併殺崩し

NPB、併殺崩しを狙ったスライディングは即併殺に

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1485811111/

1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 06:18:31.87 ID:knDBZYud0.net
併殺崩しスライディング、即併殺に…NPB新ルール

 NPB(日本野球機構)は30日、今季から導入される新ルール「併殺を試みる塁へのスライディング【野球規則6・01(j)】」に関するメディア向け説明会を都内で行った。

 野手に接触しようとして走路を変更するなど「併殺崩し」のスライディングを規制する新ルール。説明会では適用が予想されるケースとして昨年の一塁走者のスライディング数例を紹介した。

 〈1〉4月3日 日本ハム―ソフトバンク戦(東京D)での日本ハム・田中賢の走塁 日本ハムが1点を追う6回無死一、三塁で打者が三ゴロ。ボールは三塁→二塁と転送されたが、本塁へ送球しようとした二塁手の川島が田中賢に足をすくわれて転倒、三塁走者が生還した。ソフトバンク・工藤監督は守備妨害だと抗議したが認められず、田中賢のスライディングは同点を呼ぶ“好走塁”とされた。

 ところが新ルールでは不正なスライディングと判定され、本人だけでなく「守備側がプレーを試みようとしている走者」もアウト。この場合は打者走者ではなく、川島が送球しようとした本塁に向かっていた三塁走者がアウトになり、併殺で2死一塁に。同点どころかチャンスがつぶれる結果となる。

 昨年までも、審判が走塁によって守備側に不利益が生じたと判断すれば「守備妨害」が適用されていた。田中賢の走塁で、工藤監督の抗議が認められれば、二塁と一塁での併殺が完成し、三塁走者は三塁に戻され、2死三塁で試合を再開することになっていたが、三塁走者がアウトを宣告されることはなかった。

 〈2〉5月5日 楽天―ロッテ(コボスタ)でのロッテ・鈴木の走塁 ロッテが1点を追う6回1死一、三塁で打者が二ゴロ。ボールは二塁ベースに入ろうとした遊撃手・茂木に転送されたが、中堅方向にそれたため茂木は二塁ベースを踏めなかった。そこに滑り込むような形になった鈴木が気になり、一塁への送球も乱れ、オールセーフ。三塁走者の生還も許し、同点となり、1死一、二塁で試合を再開した。

 新ルールでは、鈴木の走塁自体が“正しいスライディング”ではないため、その時点で審判の判断で併殺が完成。もちろん、得点も認められず、チェンジとなる。

 また、新ルールに抵触するスライディングに対しては「警告」が与えられ、1試合に2度警告を受けた選手は退場となるが、田中賢のプレーは「現場の審判員の判断によっては一発で退場となる可能性もある」(井野審判技術委員長)という。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00000250-sph-base
出典元:スポーツ報知 1/31(火) 5:03配信

20170130-00000250-sph-000-2-view
16年4月3日、6回無死一、三塁で打者中田の三ゴロに一塁走者・田中賢(右)がスライディング。川島は足をすくわれ倒れ込んだ


続きを読む

【プロ野球】併殺崩しもリプレー検証 2度警告で退場

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1485163703/
npb-logo

1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 18:28:23.93 ID:74Zs5QVur.net
日本野球機構(NPB)と12球団によるプロ野球実行委員会が23日、東京都内で開かれ、今季から実施される併殺崩しの危険なスライディングを禁止するルールについて、リプレー検証の対象とすることが決まった。

リプレー検証はスライディングが適正かを判断するために行い、アウトかセーフかのタイミングの判定には用いない。
悪質なプレーには警告が出され、同じ選手が2度警告を受けると退場となる。
危険極まりないプレーと判断されれば1度で退場の場合もある。
昨季導入された本塁でのコリジョン(衝突)ルールも同じ運用となる。

NPBは25、27日に、12球団の担当者への説明会を開く。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/1769243.html
出典元:日刊スポーツ

続きを読む

広島菊池「ゲッツー増える」危険スライディング禁止

転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1484226084/

1 :名無しさん@おーぷん 2017/01/12(木)22:01:24 ID:Uld
広島菊池涼介内野手(26)が12日、静岡市内で行う自主トレを公開した。
アップの後はキャッチボールとノック、打撃練習で汗を流した。

