東スポ

【東スポ】松坂「練習日にゴルフ」同伴・上重アナの非常識 あきれる中日関係者「止めないと」

転載元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558097197/

314a3d472ffd1cdc553eb6cc3741b4b7

1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/05/17(金) 21:46:37.42 ID:kBY+LmSG9
 右肩を痛めてリハビリ中の中日・松坂大輔投手(38)が今月の二軍練習日にもかかわらず、ゴルフを行っていたことで、球団からペナルティーを受けたことが16日に分かった。すでに14日に球団に報告と謝罪を済ませたという。松坂本人の自覚が足りなかったことが一番の問題なのは間違いないが、球団内ではゴルフの同伴者だった日本テレビ・上重聡アナウンサー(39)に対して不快感を募らせている。

 2月のキャンプ序盤にファンとの接触で痛めた右肩は回復に向かい、14日には負傷後初めて捕手を座らせてのブルペン投球練習を再開するなど順調にステップを踏んでいたはずの松坂。ところが、好事魔多しだ。

 17日発売の写真週刊誌「フライデー」に、千葉県内のゴルフ場で高校球児の時から旧知の仲である上重アナウンサーらとプレーしている様子などを撮影され「ファンの心配をよそに、よりによってゴルフとは」「リハビリ中にゴルフ満喫」の見出しで掲載された。

 球団はシーズン中でも休日のゴルフは禁止していないが、その日は二軍練習日だったという。そもそも関東地方でリハビリ治療したいとの松坂の申し出により、球団は名古屋を離れることを許可していた中でのゴルフだった。

 加藤宏幸球団代表は「彼(松坂)から『フライデーから取材を受けました』と電話で14日に報告を受けた。事情を聴いて、こちらとしては練習日にゴルフをやるのはいけませんね、と。口頭で注意した上で、チームの規律違反に当たるし、他のみんなの手前もあるのでペナルティーを科した」と説明した。

 ペナルティーの内容について球団は明かさなかったが、この処分を松坂も了承。「自覚が足りませんでした」「申し訳ありませんでした」と平謝りだったようで、電話を受けた加藤代表によれば「十分反省していた」という。

 シーズン中でも休日にやるゴルフについて、与田監督は「僕が過去にいた球団でも禁止というのはなかった。今は、やっている選手はいないかもしれないけど、どうしても昔からゴルフをやると遊んでいるように言われてしまう。それならテニスをやっていたらどうなのという話にもなる」と理解を示したものの、今回の松坂はリハビリ中の身で、あくまで練習日でのこと。それだけに指揮官は「リハビリを兼ねてトレーニングの一環としてゴルフをやるというのは今まで聞いたことがないね。試合にも出てないのにリハビリ中にやってていいのかと、一般常識的にも言われやすい」と指摘した。

 しかし、球団内からは松坂だけでなく、上重アナの行動を疑問視する声が噴出。1998年夏の甲子園で横浜の松坂とPL学園の上重アナは、それぞれエースとして、準々決勝で対決。延長17回の死闘は球史に残る名勝負として語り草となっている。

 そんな戦友同士ではあるが、球団関係者は「松坂の現況を考えたらゴルフに一緒に行った上重アナの無神経さにびっくりだよ。これがたとえ休日だったとしても、松坂がゴルフをやろうとしていたら、むしろ『やめておいた方がいいよ』と、旧知の間柄なんだから、止めるぐらいじゃないと。マスコミ側にいて、今の松坂とゴルフに行けば、大騒動になるということぐらい普通なら分かりそうなものなのに」と憤っている。

 上重アナといえば、2015年にスポンサー企業側から多額の利益供与を受けていたことが発覚して、当時の出演番組で謝罪する一幕があった。それだけに、別の球団関係者は「上重アナは利益供与を受けて、高級外車を乗り回しているとか、前にも騒動を起こしているし『またか』という感じ。本当に勘弁してほしい。松坂は、友人関係を考え直した方がいいかもしれない」と語気を強める。

 今回の松坂の“ゴルフ余波”は今後どんな影響を与えるのか…。


2019年05月17日 16時30分
https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1396725/

62: 名無しさん@恐縮です 2019/05/17(金) 22:06:27.73 ID:CPprP+XV0
>>1
また日テレやらかしたか
恥ずかしくないのかね

続きを読む

【東スポ】阪神、異例!負けたのにファンにあいさつ…矢野監督「これからやっていく」 球団「負けても批判は少なくなるのではないか」

転載元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1554106509/

1: ばーど ★ 2019/04/01(月) 17:15:09.05 ID:N63GquCT9
 阪神が31日のヤクルト戦(京セラ)を1―2で落とし、4年ぶりの開幕3連勝を逃した。FA移籍後、初登板となった西勇輝投手(28)が初回に2点を失いながらも7回2失点と好投。しかし、打線がわずか4安打で1得点と援護できず。3試合で4得点と貧打が続くとあって矢野監督も「西らしい投球はしてくれた。打線が援護しないといけなかった」と肩を落とした。

