斎藤

日本ハムは斎藤をコーチ転身させるべき? OB岩本氏の発言が波紋、「外野が言うことではない」怒りの声も

転載元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1620675446/

e85175cb
1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/11(火) 04:37:26.23 ID:CAP_USER9
 野球解説者の岩本勉氏(元日本ハム)が9日、自身の公式ユーチューブチャンネルに動画を投稿。動画内での発言が、ネット上の日本ハムファンの間で物議を醸している。

 今回の動画で岩本氏は野球解説者の高木豊氏(元大洋・横浜他)をゲストに招き、日本ハムのプロ11年目・32歳の斎藤佑樹をテーマにトーク。昨年10月に負った右ひじ靭帯断裂の治療に励む斎藤の現状や、球団側が昨季未登板の斎藤と年俸1250万円(推定)で契約更改した意図などについて語った。

 その中で、岩本氏は「ひじの靭帯が切れてました、それで自然療法(を選んだ)とかどうのこうの言ってますけど、今もう145キロ以上出ないと彼は戦えないと思ってる」と発言。斎藤は4月8日に打撃投手として登板した際にMAX135キロを記録したことが伝えられているが、岩本氏はプロの打者を抑えられるような球速ではないと苦言を呈した。

 さらに、岩本氏は球団側に対し「彼(斎藤)が戦力として見込みがなければ早い段階で、交流戦明けたぐらいには違った道を用意するのがファイターズの責任だと思う」と、怪我の回復にめどがつかなければ斎藤を引退させるべきではないかと主張。また、「コンディショニングやトレーニングのコーチを今シーズン中に与える、そうした方が彼は来季もその向こうもファイターズの力になれるんじゃないか」と、コンディショニングコーチに転身させればいい人材になるのではと推測した。

 岩本氏の主張をうなずきながら聞いていた高木氏は、「『いつまでに1勝しろ、じゃなかったらクビだ』というノルマを、世間に向けて発表するのもいいと思う」とコメント。斎藤に何らかのノルマを与え、結果次第で進退を判断するという方法なら本人もファンも納得するのではと語っていた。

 今回の動画を受け、ネット上には「斎藤はこれまでかなりの怪我を経験してるから、コンディショニング関係なら的確な指導ができるかもしれない」、「今でも知名度は球界随一だし、球団広報とかも適任なんじゃないか」、「実際にノルマを設定するかは分からないけど、どこかのタイミングで進退を見極めるべきだとは思う」といった反応が多数寄せられている。

 一方、「球団に『あいつは引退させるべき』って何だよ、外野のOBが言うことではないだろ」、「実戦復帰に向け頑張ってるであろう選手にこういうこと言える神経が理解できない」、「『球団は引退させろ、その後はコーチとして囲え』という主張は、本人の気持ちを完全に無視した暴論でしかない」といった否定的なコメントも複数見受けられた。

 >>日本ハム・斎藤、コーチの意見を完全に無視?「だからダメになった」「清宮と同じ」呆れ声 西崎氏が衝撃の光景を明かす<<

 「斎藤は早稲田実業高校、早稲田大学を共にエースとして日本一に導いた投手ですが、プロでは1年目の2006年から昨季まで『88登板・15勝26敗・防御率4.34』とサッパリ。これまでに左股関節痛、右肩関節唇損傷、右ひじ靭帯断裂と何度も故障に見舞われていることや、コーチ陣の指導や意見を聞き入れずに自分の考えを優先して取り組む姿勢が不振の原因とされています。今季は4月8日に打撃投手として登板した以外はあまり音沙汰がない状況ですが、岩本氏はもう選手としての上がり目はないと考え、これまでの苦労を経験として生かせるコンディショニングコーチへの転身を提案したのだと思われます。ただ、斎藤の進退はあくまで球団側が判断するものであり、球団外部のOBが軽々しく引退を勧めるものではないと考えているファンもいるようです」(野球ライター)

 2019年9月27日・オリックス戦を最後に一軍マウンドから遠ざかっている斎藤。プロ野球選手としての立場が危うくなっていることは確かな状況だが、ここから劇的な復活を見せることはできるのだろうか。

https://npn.co.jp/article/detail/200013249


続きを読む

斎藤佑樹が本音を告白「どれだけ叩かれても叩かれても…」

転載元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1618141846/


1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/04/11(日) 20:50:46.27 ID:CAP_USER9
「花粉症、大丈夫ですか?」

