なんJは加速している


    タグ:攝津正

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/30(金)13:51:41 ID:Jq2
     短期決戦のスペシャリストが、シリーズ前に選手へ課したのは徹底したミーティングだ。
    「先発、リリーフと皆で集まって話し合ってくれ。実戦に生きる」。
    指揮官自身、第1戦で完封勝利したダイエー時代の99年は、女房役の城島と何十時間にも及ぶ解析作業をした。
    「(中日の4番)ゴメスは困ったら内角。5分で終わった。最後まで残ったのは関川」。相手はシーズン打率・330。
    それでも直球と変化球を待つ時に足を上げる動作が違うことを発見し、19打数無安打に封じた。

     第3戦でヤクルト・山田に3打席連発を浴びた翌日。バッテリーに命じ、再び1時間の対策会議をさせた。妥協は許さない。
    「人間、バカは一人もいない。スーパーコンピューターが頭に入っている。壁があると言うけど、それはダメになった自分への言い訳。
    努力しない言い訳が壁になるんだ」。第4、5戦と山田を無安打に封じた。グラウンドの外で勝つために割いた時間の「差」が出た。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00000000-spnannex-base


    優勝特番にて
    アナ「息がぴったりだったんですが、何か打ち合わせ等されたんですか?

    細川「細『なんかある?』攝『特に(ない)』 これで終わりです」 
    攝津「(細川捕手は)誰よりも研究してるんで、信頼していつも通りにいきました」
    細川「攝津で打たれたらしょうがない」



    4: 名無しさん@おーぷん 2015/10/30(金)13:53:24 ID:0Uc
    細川はリードだけなら現役で一番かもな
    谷繁は引退だし

    続きを読む

    このページのトップヘ