なんJは加速している


    タグ:田中将大

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/02(日)15:29:35 ID:8qe
     1日(日本時間2日)の本拠地タイガース戦で7回7安打1失点6奪三振1四球と好投し、今季10勝目(5敗)を挙げたヤンキースの田中将大投手。5年連続2桁勝利は黒田博樹氏(2010~14年、ドジャース&ヤンキース)に続いて日本人2人目の快挙。
    デビュー1年目からの達成は日本人初で、ヤンキースでもアンディ・ペティット氏以来2人目の偉業となった。打線がわずか2安打に抑えられる中、ヤンキースを2-1での勝利に導いた右腕について、辛口のニューヨークメディアは「ビースト」「低迷する打線を助けた」などと絶賛している。

     田中は初回に先頭打者からの3連打と犠飛で先制を許すも、後続を断って最少失点で切り抜ける。その後は立て直すと、4回まで1人も走者を出せなかった打線が5回に反撃。先頭アンドゥハーが四球を選び、1死からトーレスが2ランとルーキー2人で逆転に成功した。

     1点リードの7回、田中は先頭からの連打と盗塁で無死二、三塁の大ピンチを背負ったが、ここでギアチェンジ。気迫のこもった投球で最後は2者連続空振り三振を奪い、リードを死守した。
    この回限りで降板すると、打線は結局2安打に終わったものの、救援陣も無失点リレー。ヒット数はタイガースが9本と“圧倒”していたが、田中の好投で白星を掴んだ。

    全文
    https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12133-194175/
    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