 かねての目標に「補殺記録更新」を掲げている菊池。11日の日本野球規則委員会で、
併殺を阻止するための危険なスライディングを防ぐ規定が公認野球規則に追加されることが決まったことを受け
「二塁から一塁への送球で怖さがなくなる。各チーム今年はゲッツーが増えるんじゃないですかね」と話した。

 菊池は「1軍の試合に出たての頃」に併殺崩しの“餌食”になったこともある。
当時守備走塁担当だった石井琢朗コーチと懸命に練習。「1、2年目は削られてケガもした。
琢朗さんとずっと避ける練習をやりました。僕は避けられるので、そこまで影響はないのかなと思う。
でも怖さはなくなるし送球が安定すると思う」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-01764383-nksports-base
出典元:日刊スポーツ 1/12(木) 20:57配信

20170112-01764383-nksports-000-3-view

続きを読む

鈴木尚広氏「併殺崩しスライディングが禁止になっても大きな影響はありません」

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1484192503/
baseball_head_sliding

1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 12:41:43.43 ID:jamao+520.net
今回の危険なスライディング禁止も、これまでの野球そのものを変えるような大きな影響を与えることになるのだろうか。
 
 代走のスペシャリストとして活躍した元巨人の鈴木尚広氏は「大きな影響はない」という見方だ。

「昔に比べると、すでに併殺崩しの危険なスライディングというものは、ほとんどなくなっています。
おそらく球団の枠を超えての自主トレが盛んになったり、侍ジャパンやオールスターなどでの交流が増えたため、
選手同士のつながりが深くなり、相手に怪我をさせる恐れのある潰すようなプレーなど心理的、心情的にできなくなったのが理由でしょう。
そう考えるとコリジョンでは野球が大きく変わりましたが、この併殺崩しの危険なスライディングの禁止ルールでは、
野球自体は大きく変わらないと考えます」

以下記事全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000001-wordleafs-base
出典元:THE PAGE 1/12(木) 11:00配信



2 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 12:41:55.61 ID:QBK+EvYUd.net
そらそうよ

続きを読む

【朗報】ゲッツー崩し禁止決定

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1484138553/
JAgrmL3

1 :ネッシーはいてる 2017/01/11(水) 21:42:33.53 ID:80l5eaWH0.net
併殺崩しの滑り込み禁止=野球規則委 

プロとアマ合同の日本野球規則委員会が11日、東京都内で開かれ、走者が併殺を逃れるための危険なスライディングを禁止する項目を
公認野球規則に新設することを決めた。プロが昨年導入した本塁でのコリジョン・ルール同様に、選手のけが防止が主な目的。

 規則では体全体が塁に向かっていくことを正しいスライディングと規定し、手を挙げて送球を妨げることや、塁からそれて守備を妨害した
場合は当該走者だけでなく打者走者もアウトになる。

以下記事全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000134-jij-spo
出典元:時事通信 1/11(水) 19:16配信

続きを読む

併殺崩しスライディング禁止へwwwwwwwwwwwwwww

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1478530443/
JOhbn45

1 :風吹けば名無し@\(^o^)/(4段) 2016/11/07(月) 23:54:03.24 0.net

危険な滑り込み禁止へ=1月に合同説明会で徹底―プロ野球

 プロ野球セ・パ両リーグの理事会が7日、東京都内で開かれ、来年から新たに野球規則に加える「併殺阻止のための危険なスライディングを禁止するルール」について、来年1月に12球団合同説明会を実施する方針を確認した。2月1日のキャンプインまでに、運用方法や野球規則の条文をまとめて周知徹底する。

 米大リーグでは併殺を阻止するための危険なスライディングでけが人が続出し、今季から禁止ルールが適用された。これを受け、日本でも来年から野球規則に同ルールを記載する。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161107-00000114-jij-spo



4 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 23:54:46.14 0.net
中島逝ったああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


7 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 23:55:54.93 0.net
つーかこんなもんコリジョンと一緒にやれや
何でもかんでも後乗りじゃないと駄目なのか


続きを読む

NPB、来季から併殺崩し禁止へwwwwwwwwww

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1471996435/
CcbhQ1PUkAIRzzN

1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/24(水) 08:53:55.04 ID:XjzXgGx40
プロ野球「併殺崩し」来季から新ルール検討 米大リーグでは今季から導入
産経新聞 8月24日 7時58分配信