 そんな悔しい初黒星を喫したはずの直後のグラウンドでは“まさかの光景”が繰り広げられた。指揮官を筆頭にコーチやナイン全員が一塁側ベンチ前に並び、帽子を取ってスタンドに向かって深々と一礼をしてから引き揚げたのだ。ホーム球場の場合、勝利後にハイタッチを行いその流れでスタンドへあいさつするというのが通例。ファンから何を言われるかも分からない敗戦後にあいさつをするのは異例だ。

 ただ、矢野監督は「ずっとやろうと決めていた。勝ったときは一緒に喜び合う。負けたときでも気持ちのつながりができていければいい。(勝ちでも)どっちでもこれからやっていく」とキッパリ。シーズン最後までホームでの“試合後一礼”を貫くことを宣言した。

 そうした指揮官の考えに球団幹部も「サッカーなど他の競技ではすでにやられていることでもある。勝敗に関係なく感謝の意を伝えるのは大切なこと」と賛同。さらに「続けていけばファンの方も監督の気持ちを理解してくれるはず。ヤジを浴びることもあるかもしれないが、負けが込んだときも結果として批判は少なくなるのではないか」と“ヤジ減効果”にも期待を寄せる。

 ここ数年は関西ならではの痛烈なヤジに若手が萎縮してしまうこともあるが、試合後に顔を出してあいさつすることで敗戦後でもファンの怒りが和らぐ可能性はある。この日の一礼の際も拍手を浴びた矢野監督。今後もファンを味方にシーズンを戦うつもりだ。

2019年4月1日 16時30分
東スポWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/16250455/
5bf7e_1399_ab5e6a83_006b6a2d


続きを読む

【東スポ】原監督が非情通告 代打要員・阿部の土俵際

転載元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1553603470/

20190326-00000029-tospoweb-000-2-view

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/26(火) 21:31:10.99 ID:4NsQhLnW9
背番号10が生きる道は――。巨人・原辰徳監督(60)が25日、阿部慎之助捕手(40)の今季の起用法について「ピンチヒッター」と断言した。
自ら志願して舞い戻った捕手業は事実上、剥奪となり、当面はベンチ待機となる。
さらに首脳陣は、比較的負担が軽い一塁での起用にも消極的で、G史上最強捕手が土俵際に立たされている。

オープン戦全日程を終え、2019年に臨む原巨人の開幕オーダーが見えてきた。
4番までの上位打線は吉川尚、坂本勇、丸、岡本で決まっていたが、この日は新たに打撃好調の陽岱鋼を5番とすることを原監督が明言した。

また、捕手に関しては当初「レギュラー捕手をつくる」としていたが、オープン戦のバッテリーごとの防御率などを考慮し「3人で力を合わせて守ってもらう」と柔軟に軌道修正。
「後々、ある程度(の期間で)固まるような形になってくれるのがいいのかな」と、FA戦士・炭谷、小林と大城の3選手を併用していくという。

ここで気になるのは、4年ぶりに捕手復帰を果たした阿部の存在だ。
左ふくらはぎの張りで12日から一軍を離れ、三軍での調整を経て23日のロッテ戦(東京ドーム)から再合流。
代打で登場し、安打こそ放ったものの、この日の東京ドームで行われた全体練習では一部別メニューとなった。

選択肢としては、阿部を加えた捕手4人制もあるが、指揮官は「慎之助はピンチヒッター。
もし(開幕一軍に)入るのであるならば、そこですね、役割は」とした上で、口調を強めて「捕手というポジションは今のところは考えていません」と言い切った。

もちろん阿部の状態が上向けばマスクをかぶる可能性はある。
しかし、現状では捕手争いから大きく後退し、当面は代打の切り札としてベンチ待機となる見込みだ。

では、負担が大きい捕手ではなく、昨季まで守った一塁再転向の可能性はどうか? 結論から言うと、その構想も今のところ首脳陣にはない。
コーチの一人は「一塁コンバート? それはおそらくないよ。去年までと同じことをやるのは、チームにとって前進ではないし、監督もそういう考えのはず。
そもそも捕手をやりたいと言ったのは慎之助だし、本人が捕手をあきらめると言わない限りはね」と語った。

