no title



1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)17:03:48 ID:3pV
「N’smethod」で子供たちに野球を教えている際に感じるのが、「作られた左打者」が多いことです。
「作られた左打者」というのは元々が右利きで右打者だったのが左打者に変わったことを指します。
指導者や親御さんに勧められたのかもしれません。もちろん、自分が納得して左打者になったのなら全く問題ありません。
右利きで最初は右打者だったのが左になって球界を代表するスーパースターになった選手もいます。
実際、僕も野球を始めた時は掛布さんにあこがれて左打ちを真似していました。ただ打球が全然飛ばなかった。

https://full-count.jp/2018/11/16/post249990/

子供たちに素振りをさせると、普段打っている左より右の方が癖がなくきれいなスイングであるケースがあります。
もちろんどちらで打つのかは子供自身の意思が重要です。納得できる形で野球に取り組まなければうまくなりません。
ただ僕のように早い時期に左から右にして打撃がガラリと変わるケースがあります。
子供は無限の可能性を秘めているので、指導者や保護者の方はその子の特性を見極めてあげてほしいですね。(近鉄、ドジャース、オリックス、中日、楽天、DeNA内野手)

10: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)17:16:51 ID:S8A
落合も昔作られた左の選手に右にしろって言ってたなぁあとゴルフを勧めてた

3: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)17:06:07 ID:3pV
いつもの

1中 俺がバッティングの手本見せたら子供達の目がキラキラしてる、この喜びを子供達にも感じさせてやりたい
2右 空振り三振してもいいんだよ。思い切り振れば次に生きる
3左 1万回も振らなくていい。30回だけ本気で振ってみよう。それを毎日続けよう
4一 自分で考えて体で覚える。プロで通用するのはそれができる人
5三 「ああしろ」「こうしろ」ではなく「どうしたらいいと思う?」。ヒントはあげる。だけど答えは自分で見つけさせる。それが大事
6二 内野も越えられなかった子が外野に打球を飛ばしたらとても嬉しそうな顔で俺の方を見た。もう、やめられないよな野球
7遊 プロ野球のコーチ?オファーがあっても断るよ。俺に教わりたいって子がここにいるから
8捕 目標は教え子全員をプロ野球選手に育てること。全打席ホームランは打てなくても全打席フルスイング、それが自分のやり方だから
9投 みんなの野球人生も俺の野球人生の一部だと思ってる。みんながいる限り、俺の野球人生は終わらない。だから俺は生涯現役

6: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)17:07:58 ID:mWu
>>3
6番のぐう聖感が凄い

16: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)17:23:00 ID:p49
>>6
6番ええよな
ワイも好きや

13: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)17:20:57 ID:uIx
>>3
7番ショートかっけえ

8: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)17:14:00 ID:3pV
当たり障り無く子供の意思を尊重しつつ指導するんやでって指導者や保護者に促すとかホンマ白い

19: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)17:31:30 ID:w4v
動画で梅野を育てた男


 6月以降は打撃成績が大きく向上。手応えをつかみつつある。

 梅野 ちょうど1カ月ぐらい前、中村紀洋さん(前DeNA)のYouTubeを見たんです。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807140000337.html

18: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)17:25:13 ID:mg3
プロのコーチになって名伯楽と呼ばれる未来はあったのだろうか

20: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)17:36:57 ID:3pV
>>18
プロのコーチになったら今の白さを保てなそう

引用元: 【朗報】中村紀洋さん、やっぱり有能指導者っぽい【真っ白】