OB・レジェンド

落合博満氏のガンダムの思い出 「何日もかけて作ったプラモデルを息子に一瞬で…」

転載元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652693556/

f1

1: 愛の戦士 ★ 2022/05/16(月) 18:32:36.67 ID:CAP_USER9
スポニチannex 5/16(月) 18:10

落合博満氏
 現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(68)が16日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新。ガンプラ(ガンダムのプラモデル)についての思い出を語った。

 落合氏は「ガンダムで一番思い出があるといえば(約30年前に)『F91』っていうプラモデルを作って、何日もかかって作ったものを一瞬にして息子(福嗣さん、当時3歳)に壊されたっていう、その思い出くらいしかないな」と話した。

 続けて「自分で遊んでて、壊したのかなんか知らないけど一瞬にしてグチャッてなっちゃった」とポツリ。心が折れたかの問いには「もう作っても無駄だなって思ったよ。だいたい物作りって下手な方だから。だからプラモデルでも、あれ作ったのが初めてくらいじゃないかな」と苦笑い。

 福嗣さんのために作ったプラモデルだったといい「お土産で買ってきて、作ってみて、一瞬にして壊されたっていうことじゃなかったかな」と振り返った。製作時間を問われると「何十時間だよ!手、器用じゃないもん」。またプラモデル作りに挑戦してほしいと言われると「1、2年かかるよ」と笑みを浮かべていた。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/c79d928ec1948112b181ab0d1626d2e87c3d96bb&preview=auto


続きを読む

【朗報】落合博満、『ウマ娘』にハマる 猛練習に耐えたのは井端、荒木、森野、そしてマヤノトップガン

転載元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1652694183/

ochi

1: それでも動く名無し 2022/05/16(月) 18:43:03.74 ID:nBfYrAjHa
現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(68)が16日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新。日本の競走馬をモチーフにしたキャラクターを育成する人気ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」について語った。

 「ウマ娘」に興味があったのかと問われた落合氏は「いや、孫がね。孫が“おじいちゃん、やろう”って言うんでマヤノトップガンを調教して、そしたら“落合の練習に耐えたのは井端、荒木、森野、マヤノトップガンだな”ってコメントが出てきたぐらいだから」と笑わせた。

 「まぁ、今、推してるのはマルゼンスキーだよ」と明かした落合氏。オレ流の調教法は「練習あるのみだよ。休憩しろって言っても休憩させないで練習ってことだよ」と監督時代をほうふつさせる厳しさを、ゲームでも見せているようだった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2deabd16880ed2a3b2237c65aa5e1f356683abc8

3: それでも動く名無し 2022/05/16(月) 18:43:14.65 ID:nBfYrAjHa
ウマ娘キター!

続きを読む

谷繁「今の捕手はフレーミングを勘違いしてる。みっともないからやめてほしい。」

転載元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1652668267/

a943464b610cad62b44792a604da32a9_s
1: それでも動く名無し 2022/05/16(月) 11:31:07.81 ID:G4Vfrvnxp
ボールをストライクに見せるのは技術ではない

──ここ数年、メジャーリーグの影響もあってか、「フレーミング」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。高等技術と見られる一方で、ミットを動かしすぎているキャッチャーもいて、賛否があるようですが、谷繁さんはどのように捉えていますか。

谷繁 本当によく耳にするようになりましたね。以前、古田敦也さんとこの話題になったのですが、一致した考えは「『ストライク』の球を『ボール』とコールされないためのキャッチング技術」でした。もう少し言えば、『ストライク』か『ボール』かどちらにも取れるギリギリのコースを、『ストライク!』と言ってもらうためのキャッチング。決して、ボール球をストライクに見せるキャッチングではありません。高校生にも、ここは勘違いしてほしくないところですね。ボール球はボール球ですから。

──現役時代、「ボール球をストライクに見せる」という考えはなかったですか。

谷繁 ないですね。アンパイアの方といろいろとコミュニケーションを取っていく中で、「キャッチャーがミットを動かすのは、ボール球をストライクに見せるため。だから、ミットを動かしたらボール」という話を聞いて、もうそのとおりですよね。人間の心理としてストライクを取ってほしいからミットを動かす。正直、今のキャッチャーを見ていると、「みっともない」と思うこともあります。アンパイアの心理を考えたほうがいいですね。