ポカポカと暖かい春の陽気のなか、鎌ケ谷スタジアムに現れた北海道日本ハムファイターズ・斎藤佑樹(32)は笑顔で本誌記者を気遣った。


伝説となった’06年の夏の甲子園決勝の引き分け再試合。体形はあのころと少しも変わらない。「王子」は真っ白いユニフォームがやたらと似合うのだ。

ドラフト1位で日本ハムに入団するも、プロ10年の通算成績は15勝26敗。ここ3年は未勝利で昨季は一度も一軍に上がれなかった。ファームでの防御率は9点台。秋には右ヒジ靭帯の断裂が判明した。

オフに減額制限(25%)近い大減俸を喰らったが、ファンは許さず、「どうしてクビにしないのか」「給料泥棒」と猛バッシングを続け、追及の手を緩めようとしなかった。

それでも、斎藤に落ち込む様子はない。

「ネットニュースはもう何年も見てないですね。無視しているのではなく、そこにエネルギーを割く余裕がないんです。ケガを治し、コンディションを整えて、もう一度、一軍のマウンドに上がる。そこに自分の力を100%注いでいます」

目力(めぢから)を感じるのは覚悟が定まっているから。斎藤はいま、野球人生を懸けた大勝負に臨んでいるのである。

◆名もなき治療法

斎藤の野球人生を左右する悲劇が起きたのは昨年10月のことだ。

「いつもならブルペンで30球も投げればヒジが温まるんですが、何球投げても冷え切ったまま。それどころか腕が張るような違和感があった。結局、ブルペンで70球くらい投げてからマウンドに上がったんですが、指に力が入らない。真っ直ぐはまったくスピードが出ず、フォークはマウンドのすぐ近くでワンバウンド。スライダーも抑えがきかなくて大暴投になる。1イニングを投げ切ることすら、できなかった。気づけば右ヒジに激痛が走っていました」

長い野球人生、故障は何度も経験してきた。この2ヵ月前にも右ヒジが筋肉痛に似た痛みに襲われ、病院でMRIを撮ってもらったが異常なしだった。

だが、あきらかにこれまでの故障とは違っていた。病院に向かいながら覚悟はしていたが、実際に断裂した靭帯の画像を見せられると言葉が出なかった。

「何を感じ、どんな顔をしたのか、ドクターに何と言ったのか。覚えていないんですよ。ショックだったんでしょうね」

笑顔を絶やさない斎藤はしばしば、「危機感に欠ける」と叩かれる。夏の甲子園を制し、東京六大学リーグでも優勝して、ドラ1でプロ入りした超エリート。そんな彼が持つ強靭なメンタルのなせるワザなのだが、斎藤の強心臓でも頭が真っ白になるほど、靭帯断裂の事実は重かった。

「覚えているのは、ドクターがその場で治療法を提案してくれたこと。切れた靭帯を縫い合わせる再建術、いわゆるトミー・ジョン手術も提案されましたが、僕が惹(ひ)かれたのは、プロではまだ誰もトライしたことのない新しい治療法でした。新しすぎて名前もないくらいで……」

ショックで真っ白になっていた頭が、その数分後にはフル回転していた。導き出された答えは「この名もなき新しい治療法を選ぶべき」だった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/f301e368783fbf5e4df1def92617c6ea3b2f63b9
4/11(日) 15:02配信
20210411-00000005-friday-000-2-view


続きを読む

【朗報】斎藤佑樹「今の僕はストリートファイターのゲージみたいな感じ。夏より前には戻ってこられる」

転載元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1617597935/

uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhcD1LjPo8yt_iUb5dR3d8r5m8rSD2r1Nf-NxZJI

1: 風吹けば名無し 2021/04/05(月) 13:45:35.31 ID:TU1mU10dM
https://news.yahoo.co.jp/articles/f932644f914b27f4c30d285e1ba86eb52ba18bb4?page=7
 11年目、一度も登板がなければ12年目はやってこないかもしれない。そんなことは斎藤が誰よりもわかっている。果たして、斎藤の復帰はいつになるのだろうか──。

「あの時までがリハビリで、今はもうリハビリは終わったとか、わかりやすく分けられるものじゃない。『ストリートファイター』のゲージみたいな感じなんですよ(笑)。満タンになったから実戦というわけじゃないし、減ってても実戦はできる。間違いなく言えるのは、試合で投げるのにそんなに時間はかからない、ということです。早ければ......」

 夏......かと思いきや、斎藤は笑った。

「そんなにかからないって言ってるじゃないですか」

 もちろん投げられるようになるのと、バッターを抑えられるのとは、別の話。投げて、抑えて、勝ててこその復帰である。それが2軍で叶って、ほどなく1軍で実現するのを、斎藤佑樹を応援し続けるファンは待ち望んでいる。今年のうちに、そんな日がやってくることを──。

