菊池雄星

【MLB】菊池雄星獲得は「見事に失敗に終わった」 7年118億円契約を海外メディア酷評 6勝11敗 5.46

転載元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1590893063/

579328
https://www.mlb.com/player/yusei-kikuchi-579328
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/31(日) 11:44:23.97 ID:wRgGHKv/9
カナダメディア「ザ・スコア」がマリナーズの補強戦略を査定した
マリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

マリナーズ・菊池雄星投手の2年目のブレークはなるか? カナダのスポーツ専門メディア「ザ・スコア」はア・リーグ西地区5球団の契約内容を評価する記事を掲載。
最大で7年総額1億900万ドル(約117億5000万円)でマリナーズ入りした入団した左腕には厳しい評価を下している。

今季は32試合登板し、6勝11敗、防御率5.46。3月21日に東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕シリーズ第2戦でメジャーデビューし、
開幕から6戦目となった4月20日の敵地・エンゼルス戦でメジャー初勝利。
8月18日の敵地・ブルージェイズ戦ではメジャー初完封を飾った。161回2/3を投げたが、カナダメディアは厳しかった。

「ユウセイ・キクチへの投資は見事に失敗に終わった」

チームは18年オフに主砲ロビンソン・カノやエース左腕ジェームズ・パクストン、18年最多セーブのエドウィン・ディアスらを放出。昨季から再建モードに入っている。
記事ではジェリー・ディポトGMの戦略について「(例年よりも)より計算されていたものだった。ファームシステムが突如として充実しているようである」と評価した。

それでも、カナダメディアは菊池ら近い将来に主力と期待される選手たちは期待されるだけの結果を残せていないとした。
「マリナーズにとっては“二歩進んで一歩下がる”に近い状況が続いていた」として、日本人左腕を酷評した。

菊池は新型コロナウイルスによるスプリングトレーニング中断後も米国へ残り、開幕へ調整を続けている。
海外メディアをも見返す投球を期待したいところだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dcf6beec9fa907bc546495e3efd9359a66129784
5/31(日) 11:14配信

3: 名無しさん@恐縮です 2020/05/31(日) 11:45:13.34 ID:ZAxKLtbk0
難しい

続きを読む

アメリカ人「菊池雄星の球種はどれも最低レベル」 ワイ「さすがに言いすぎやろ」

転載元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1590280928/

kiku
https://www.mlb.com/player/yusei-kikuchi-579328
1: 風吹けば名無し 2020/05/24(日) 09:42:08.16 ID:8vCMDriG0
Statcastで取得した球種の得点価値
マイナスは失点を減らした球種
プラスは失点を増やした球種
https://baseballsavant.mlb.com/swing-take?year=2019&team=&group=Pitcher&type=Pitch%20Type&sub_type=Fastball&min=q

速球
1287球
得点価値+12
102位/112人 (1000球以上)

スライダー
736球
得点価値+9
75位/77人 (500球以上)

続きを読む

【MLB】菊池雄星に米メディアが厳しい評価 昨季の球種は全て「リーグ最低レベル」

転載元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589327028/

579328
https://www.mlb.com/player/yusei-kikuchi-579328
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/13(水) 08:43:48.68 ID:BiWobnCu9
最大で7年総額120億円の契約も「投資に失望しているかも」

 今季が移籍2年目となるマリナーズの菊池雄星投手。新型コロナウイルスの感染拡大により開幕延期が決まる前のスプリングトレーニングでは生まれ変わったような姿を見せており、2年目の躍進を期待させていた。ただ、移籍1年目は期待に応えられたとは言い難く、米最大の移籍情報サイト「MLBトレード・ルーマーズ」は「2019年にうまく行かなかったシアトルの契約」とし菊池の1年目を厳しく評価している。

【写真】菊池雄星が“美人妻”と一緒にアナハイム・ダックスのユニを着てNHLを観戦

 2019年に菊池がマリナーズと交わした契約は最大で7年総額1億900万ドル(約120億円)という大型契約だった。もし思うような活躍できなかった場合でも、菊池が望めば最低でも4年はチームに在籍できるものとなっている。この大型契約に対し、記事では「現状ではマリナーズは彼への投資に失望しているかもしれない」とし、分析している。

 2019年の菊池はリーグ59位の161回1/3を投げつつも、防御率は150イニング以上を投げた投手の中でワースト2位の5.46。9回あたりの平均被本塁打数は最下位だった。記事ではその要因について米データサイト「ファングラフス」のデータを引用し、4シーム、スライダー、カーブ、チェンジアップの4球種すべてが「それぞれリーグ最低レベルだった」と分析。