 プロ野球で二塁ベース付近で走者が併殺を防ぐために行う走塁(併殺崩し)について、日本野球機構(NPB)が来季から新たなルールを検討していることが23日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、米大リーグ機構(MLB)で今季から導入された「併殺崩し」の新ルールに関し、NPBでも情報収集を実施。ルールの制定、改正を担当するNPB内の規則委員会でも、MLBと同様の新ルールを導入できるかどうか協議しているという。

 MLBでは「併殺崩し」と呼ばれるスライディングについて、(1)走者は野手と接触をする目的で走路を変えることを禁止する(2)スライディングの後、二塁ベースに手か足がついている-などの新たなルールを採用した。

 NPBでは本塁上での危険な衝突を防ぐことを目的に、今季からコリジョン(衝突)ルールを導入した。しかし「衝突」の判断をめぐって球団から改善を求める意見が相次ぎ、シーズン後半早々の7月22日から基準を変更する異例の事態となった。

 「併殺崩し」の新ルールが来季から導入された場合、プレーの判断をめぐって混乱も予想されることから、NPBでは慎重に議論を進めていく。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000503-san-base



2 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/24(水) 08:54:09.46 ID:XjzXgGx40
ええんか…


4 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/24(水) 08:54:24.34 ID:kViY/IKo0.net
ええに決まっとるやろ何言ってんだ

続きを読む

工藤監督、あらためて改革要求 併殺崩しにもルールを

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1459816610/

1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 09:36:50.41 ID:W2tJikxv0.net
 ソフトバンク・工藤公康監督(52)が4日、二塁への危険なスライディングに関して警告し、コリジョン(衝突)ルールに準じた措置が必要との認識をあら ためて示した。3日の日本ハム3回戦で田中賢のスライディングを受けて負傷した川島慶三内野手(32)は4日、出場選手登録を外れた。当日の診断では右下 腿部打撲だったが、復帰に要する時間が長期化することも考えられことから警鐘を鳴らした。

 選手がケガで離脱することに何より胸を痛める工藤監督があらためて訴えた。「審判の裁量ではあるけれど、しっかりやってほしいとは思う」。負傷した川島 の症状が思いのほか重い可能性が出てきた。「(3日に病院から帰ってきた時は)松葉づえをついていた。直接足にスライディングがいっているので…。当面は 難しい」。この日、福岡市内で再検査を受けたはずだったが、球団からの診断発表はなかった。それでも、出場選手登録を抹消されたことから、10日間以内で の復帰は無理だと判断したのは間違いない。

 工藤監督は3日の日本ハム・田中賢のスライディングについて「走路にいる場合は仕方ないけれど、そうではない場合はホームだけじゃなく二塁についても考 えてほしい。(川島は)ホームに投げようとしていたわけだから走路にはならないと僕は判断した」と背後から接触したことを問題視した。

 今季から導入されたコリジョンルールも運用が始まらないと不透明な部分もあったが「クロスプレーでのケガをなくすことが目的だから、あとは話し合ってやっていけばいい」と柔軟な姿勢を見せていただけに二塁での接触プレーについても準じた判断を求めた。

 併殺阻止のための走塁について、大リーグ機構(MLB)は今季から危険なスライディングを禁止としたが、日本球界では未導入。ルール上問題はないとしても、今回のような事例が多発するようでは選手生命に危機にさらされる。

 危険プレーに関して指揮官は「僕自身も選手には言っているし、うちにはいない」と話した。監督就任以来、コンディショニングの重要性を説きケガ防止を最 優先してきただけに、プレー中の出来事とはいえ、放っておくわけにはいかなかったことは想像できる。迫力あるプロのプレーと危険行為の線引きをどこでする かは難しい判断でもあるが、防げる事態を放置しておくことで選手生命が脅かされることがないようにするのが工藤監督の願いだ。

20160405-00000015-spnannex-000-0-view

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160405-00000015-spnannex-base

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログについて



トップ絵はTSUYOSHI様に描いていただきました。

TOPE1.jpg

おすすめの記事
記事検索
月別アーカイブ
おすすめの記事
スポンサードリンク