原監督は捕手と並んで一塁を重要視し「守備のフォーメーション、サインプレーを含めて一塁がキーになることが多い。
コロコロと代わる人が一塁にいると、チームとしての機能を失うケースがある。
岡本を一塁という形からスタートする」と主砲を固定起用する方針を示した。

捕手、そして一塁でも窮地に立たされた阿部は「どんな形でも貢献できれば」と危機感をあらわにしている。
まずは最上のコンディションを維持し、勝負を決める一打を放ち続けるしかなさそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000029-tospoweb-base
3/26(火) 16:30配信

http://npb.jp/bis/players/21125113.html
成績

4: 名無しさん@恐縮です 2019/03/26(火) 21:33:35.62 ID:DKY8f4pW0
先日のズムサタで散々持ち上げてたのはフラグか?

続きを読む

【東スポ】巨人首脳陣、ビヤヌエバを残すためにヤングマンを登板翌日に即抹消へ

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1553504491/

20190325-00000047-tospoweb-000-1-view

1: 風吹けば名無し 2019/03/25(月) 18:01:31.81 ID:sfb/aqqS0
巨人・ビヤヌエバに逆転一軍の目

 4つの外国人枠は右腕ヤングマン、左腕メルセデスと抑え候補クックの投手3人が確定している。ただメルセデスは開幕2カード目の阪神戦(東京ドーム)まで登録されず、ここにきて開幕2戦目、30日の広島戦(マツダ)で先発予定のヤングマンが登板後に抹消する案が浮上。ゲレーロ、ビヤヌエバの野手2人が揃って開幕一軍に名を連ねるプランが出てきた。

 ヤングマンが再び登録されるまでの“猶予期間”だが、当初4番・岡本の後を打つ5番打者として期待されていたビヤヌエバが本調子になれば、逆転一軍定着の目も出てくる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000047-tospoweb-base


続きを読む

【東スポ】巨人・岡本4番サード構想消えた? 裏に原監督の考え

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1553246327/

20190322-00000043-tospoweb-000-1-view

1: 風吹けば名無し 2019/03/22(金) 18:18:47.53 ID:8uMA6sHs0
昨季は史上最年少の22歳で「3割、30本塁打、100打点」の偉業を達成。全幅の信頼を置く指揮官は4番起用とともに「サードを中心に」とチームづくりに着手した。
巨人の「4番・三塁」は、いわば花形。長嶋、原らがたどってきたスターの系譜を岡本も踏襲する方針だった。だが、オープン戦での起用はほぼ一塁。そこにはどんな経緯があったのか。

まずは新戦力の加入が大きい。首脳陣は岡本と同じ一、三塁などを守れるビヤヌエバ(前パドレス)と中島(前オリックス)の守備力を見極めるべく、岡本を一塁に押し出す形で我慢強く起用してきた。
ところが、ビヤヌエバは守備以前に昨年メジャー20発を放った打棒が振るわず、「寝違え」によるコンディション不良が重なってファームで調整中だ。

ならば、当初の「三塁・岡本」に戻るかというと、そうでもない。実は指揮官のなかにある「一塁手は体が大きい方がいい」との考えが影響しているという。
内野手にとって悪送球のリスクは付き物で、その不安を和らげてくれるのが一塁手でもある。
昨季の岡本の一塁守備率は9割9分4厘と高いだけでなく、今オフの肉体改造で巨体はさらにボリュームアップ。内野全体に安心感を与えるうってつけの存在となっている。

現役時代はユーティリティープレーヤーとして活躍した元木内野守備兼打撃コーチも「それは的が小さいよりもデカい方が投げやすいよ。心理的なものだとは思うけど」と証言した。
もちろん、シーズン中に岡本が三塁に回るケースはあるだろうが、“正三塁手”は調子が上向きの中島や2年目の田中俊、ビヤヌエバらが候補となりそうだ。
本番モードに入った岡本は今季はどんな活躍を見せ、Gのホットコーナーは誰が務めるのか――。

2: 風吹けば名無し 2019/03/22(金) 18:19:01.64 ID:8uMA6sHs0


続きを読む

【巨人】原監督にとって“スガコバ”コンビ解体は既定路線【東スポ】

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1552640169/

20190315-00000032-tospoweb-000-2-view

1: 風吹けば名無し 2019/03/15(金) 17:56:09.04 ID:DlSOFZ21d
巨人の開幕先発マスクどうなる? 原監督はいまだ明言せず


 昨年11月28日の炭谷の入団会見で「若い小林、大城、宇佐見といい捕手はいるが日本一を狙うには時期尚早」と話し「最初の願い」として炭谷獲得を熱望した原監督にとって“スガコバ”コンビ解体は既定路線。“スガスミ”はまだ発展途上とはいえ指揮官にしてみれば決断の裏付けは欲しいところだ。菅野の開幕前、最終登板となる23日ロッテ戦(東京ドーム)での先発マスクに、がぜん注目が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000032-tospoweb-base

