7位:白坂勝史
8位:清水清人

10: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)20:11:02 ID:JSw
ホークス「捕手欲しいけど田上と清水どっちとろうか」
ホークス「田上の方が一歳若いやんけ!田上にしたろ」
なお田上は早生まれなので二人は同級生だった模様

11: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)20:19:59 ID:hcw
まーた荒波が立ちはだかったのか

13: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)21:18:49 ID:LZJ
見解の相違だな

初回の戦力外通告に出てた人か

3: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)20:04:11 ID:Ven
城島のことかと

14: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)23:41:40 ID:Swx
no title

引用元: 漁師に転職の元プロ野球選手 「野球の方がよっぽど大変」