3: 風吹けば名無し 2021/04/05(月) 13:46:18.37 ID:GpeDbV7O0
えっ何言ってんのこいつ

続きを読む

【朗報】斎藤佑樹さん、奇跡の復活へ!「治療してここまで投げられるのはすごい」

転載元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1616709069/

saito

1: 風吹けば名無し 2021/03/26(金) 06:51:09.15 ID:Q7AgEo2I0
プロ11年目を迎えた北海道日本ハムの斎藤佑樹投手は、昨年秋に発覚した右ひじの靭帯断裂からの復活を目指し、現在懸命なリハビリを続けている。

春季キャンプでは連日200球近くを投げ込むなど、意欲的に調整を続けた斎藤は、
「治療をして、ここまで投げられるのは、僕が言うことではないけど奇跡に近い」と、復調への手応えを口にした。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/81573?imp=0

3: 風吹けば名無し 2021/03/26(金) 06:53:26.53 ID:BMU3YG9d0
えっ、復活?

続きを読む

高校時代の斎藤佑樹さんの投球フォームwww

転載元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1615983495/


1: 風吹けば名無し 2021/03/17(水) 21:18:15.13 ID:sm0bBnFW0
qQzSja3 - Imgur


2: 風吹けば名無し 2021/03/17(水) 21:18:53.54 ID:sm0bBnFW0
ええフォームだよな

3: 風吹けば名無し 2021/03/17(水) 21:19:24.81 ID:VE43U++Ar
今より速い

続きを読む

日本ハム・佑 再起への新概念「投げるリハビリ」、キャンプ連日200球「時代と逆行」もメリット

転載元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1615240246/

uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhcD1LjPo8yt_iUb5dR3d8r5m8rSD2r1Nf-NxZJI

1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/03/09(火) 06:50:46.82 ID:CAP_USER9
投げて治す――。右肘のじん帯断裂から再起を期す日本ハム・斎藤佑樹投手(32)が、春季2軍キャンプで画期的なリハビリに取り組んだ。一般的に肘のじん帯断裂で選択するじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)ではなく、PRP(自己多血小板血しょう注入)療法で、治療開始から2カ月余りでブルペン入り。連日200球近くを投げるという、時代に逆行するプログラムの概念に迫った。(秋村 誠人)

 午前9時前。沖縄・国頭のブルペンにはいつも斎藤の姿があった。キャッチボールから始まり、捕手を立たせたまま50球余り投げ、捕手を座らせて100球以上を投げる。2月1日のキャンプイン当日は200球。打ち上げ前日の同25日まで休日を除く21日間、150~200球を投げた。

 「肘のことだけ考えたら凄く順調。今のところ不安はない」

 表情には充実感さえあった。PRP療法による治療を始めたのが昨年11月。MRI(磁気共鳴画像装置)でじん帯の状態を確認しながら、1月にキャッチボールを開始。キャンプからマウンドで投げた。治療開始から2カ月ほどでのブルペン投球。過去の野球界では、考えられないプログラムだ。「手術していたら今頃はボールも握れていない。ここまで投げられるということは、僕が言うことではないかもしれないけど、奇跡に近い」。それが本音だった。

 昨年、斎藤が受けた診断はじん帯断裂。手術を受け、休んで回復を待ち、リハビリを始めるのが一般的だ。通常は復帰まで1年はかかる。だが昨季、プロ10年目で初めて1軍登板がなかった斎藤に、その時間はなかった。情報を集め、さまざまな人の話を聞き、この治療法を知った。科学的根拠に基づいた治療法であり「僕にはこれしかなかった」と迷わなかった。

 投げることがリハビリ――。「じん帯はある程度の負荷をかけないと再生しない」とし、キャンプでの投球は全て治療の一環だった。出力を抑えて球数を投げることで、じん帯に負荷をかける。キャンプ序盤に100~110キロだった球速を終盤は130キロ弱まで上げ、すでに変化球も投げている。

 このプログラムには2つのメリットがある。一つは「投げられない」というストレスがないこと。もう一つは、投げられることで、リハビリしながらフォーム修正が可能になる。現在は肘、肩に負担がかからないフォームに取り組んでおり「いい感じできている」と手応えを感じている。

 プロ野球でこのプログラムに取り組むのは初めてのケース。「リハビリとしては今の時代に逆行してますよね」。そう言った斎藤は、こうも続けた。「シーズン通して投げ切る肘の状態を保てるようになったら、画期的なこと。リハビリの新しい概念になると思います」。誰も進んだことのないリハビリの道の先に、復活のマウンドは間違いなくある。

