1: 風吹けば名無し 2021/09/19(日) 17:11:16.27 ID:SdBFdJzr0
もう無理やろ
no title



23: 風吹けば名無し 2021/09/19(日) 17:14:53.65 ID:LzI9hCLs0
残り33試合
王 8本
高濱8本
近藤7本
野村4本
淺間4本

さすがにいけるやろ

38: 風吹けば名無し 2021/09/19(日) 17:16:41.47 ID:czq7MQRO0
>>23
試合数多くね?

52: 風吹けば名無し 2021/09/19(日) 17:18:33.64 ID:8AR41yi2d
>>38
雨で流れまくったからな
なお苦手のロッテ戦ばかり残しているもよう

36: 風吹けば名無し 2021/09/19(日) 17:16:27.92 ID:xEhJT7Pea
3割打者&2ケタ本塁打者不在は2005年以降2例
 過去47例と、3割打者がひとりも出ないケースはそう珍しくはない。では、「2ケタ本塁打なし」は2005年以降で何例あるのだろうか? 2005年から2020年までの打撃成績を調べたところ、該当したのは以下の2例。

●2011年
ロッテ(チーム最多は井口資仁の9本)

●2012年
楽天(チーム最多は松井稼頭央、牧田明久の9本)

 2011年のロッテは3割打者が不在。さらにチーム史上初となる、「2ケタ本塁打なし」に終わった。2011年はいわゆる「飛ばないボール」の影響もあって各チームの本塁打数が減少。特に数字を下げたのがロッテで、チーム最高は井口資仁の9本、チーム総本塁打は46本で、この年のパ・リーグ本塁打王になった西武・中村剛也の48本以下だった。チーム全員でもたった一人の打者に及ばなかったのだ。

 2012年には、楽天が前年のロッテに続いて3割打者&2ケタ本塁打者不在を記録。規定打席到達では銀次の打率.280が最高で、本塁打は松井稼頭央と牧田明久が記録した9本がチームトップだった。楽天はこの年リーグ4位でCS進出を逃したが、攻撃力不足もその原因だったといえる。しかし、この状態から翌2013年は球団初のリーグ優勝を果たし、日本シリーズも制覇。見事な立て直し劇だった。

127: 風吹けば名無し 2021/09/19(日) 17:26:30.77 ID:fAzc+NzV0
>>36
この頃って加藤球に加えて、ホームランテラスもホームランラグーンも絶命のラッキーゾーンも無かったと思うと地獄やな

65: 風吹けば名無し 2021/09/19(日) 17:20:31.37 ID:C2wQDJXW0
檻も吉田とラオウとトカダ抜いたら8本が最高やけどな
その次は紅林の6本やし

80: 風吹けば名無し 2021/09/19(日) 17:22:06.86 ID:ZQPSNihYa
>>65
○○抜いたら~とか言い出すとなんでもありになるやんけ草

145: 風吹けば名無し 2021/09/19(日) 17:28:31.23 ID:5IQP0bnc0
完封負けが異常に多いのはソロすら打てないこの状況のせいやな

引用元: ・【悲報】北海道日本ハムファイターズ、前人未到のシーズン二桁本塁打0人達成へ