no title



1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/29(木)13:55:23 ID:6CG
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000065-spnannex-base 
 「求めるのは長打ではないと言われた。
“これで行く”と決めても悪くなったときに続けられなかった。
芯がないというか…。今だけとか、オフだけではなく1年間続けられれば結果も出るかもしれない」

11: 名無しさん@おーぷん 2018/11/29(木)16:14:15 ID:Xki
まーたフォーム改造か

2: 名無しさん@おーぷん 2018/11/29(木)13:55:57 ID:7gb
また堂林が覚悟したのか

3: 名無しさん@おーぷん 2018/11/29(木)13:57:22 ID:S8I
毎年フォーム変えてるよな

8: 名無しさん@おーぷん 2018/11/29(木)16:11:12 ID:vSg
堂林翔太さんのフォーム探しの旅
2009年高校 足を高くあげる豪快で思い切りのいいフォーム。
2010年初期 ノーステップ打法→足を上げるフォーム。
2010年オフ ノムケンや町田コーチ指導のもとノーステップへ。
2011年オフ 再び高校時代の左足を高く上げる打法へ。西武おかわり君のフォームも参考に。
2012年オフ 三振率を下げる為バットのトップを下げてコンパクト打法に。
2013年春季 栗原から「あまりにも酷い」とフォームを修正。
2013年初期 開幕直後からの不振で新井k-地指導のもと力みのない自然なスイングを模索。
2013年オフ 体重を軸足側に置き、頭の位置を動かさないフォームに改造。
2014年オフ バットを捕手側に傾けた新フォームに改造。
2015年春季 内川から数年前に受けた助言「詰まりながら打つ」感覚を掴む。
2015年初期 東出コーチとツイスト打法に取り組む。
2015年オフ 石井コーチと落合の神主打法に取り組む。
2016年オフ 新井に弟子入りし、フォームをそっくり真似る。バットも新井モデルに。護摩行にも参加。
2017年オフ 誠也流にフォーム改造。力みが抜けた構えに好感触。
2018年オフ 迎打撃コーチとフォーム改造。3つの変更点に確かな手応え。  ←New!

12: 名無しさん@おーぷん 2018/11/29(木)16:31:20 ID:Nx4
>>8
色んな人から教わってるな

14: 名無しさん@おーぷん 2018/11/29(木)17:18:52 ID:aBX
 (1)両腕を一度下げる動作を入れてから構える→バットを強く握りすぎるクセを修正

 (2)構えるときのグリップの位置を胸の高さにまで下げる→高く掲げるよりも安定したフォームを追求

 (3)左足をわずかにしか上げずに踏み出す→左足を大きく上げる特徴的なフォームから確実性を重視

足を上げなくなったり、上げるようになったり忙しいわね

10: 名無しさん@おーぷん 2018/11/29(木)16:12:49 ID:Vj0
小さくまとまってしまうのか

9: 名無しさん@おーぷん 2018/11/29(木)16:12:18 ID:DVb
色々挑戦するのはええことやがさすがに毎年は

引用元: 広島・堂林、覚悟のフォーム改造 護摩行は継続「新井さんへ恩返し」