 ▽PRP(Platelet Rich Plasma=自己多血小板血しょう注入)療法 患部の血液を採取し、血小板を増やす培養を施したものを注射して自然治癒力を促進させる。皮膚のしわ、たるみなどを解消する形成外科の分野から発展した。大リーグではトミー・ジョン手術を受ける前にこの療法を選択するケースが多い。 

 【肘のじん帯損傷からPRP(多血小板血しょう)注射を受け保存療法で復帰した主な投手】

 ☆斎藤隆 ドジャース時代の08年に右肘を痛め、大リーグ投手として初めてPRP療法を選択。レッドソックスに移籍した翌09年に復活した。

 ☆田中将大 ヤンキース1年目の14年7月8日のインディアンス戦後に右肘のじん帯部分損傷で離脱。PRP注射を受けてリハビリを重ね、同年9月21日のブルージェイズ戦で復帰した。

 ☆山口鉄也 7年連続60試合以上登板していた14年のオフに左肘の不調を訴え、10月末にPRP注射を打った。翌15年も60試合、16年も63試合に投げて9年連続60試合登板を果たした。

 【取材後記】斎藤を取材したのは2軍キャンプ打ち上げ前日の2月25日。このキャンプ最後のブルペン投球で、179球を投げた後だった。かなり出力を上げたように見えたラスト9球。「腕、振れてました?」と逆取材されたが、確かに振れていたと思う。

 その表情に深刻さはない。斎藤は「こう言ったら怒られるかもしれないけど、充実感はありますね」とも言った。まだリハビリの段階。本来ならじん帯断裂のリハビリで充実感など得られないが、投げられることが投手の心の負担を軽くしている。それがこのプログラムの利点だろう。

 「ユニホームを着せてもらい、野球をやる時間と場所を与えてもらって、本当に幸せです」。リハビリでも野球をやる喜びを得られる。再起へのモチベーションも高い。その先にあるのは、17年以来の1軍公式戦での白星だと信じたい。(遊軍・秋村 誠人)

3/9(火) 6:45
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210309-00000099-spnannex-base


続きを読む

【朗報】斎藤佑樹(33)さん、130キロ前後の剛速球戻る「今の力でマックス」

転載元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1614202413/

OF3pa1aWCcRom2JxRnlEAf01px0vu3sMseCbjA3wlA-r3dYVPH_zRE4c9ZUv

1: 風吹けば名無し 2021/02/25(木) 06:33:33.90 ID:FEB5NXjIa
https://news.yahoo.co.jp/articles/af9f63da367defc122cdb2f8052183a908923159
この日は球速で130キロ前後をマーク。
右腕は、「今の力でマックスで投げている。
肘の状態としては、スピードもちょっと上がってきているので、そういう意味では一歩前進だと思います」と充実の表情。
一方で「まだリハビリです」と気持ちを引き締めていた。

2: 風吹けば名無し 2021/02/25(木) 06:34:23.12 ID:1CepvUxDa
ええな

続きを読む

【朗報】斎藤佑樹さん、球速130キロ台まで回復 変化球も解禁し3月中に打撃投手を務める見通し

転載元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1614137328/

20210224s00001173196000p_view

1: 風吹けば名無し 2021/02/24(水) 12:28:48.11 ID:0xaw0aNf0
 右肘じん帯断裂から再起を期す日本ハムの斎藤佑樹投手(32)が24日、順調なら3月中にも打撃投手を務められる見通しを明かした。

 「まだまだリハビリ段階。具体的な日にちは決まっていない」としつつ、打者相手の投球について「そんな遠くならずに投げられると思う」とキャンプ終了後の3月中にも行いたい考えを示した。

 1軍キャンプ休日のこの日は、中日2軍と練習試合を行う2軍ナインとともに1軍キャンプ地のタピックスタジアム名護で練習。ブルペン投球では150球の投げ込みを行った。21日から変化球を解禁したことも明かし、スライダー、チェンジアップ、フォークの3種類の変化球を投げた。球速も130キロ台まで戻り、「スピードも上がってきた」と明るい表情で話した。
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/02/24/kiji/20210224s00001173253000c.html

3: 風吹けば名無し 2021/02/24(水) 12:29:14.03 ID:5W3ymykja
間に合ったな

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログについて



トップ絵はTSUYOSHI様に描いていただきました。

TOPE1.jpg

おすすめの記事
記事検索
月別アーカイブ
おすすめの記事
スポンサードリンク