 さらにシーズン後半に成績を落とした点に着目し「そこからの逆転を期待出来るはっきりとした根拠は多くないようである」と厳しい見方をしている。もちろん菊池はまだ2年目、ここから新しい環境に順応する可能性は十分残されている。「大きな話題を呼んだ投手のパフォーマンスの観点では、2019年のキクチほど第一印象が著しく悪くするのは難しい」との評価を挽回できるか。

5/13(水) 7:30
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00771780-fullcount-base


続きを読む

<マリナーズ・菊池雄星投手>2回途中4安打3失点で予定の2回持たずKO!昨季は6勝11敗、防御率5・46・・・

転載元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582498944/

20200224-02240051-sph-000-1-view

1: Egg ★ 2020/02/24(月) 08:02:24.87 ID:mrBp3VdR9
マリナーズ・菊池雄星投手(28)が23日(日本時間24日)、オープン戦のレンジャーズ戦で、対外試合初登板。2イニングを予定していたが、2回途中4安打3失点(自責2)で降板した。

立ち上がりは2者連続三振と順調に滑り出した雄星。だが、その後は味方の失策などもあって波に乗ることが出来なかった。

今季はメジャー2年目。と苦しみ、オフにはテイクバックの際の腕の位置や、グラブの位置を修正していた。

2/24(月) 7:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-02240051-sph-base

2: 名無しさん@恐縮です 2020/02/24(月) 08:03:40.90 ID:87HqZn7S0
第2の井川

続きを読む

【MLB】今季「17.3億円を手にする」菊池雄星に米メディア辛辣 「過剰に支払われている」 6勝11敗 5.46

転載元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582376413/

20200222-00697593-fullcount-000-2-view

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/22(土) 22:00:13.48 ID:THPN8BM29
マリナーズの思いを“代弁”「獲得したとき『金を掘り当てた』と思っていたことだろう」

マリナーズの菊池雄星投手はメジャー1年目の昨季、32試合に登板して6勝11敗、防御率5.46と苦しい1年を過ごした。
米スポーツメディア「12UP」は「MLBの各チームで最も過剰に給与が支払われている選手」と題した記事を掲載し、マリナーズでは菊池の名前が挙げられた。

「マリナーズはユウセイ・キクチを獲得したとき『金を掘り当てた』と思っていたことだろう」と同メディアは菊池に言及。
しかし、1年目の昨季は6度目の登板まで初白星を掴めず、6月には5登板で月間防御率7.03と苦しんだ。

シーズン防御率5.46で終えるなど、なかなか糸口を掴めなかったルーキーイヤーに「日本のスターにどれだけ過剰に支払っているのか悟ったのではないか。
彼のパフォーマンスは全く期待以下であったが、それでも、彼は、2020年に(契約ボーナスを含めて)1550万ドル(約17億2900万円)を手にする」と辛辣な論調だ。

しかし、昨季終盤にはジェリー・ディポトGMが「彼について一つ言えることは、今後はすごく良くなることができる、身体能力があるということだ」と言及したように、
球団はメジャーへの適応が進んだとみている。

菊池も、進化のためにオフの間にフォームを修正。テークバックを大きく変え、映像を見たカブスのダルビッシュ有投手は
ツイッターで「去年のシーズン終わりからこの短期間でここまでテークバックを変えられるってマジですごい。どれだけ考えて、練習したらこうなるんや。。」と驚きの声を上げた。
2年目への期待はどんどんと高まっているだけに、この酷評をひっくり返す可能性は十分にあるだろう。

その他のチームではレッズのトレバー・バウアー投手、エンゼルスのアルバート・プホルス内野手、ドジャースのクローザー、ケンリー・ジャンセン投手、レンジャーズの韓国人外野手、秋信守などの名前が挙がった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00697593-fullcount-base
2/22(土) 20:53配信

3: 名無しさん@恐縮です 2020/02/22(土) 22:01:08.33 ID:trI1XzTf0
井川よりマシ

続きを読む

【MLB】菊池雄星が感じた日本とMLBの違い。「個人が持つ自由と責任」

転載元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578460122/

20200108-00842047-number-000-5-view

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/08(水) 14:08:42.66 ID:Gqib2cfs9
ローテーションを守れたことは収穫だと思いますが、同時に課題もたくさん見つかり勉強になった1年でした。

高いレベルに挑戦するという事は簡単なことばかりではないですが、悔しい思いをしながら「これを越えた先に成長がある」と自分に言い聞かせました。今ぶつかっている壁を乗り越えた先に、自分が大きくなるという期待を感じています。

そんな1年間を振り返ってみると、日本とは環境の違いを多く感じるシーズンでもありました。

例えば中4日の調整に関しても、日本と基本的には同じでも、細かい部分で改めて知ることも多かったです。

マリナーズでは、先発投手の練習メニューは決められていません。ピッチャーによってはグラウンドに出ない選手もいますし、ピッチングをしない選手もいて、選手それぞれです。日本ではキャッチボールやランニングなどコーチに言われたことをやっていましたが、こちらでは自分自身で決めることが格段に多いです。