──何か、あがいているような感じがしますか。

谷繁 そうです、そうです。ボールはボール。そんなことをするなら、球がきたところできっちりと止めてあげる。そうすれば、アンパイアはしっかりと見てくれます。


ソース
『高校野球界の監督が明かす! 投球技術の極意』

4: それでも動く名無し 2022/05/16(月) 11:31:19.18 ID:G4Vfrvnxp
──谷繁さんの言葉になると、説得力がありますね。キャッチングは、「止める」という意識ですか?
谷繁 「止める」もそうですし、「受ける」ですね。「ボールを捕る」のがキャッチャーの仕事ですが、自分からヒジを伸ばして、わざわざ捕りにいく必要はまったくありません。どんな球であっても、必ず自分のところにボールはくる。だから、投球のラインにミットを置いて待っていれば、おのずとミットに入ります。

──話だけ聞いていると、とてもシンプルですね。実践するのは当然、難しいのでしょうけど。

谷繁 ボールを捕りにいこうとすると、どうしても余計な力が入ってしまいます。力が入るから、ポロッとやってしまう。どれだけ力を抜いて、ボールを待っていられるか。力を抜いた状態でミットにボールが入れば、ボールの衝撃によってミットは勝手に締まってくれます。7~8割ぐらいの力で、「ポン」と受ければいいんです。

──ヒジを伸ばして、体の前で「パチン!」と捕りにいくキャッチャーもいますが、メリットは何もないですか?

谷繁 まったく意味がないですね。どこにもつながっていかないですから。たとえば、前で捕ろうとすると、バットに叩かれる可能性がひとつ。もうひとつは、送球を考えたときに、わざわざ前で捕ってから自分の体の近くに持ってくる時間と、ボールが向こうから進んでくる時間を比べたら、ボールのほうが速いわけです。コンマ何秒の差かもしれませんが、それが盗塁のアウト、セーフにつながっていきます。例外があるとすれば、ショートバウンドに対して、手を伸ばして捕りにいくときだけですね。

5: それでも動く名無し 2022/05/16(月) 11:31:26.28 ID:G4Vfrvnxp
──ヒジを曲げることで、ボールの力に負けてしまうことはありませんか。

谷繁 それは、ヒジを支点にして考えているからです。ヒジから先にしか力が入らないので、ボールの勢いに負けてしまう。さっきも言ったように、支点になるのは肩です。肩甲骨から使おうと思えば、力の入り方がまったく変わってきます。

──高校生は、低めに対してミットが垂れるキャッチャーがいますが、これも同じことでしょうか。

谷繁 ヒジから先の小手先で捕ろうとしないことです。肩から捕る。この感覚がわかれば、ミットは止まります。

──「ヒジを支点にして、車のワイパーのように使う」という指導法も聞いたことがあります。

谷繁 ぼくも昔は、ヒジを支点に動かそうとしていました。でも、これでは力が入りにくく、動かせる範囲も狭い。肩を支点にしたほうが大きく動かすことができて、強さもあります。


(つづきは書籍で)

https://www.baseballchannel.jp/npb/98852/2/

続きを読む

【アサ芸】斎藤佑樹、講演会のギャラ150万!「あの内容で150万は高すぎる…」

転載元: https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1652586669/

1000124
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/1000124/top
1: 風吹けば名無し 2022/05/15(日) 12:51:09.86 ID:EcXFs5jhM
斎藤佑樹 講演会150万円ギャラ高騰と始球式トラブル

ハンカチ王子が王様ぶりを発揮している。昨年、現役生活に終止符を打った斎藤佑樹氏(33)は、目下
、順風満帆なセカンドキャリアを構築中だが、舞台裏では強気のギャラ設定と独善的な言動で、大ヒンシュク
を買っていたのだ。

「あの講演内容で150万円のギャラは高すぎる。選手や監督で実績を残した落合博満氏でも、今は100万円も
しませんからね」

 呆れ顔で話すのは、さるイベント会社のスタッフである。斎藤氏は引退後に、自らの名前を冠した個人事務所
「株式会社斎藤佑樹」を設立。
代表取締役として第二の人生をスタートさせた。事業の大きな柱のひとつが、
企業向けの講演会活動だ。前出のスタッフがため息混じりに続ける。

