no title



1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/24(木)22:09:30 ID:nzm
現役時代には意図的なラフプレーを指示する監督もいたと明かした落合氏だが
今回の悪質タックルについては「プロでは絶対に起きないプレー」だと解説。
「プロはお互いに職業で生活があるから
いくら監督が『(故意に)当てろ』などと言っても、自制心が生まれる。
(今回は)学生だから、自分の考えよりも、監督が言ってることに従わなきゃいけないと。
そういうの(風潮)がずっと続いてきたんだと思う」 

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180524-OHT1T50041.html



野口「うおおおお!144キロのクロスファイアー」
落合「うぎゃあああ」

参考動画
https://www.youtube.com/watch?v=36010xbqn1U


5: 名無しさん@おーぷん 2018/05/24(木)22:40:46 ID:0pi
サンキューオッチ

4: 名無しさん@おーぷん 2018/05/24(木)22:40:22 ID:btG
死球はプレー中の出来事だけど、日大タックルは笛が鳴ってプレー中断中の出来事やなかったか?

7: 名無しさん@おーぷん 2018/05/24(木)22:42:04 ID:wlK
動画見たけどやばすぎ

8: 名無しさん@おーぷん 2018/05/24(木)22:43:14 ID:CNQ
東尾「せやな」

17: 名無しさん@おーぷん 2018/05/24(木)23:01:31 ID:HNj
>>8
東尾は当てるのうまい選手ではあるあらしい
絶対怪我しないとこにあてると
そのうえで上半身も狙えるから当時は重宝されたらしい

12: 名無しさん@おーぷん 2018/05/24(木)22:47:53 ID:0pi
自分の現役時代も振り返り
「何があったって相手をやっつけて勝たないといけない、
というミーティングをする監督はたくさんいた。
中心選手の頭を狙ってぶつけて退場させて
明日から出てこられないようにすれば勝てるよ、
っていうような話はありました。
でも、これは20年前の話だから、それを今の時代に持ち出したら、それは世の中誰も許しませんよ」と断じた。

引用元: 落合「(悪質タックルのようなプレーは)プロでは絶対起きない」野口「へー」