1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)19:28:08 ID:377
池田成章(小姓)「人の身体にはそれぞれの機関あり。便所に行きて用を便せんに、樋に跨りて少しく力を入るれば自然に便通するものなり。
御大名はその力を入るを厭い、日々緩通丸を服用して便通に薬の力を借り、またその後に健胃散を用いて薬の害毒を排除せらるは、人体の機関を無視せらるるものなり」

上杉さんちょっと怠けすぎじゃないですかねぇ…

6: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)19:39:30 ID:f64
その手があったか



3: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)19:34:40 ID:JQK
>>1
現代語訳してクレメンス

8: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)19:44:39 ID:KkE
>>3
人の体にはそれぞれの器官があります
ウンコするならトイレに座ってちょっときばれば自然に出ますよ
殿様は面倒臭がって下剤でウンコ出して
その後にわざわざ胃腸薬で調子を整えてるじゃないですか
これは人の体の働きを無視してるんじゃないですかね

9: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)19:45:56 ID:JQK
>>8
草不可避

13: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)19:47:39 ID:FF6
>>8
糞不可避

4: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)19:35:10 ID:Q8I
力むのも面倒臭がって下剤で流しとるんか
草生えるわ

7: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)19:43:22 ID:qWh
上杉家のっていうか当時の当主の胃腸が弱かっただけちゃうか
申し訳ないが全代に渡って皆ゆるケツだったと断定するのはNG

22: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)20:14:15 ID:377
>>7
代々やぞ
当時の当主(上杉茂憲)は随行の家臣を並行させるほど健脚にもかかわらず
明治維新後にもみんなで似たような生活を続け、家族の薬代や診察料が家計を圧迫するほどだった模様

16: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)19:50:03 ID:XC1
そういえば浣腸好きはルイ16世かそこらだったっけ?

18: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)19:54:34 ID:vPv
>>16
ルイ16世は知らんけど、16世のジッジは万病は歯からくるという、怪しい医者の言葉鵜呑みにして歯全部抜いたせいで消化不良の下痢まみれだったもよう
下の話しにゃかなわん国王や

21: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)20:05:19 ID:XC1
>>18
浣腸王はルイ14世やったわ

29: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)20:33:02 ID:krG
謙信は便所で踏ん張ったら脳の血管が切れて死んだからね、
(あんな脱糞方法になっても)仕方ないね

32: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)22:22:14 ID:HUJ
>>29
や塩糞

30: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)20:35:41 ID:nxt
謙信の死因はうんこじゃなくて塩分過多と酒浸りの食生活ちゃうか

引用元: 江戸時代の上杉家の排便方法wwwwwwwwww