転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1428004809/
2 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)05:00:29 ID:Xqe
hTyVXhx
https://pbs.twimg.com/media/CBnClBPVEAAQnkI.jpg
マジ



4 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)05:02:27 ID:uNa
マシソンやん
あれだけやらないって言っといてマジでやるんか?
てかメリットあんのか?



5 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)05:02:55 ID:Xqe
>>4
相川が怪我したからじゃね



8 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)05:04:47 ID:Fmd
相川が離脱しても
明日は菅野だし小林なんでねーの?



9 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)05:04:50 ID:yqY
大したことなさそうな口ぶりだったけど意外と重症なんやなぁ


11 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)05:08:53 ID:Xqe
緊急時の捕手なのかって思ったらスタメンマスクって書いてあるしなぁ


12 :青梅奇行◆5o4gwHllAo 2015/04/03(金)05:09:00 ID:h6Q
なんでロペスを放出したのかわかんねぇな……
真面目にグリエル取りに行かアカンのちゃうか?



16 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)05:19:36 ID:yqY
>>12
阿部が一塁本格転向でアンダーソンまでいたらロペスは正直守る場所ない
相川の大怪我を予測しろというのも変な話

グリエルは元々巨人とは相性悪いだろうしこんな契約解除の背景まであったら取るとは思えない
大体昨年まで片岡や村田はFA選手として一応及第点の働きはしてるわけで、
あっさり切ったら巨人の今後のFA戦略にも関わる


と、他所ファンがグリエルを巨人に獲らせたい(正確には獲得を目論んだ上で失敗させたい)たびに言った記憶がある



17 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)05:38:15 ID:Ngh
???「巨人の一塁が空席?」(ズズズ


18 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)05:45:30 ID:Bsu
ノリ獲得が最大の補強やな!


20 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)05:47:10 ID:6uH
およびでないんやで(ニッコリ)


22 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)06:03:14 ID:Ujz
いや相川離脱したくらいで捕手復帰とか絶対無いだろ。やるにしても捕手キムタク並の緊急時くらいで。

加藤でも上げとけ



24 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)06:12:19 ID:xBE
実松はどうしたんだ


25 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)06:22:31 ID:Xqe
阿部、捕手復帰!3連敗最下位&相川長期離脱の緊急事態で原監督決断

 ◆中日5―3巨人(2日・ナゴヤドーム)

 今季から一塁手にコンバートされた巨人・阿部慎之助内野手(36)が、捕手に復帰する可能性が出てきた。FAで新加入した相川亮二捕手(38)が2日の中日戦(ナゴヤD)での走塁中、右太もも裏を痛めて途中交代。長期離脱は避けられない状況となった。巨人はこの日、中日に3連敗を喫し、借金2。非常事態に阿部が扇の要へと戻り、チームの危機を救う。

 非常事態を受け、原監督が動いた。7回の走塁中に右太ももを負傷した相川の状態が試合後、重傷であることが判明。これにより、昨年まで正捕手だった阿部を、3日の阪神戦(東京D)からキャッチャーに復帰させることを決断した模様だ。

 開幕から6試合。小林を将来の正捕手候補として育成する方針だったが、配球面などにはまだまだ課題が残っていた。相川を高木勇、マイコラスと組ませ、併用していく戦略も、その相川が離脱。チームも中日に13年7月12~14日(ナゴヤD)以来、3連戦3連敗を喫し、広島と並んで最下位に甘んじるなど、状態は良くない。全体的なバランスを考慮した指揮官は、阿部の捕手復帰により、立て直しを図ることにした。

 昨秋のキャンプ前に原監督が阿部を呼び寄せ、一塁へのコンバートを打診した。それはFAで「素晴らしい捕手」と評する相川を獲得できたからこそだ。小林の“生きる教材”としての期待も込められていた。その相川がいなくなれば、話は変わってくる。今春の宮崎、沖縄・那覇でのキャンプでは一切、捕手の練習を行っていない阿部だが、培った経験と動きは忘れていない。宮崎のブルペンでも危機管理の一環として、投手を務めた村田の球を受け、万が一に備えていた。問題は、ない。

 原監督と阿部の間には揺るぎのない信頼関係がある。チーム状況を理解しているからこそ、阿部も快く、受け入れた模様だ。早ければ3日の阪神戦からスタメンマスクをかぶる可能性もある。

 チームはこの日の中日戦(ナゴヤD)で同点の7回、山口が3失点し、敗れた。先頭の大島に中前安打を浴びるなど、1死二塁のピンチをつくり、平田に勝ち越しの中前適時打。2死後、福田には左中間へ被弾した。左腕に本来の切れはなく、ここで降板。指揮官は「特に不安を抱えてマウンドに上がったわけじゃないし、こういう時もある。切り替えることだね」と責めることはなかった。7回2死満塁で4番の阿部が凡退したことには「あと1本? そこだね」と指摘した。試合後に阿部との会談を設け、緊急事態に備えたようだ。

 開幕から2勝4敗、借金2で東京に帰る。本拠地で「捕手・阿部」とともに出直し、浮上へのきっかけをつかむ。

http://www.hochi.co.jp/giants/20150403-OHT1T50060.html


きてた



26 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)06:27:22 ID:yqY
>>25
小林の育成も信頼できるベテラン捕手が控えてることありきって考えなんかなやっぱ
後ろが實松とカトケンしかいない状況なら、
常勝が求められるチームだし本人もプレッシャーで潰れてしまうという判断か

そしてそうなるとチームも取り返しのつかない負けを重ねるかもと考えてるのかもね





注目記事紹介