もちろんコーチからのアドバイスや原理原則は存在しますが、体の状態に合わせてやるかやらないかは自分の判断に委ねられています。

日本よりシンプルなブルペン練習。

僕はキャッチボールをしたいタイプなので、登板日以外も毎日のように練習に出ていましたが、チームのレジェンドであるフェリックス・ヘルナンデスは、中4日のうち1日は何もしない日、そこからやる日とやらない日のメリハリをつけていました。

次の登板までに、ブルペンに入る日数は基本的に1日だけです。日本での「ブルペンでの投球練習」と比べると、メジャーはよりシンプルです。

どういうことかといいますと、メジャーでは投球練習前に「今日の目的」を明確にすることを義務づけられます。カウントをつけてピッチングする、バッターを立たせてピッチングするなど、目的を設定するんです。

足りていなかった「考えて投げる練習」。

「今日の目的」は例えば、カウント0-0から3球で2ストライク1ボールを作ることを目指すとか、あるいは2ストライク1ボールから三振を取るスライダーの練習など、その日ごとにテーマを決めてブルペンに入るのです。何もテーマがなく投げることは良しとされていません。

球数100とか200球とか数字を目標にしてしまうと、この様な取り組みができない気がします。シンプルではあるのですが、目標設定を毎日し、考えながら投げる練習というのは、プロに入ってから意外としてこなかったと気づかされました。

同じ理由で、ピッチングの時はカウントをつけて、バッターを立たせて投げるように言われることが多いです。

自分が日本でプレーしていた時について反省しているのは、自分が意図したボールがいっていない時でも、結果的に抑えられていれば満足してしまっていたことです。

メジャーでは、本当に投げたいボールを投げることが大切で、少しでも甘く入ると打たれてしまいます。それくらい普段から意識を高く持っている必要があります。

それは、今季打たれている時期に気づいたことでもあります。ブルペンで「ここに投げてみな」と指示を受けても、ボールが正確に行く確率が低かった。投げたいところに投げる能力が、実は足りていないことがはっきりと自覚出来ました。

追い込んでから投げるスライダーと、カウントを取るスライダーの投げ分けについて頭の中ではいつも考えていても、日本ではそういう練習をしていなかった。つまり、試合でぶっつけ本番で投げて、その結果に一喜一憂していました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200108-00842047-number-base
1/8(水) 11:41配信


続きを読む

菊池雄星110億 山口俊3億円

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1576638372/

img_98cc520e027fb339610a2b17aa824898151646
1: 風吹けば名無し 2019/12/18(水) 12:06:12.79 ID:ijIAYlbK0
なんやこの差

2: 風吹けば名無し 2019/12/18(水) 12:06:48.77 ID:zUPH+BuhF
単年で比べろよ

5: 風吹けば名無し 2019/12/18(水) 12:08:43.04 ID:AUsFWI2E0
菊池(年俸15億)「なんで、こんな低くなったんやろなぁ…」

続きを読む

米メディア「菊池雄星は期待はずれ」

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575778356/

20191208-00628476-fullcount-000-1-view

1: 風吹けば名無し 2019/12/08(日) 13:12:36.32 ID:4Sq7uPB4p
【MLB】4年61億円の菊池雄星、メジャー1年目を米メディア酷評「もっと期待していたはず」

米ヤフースポーツの「昨オフのMLBのFA選手たちは金額に見合ったか?」とする記事。
ここで菊池については
「外国でプレーする選手には公私で適応期間が必要である。キクチにはそれがフルシーズン以上に必要だったことが分かった。
アメリカでの1年目は上手くいかなかった」
とされ、期待には添えなかったとされている。
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00628476-fullcount-base

2: 風吹けば名無し 2019/12/08(日) 13:12:53.17 ID:4Sq7uPB4p
 メジャー初登板で5回途中2失点(自責点は1)とまずまずの投球を披露。2度目の登板でも6回まで3失点(自責点は2)と役割を果たし、当初は注目を集めた。
だが、シーズン中盤以降は苦戦を強いられ、記事では「キクチは当初欺く投球フォームが称賛されたが、誰も本当に欺くことはなかった」と酷評されている。

3: 風吹けば名無し 2019/12/08(日) 13:13:17.41 ID:+GjFEuI8a
期待するほうが悪い

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログについて



トップ絵はTSUYOSHI様に描いていただきました。

TOPE1.jpg

おすすめの記事
記事検索
月別アーカイブ
おすすめの記事
スポンサードリンク