2: 風吹けば名無し 2019/03/15(金) 17:56:34.59 ID:DlSOFZ21d
スガスミ”はまだ発展途上とはいえ指揮官にしてみれば決断の裏付けは欲しい

原の炭谷愛

続きを読む

【巨人】原監督「広島に悪い印象ない。苦手意識もない。臆することはない」

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1551752855/

20190305-00000011-tospoweb-000-1-view

1: 風吹けば名無し 2019/03/05(火) 11:27:35.65 ID:jHLi8fPn0
巨人・原監督の「広島怖くない」発言は本心なのか
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1298263/
 リーグ3連覇を成し遂げている広島に、巨人は4年連続で負け越し“カモ”にされ続けている。特に2017年は7勝18敗で、昨季も7勝17敗1分け。同一カードでの2年連続2桁借金は、巨人史上初の屈辱となった。

 これだけ負けると選手たちにも嫌な印象が植え付けられてしまう。そんなこともあってか、原監督は就任直後から「(昔の広島が)強かったというイメージはまったくなかった」と公言し続けている。
おそらく選手の苦手意識を払拭しようとしているのだろう。そこで「本当にカープに悪い印象はないんですか」とぶつけてみると…。原監督はサラリとこう答えた。

「全然そんなことないよ。俺自身は苦手意識もないし、臆することはない。選手にも話した。全然そんなことはないよ、とね」

 時折白い歯をのぞかせながら語るその口調は、決して選手を鼓舞するための“計算”で言っているわけではなく、本当に心から広島に苦手意識など感じていない、そんな印象を受けた。
おそらくは本音なのだろう。

「自分が(監督を)やっていた時、対広島はそれほど脅威は感じていなかった。負けていた時も(自分は)いなかったし“部外者”だったからね。俺は気楽なところで見ていた。
確かに守備を中心にしっかりしてきているチームだなと思ったよ。でもじゃあ、監督になったからといっても、そんなに意識はしていない」

2: 風吹けば名無し 2019/03/05(火) 11:28:01.97 ID:w8alTbFqd
落合みたい

続きを読む

【東スポ】「オレがいたらプロテクト外さなかった」長野の反応は…

転載元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1551084958/

1: ひかり ★ 2019/02/25(月) 17:55:58.72 ID:qmKsHuk09
【伊原春樹・新鬼の手帳】目が輝いていた。先日、広島・長野久義と顔を合わせ、率直にそう感じた。思っていたより赤いユニホーム姿がよく似合う。
ナインにもすっかり溶け込み、かつてのジャイアンツのイメージはもう消え去っていた。さすがは長野だ。この気持ちの切り替えと類いまれな対応力は
真のプロフェッショナルと言い切れる。

 私は巨人のヘッドコーチとして彼の入団1年目の努力を間近で見てきた。そこからの飛躍とチームへの貢献度はご存じの通りで、もう今さら振り返る必要も
あるまい。

 誰もが認めるジャイアンツの功労者。だからこそ人的補償という思わぬ形で移籍することになり、本音では戸惑いを覚えているのではないか。そう思って
ストレートに聞いてみた。すると長野は白い歯を見せながら、ちゅうちょすることなくこう答えた。

「いやあ、そうでもないですよ」

 まったく考え込む様子もなく、サラリと口にした様子に紛れもない本音と確信した。常勝軍団となったカープに必要とされ、オファーがかかったことを
名誉と受け止めている。持ち前の超プラス思考で新天地移籍を心の底から喜び、そしてモチベーションを高めていく。これが私の知る長野の真骨頂だ。

「もしオレがまだジャイアンツにいたら、お前さんをプロテクトから外すなんてことは絶対しなかったのにな」

 そう言うと長野は白い歯をのぞかせた。しかし、彼はあえて何も口にしなかった。四の五の言わず、新天地で結果を出そうと胸に誓っているのだろう。
そして古巣の巨人戦で燃えに燃えまくり、今度はジャイアンツキラーとして痛烈な“恩返し”をしようと腕をぶしているはずだ。今季は赤ヘル・長野が
大暴れする予感がしている。

東スポWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000043-tospoweb-base
20190225-00000043-tospoweb-000-2-view


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログについて



トップ絵はTSUYOSHI様に描いていただきました。

TOPE1.jpg

おすすめの記事
記事検索
月別アーカイブ
おすすめの記事
スポンサードリンク