「現役の末期の時点で取り決めたギャラは50万円程度で、なじみのある企業に声をかけて4件の講演会を受注し
ました。それが、引退して間もない12月中旬に、『すでに受けている仕事はやりますが、
今後は150万以下の
講演会の仕事はやらない』と言い出したんです。なんでも、この時点でCM、テレビ、YouTubeなどの出演オファー
が600件以上舞い込んでおり、『身一つで仕事を選ばなきゃならないから』と説明されました」

 
https://www.asagei.com/excerpt/211808


続きを読む

古田敦也(監督としての実績S、人望S、性格S)←こいつがもう一度監督をやらない理由

転載元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1652471123/

3302

1: それでも動く名無し 2022/05/14(土) 04:45:23.19 ID:hlGRgJk4a
なに

3: それでも動く名無し 2022/05/14(土) 04:47:55.86 ID:ZwTSgxC/0
若手の人望微妙じゃね

4: それでも動く名無し 2022/05/14(土) 04:49:53.48 ID:onibnD0L0
阪神の監督空いてるで
地元やろ

続きを読む

谷繁「吉見、お前今年の優勝予想どこにした?」吉見「阪神です」

転載元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1652497650/


1: それでも動く名無し 2022/05/14(土) 12:07:30.14 ID:hoi5CBei0
谷繁「もう外れてんじゃん笑」


6: それでも動く名無し 2022/05/14(土) 12:15:45.35 ID:hoi5CBei0
afSiADr


楽しそう

7: それでも動く名無し 2022/05/14(土) 12:16:15.94 ID:prYY8VFI0
>>6
たのしげ

12: それでも動く名無し 2022/05/14(土) 12:19:33.83 ID:EcvBmb2Y0
>>6
かわいい

続きを読む

【朗報】落合博満「依怙贔屓に繋がるから監督コーチは選手と飯を食いに行くな」

転載元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1652343191/


1: それでも動く名無し 2022/05/12(木) 17:13:11.56 ID:M5G2SIU60
サンキューオッチ

2: それでも動く名無し 2022/05/12(木) 17:13:34.03 ID:M5G2SIU60
やっぱりオッチよ
qkgP5gI
CTNW96u
7geQyXX
RBeiHvO

8: それでも動く名無し 2022/05/12(木) 17:16:37.25 ID:hACd9WVCa
>>2
パワプロの能力かと思ったわ

続きを読む

落合博満氏 現役時代7人の監督の下でプレーも「野球教わったのは山内さんと稲尾さんだけ」

転載元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652259177/


1: 牛丼 ★ 2022/05/11(水) 17:52:57.23 ID:CAP_USER9
 現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(68)が11日、YouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新し、現役時代に関わった7人の監督と、自身の監督時代での考えの違いを語った。

 現役時代にロッテ、中日、巨人、日本ハムと4球団を渡り歩き、その間にロッテで山内一弘氏、山本一義氏、稲尾和久氏、中日で星野仙一氏、高木守道氏、巨人で長嶋茂雄氏、日本ハムで上田利治氏と7人の監督の下でプレーした落合氏。その中でも「やっぱり稲尾さんじゃないのかな。野球を自由にやらせてくれたしね」と感謝した。

 それぞれの監督について「人それぞれ役割分担っていうのはあってね、山内さんにはバッティングのこと教わった。それが理解するまでには5年くらいかかってるけどね。山本一義さんは熱い人だったけどね。星野さんは、あの通りの人だよ。で、高木さんはムッツリであまりものを喋らない」と振り返った。

 また「上田さんはあの通りの人でね。中指を立てて喋る人だったよ。『実はこうなんだよ!あぁなんだよ!』って」と懐かしんだ。そして「野球教わったのは山内さんと稲尾さんからだけだと思う。後はほかの監督からは野球教わったっていうことはないと思う」と語った。

 山内、稲尾両監督から学んだことを、監督時代に「まねはしなかった」と“オレ流采配”を貫き「勝つことに執念を燃やしていた」と振り返る。「だから、そうやって考えれば、みなさん諦めが早かったね。最後まで優勝決まるまで勝ちにこだわったっていう監督は、そうは見えなかった。そこが一番違うところじゃないのかな」と自身の監督時代との違いを口にした。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e917acc773f2d38f8c441c89f94d00965ea6454


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログについて



トップ絵はTSUYOSHI様に描いていただきました。

TOPE1.jpg

おすすめの記事
記事検索
月別アーカイブ
おすすめの記事
スポンサードリンク