鈴木

【朗報】鈴木尚広、試合開始7時間前にはドーム入りするストイックな男だった

転載元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1498627328/

20170506-OHT1I50133-1

1: 風吹けば名無し 2017/06/28(水) 14:22:08.37 ID:tkgh7mGn0
代走という1試合に一度だけ巡ってくる勝負に向けて、
鈴木氏が全身全霊をかける丹念な準備は有名だ。
ナイターゲームだと、午前11時には東京ドームに入り、足湯につかり体を温め、
入念なストレッチ、体幹トレーニングでチームの試合前練習開始前に
2時間も準備を行う。試合中には、ゲーム展開を読みながら、
ドームのロッカー裏に作られた専用の人工芝レーンを使って暖気運転を終えておく。
そしてゲームが佳境に入ると、相手ベンチとバッテリーに心理的なプレッシャーをかけるため、
トレードマークとなっていたオレンジの走塁用グローブをつけて、わざとベンチに姿を見せる。

https://thepage.jp/detail/20161224-00000003-wordleafs?page=1

2: 風吹けば名無し 2017/06/28(水) 14:22:37.46 ID:rCo7J84Q0
なお

4: 風吹けば名無し 2017/06/28(水) 14:23:13.43 ID:noRVykwS0
7時間もしたら疲れるやろ

続きを読む

鈴木尚広「成功率6割の盗塁王は恥ずかしい」

転載元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1498104538/

20170506-OHT1I50133-1

1: 風吹けば名無し 2017/06/22(木) 13:08:58.58 ID:GhTYITrCr
 鈴木氏は、「最多数だけの盗塁王を僕は認めません。盗塁の企画数が増えれば、当然、盗塁数は増えます。
失敗を恐れないメンタルは凄いかもしれませんが、成功率と盗塁数が両立してこそ本物です。例えば成功率が6割で、盗塁王って恥ずかしくないですか? 
チーム貢献の盗塁とは何か。盗塁することの目的、考えのどこに重きを置くかが大切なんです」と、独自の辛辣な哲学を持っている。

2: 風吹けば名無し 2017/06/22(木) 13:09:19.25 ID:GhTYITrCr
その鈴木理論にあてはめると、表のようにパ・リーグで成功率も盗塁数も伴っているのが西川だ。成功率は90.5%もある。逆に成功率が低いのが、60.7%の2年前のトリプルスリー、柳田である。

「パ・リーグでは断然、西川選手です。柳田選手は、足の速さで勝負しているタイプ。こういう素材で勝負するタイプは波が出ます。年を重ねると難しくもなります」

3: 風吹けば名無し 2017/06/22(木) 13:09:35.17 ID:/W3Imx9jd
これは流石に捏造

続きを読む

巨人OB鈴木尚広氏が11連敗に緊急提言「アクションを起こせ!」

転載元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1496792115/

20170502-OHT1I50127-L
1: 風吹けば名無し 2017/06/07(水) 08:35:15.71 ID:I6yujIAO0
去年オフに引退した元巨人の“走のスペシャリスト”鈴木尚広氏は緊急提言をする。

「連敗するとチームに負の連鎖が生まれる。ああ、きょうも負けるのか、と、どこかで一人が思うとチームに伝わってしまって、
モチベーションが下がる。下を向き、口数も少なくなる。練習では明るくふる舞っていてもついつい陰になる。
追い込まれ、負けられないというプレッシャーから、とんてもないミスを犯してしまうものだ。流れを取り戻す方法に明確な答えはない。
しかし、勝負には待ったがないのだ。やるべきことをやり続けること。奮起、発奮。静かにやっていれば静かに終わってしまう。
もがいてアクションを起こせと言いたい。もしかしたら流れが変わるかもしれない。そういう姿勢をファンの方々は見ているのだ。
人生は、うまくいくことばかりじゃないが、それをはねのける姿勢を選手は見せなければならない。私は苦しいときこそ笑っていた。
人のいないところで笑っていた。ネガティブなことはしない。ダメだとも口にしないことだ」

鈴木氏も現役時代の2006年に10連敗を経験した。原辰徳監督が復帰して1年目のシーズン。
開幕ダッシュに成功して貯金「12」もあったが、高橋由監督、阿部慎之助、小久保裕紀らが
故障離脱したことから戦力がダウン、今年と同じく交流戦から連敗がスタートした。

「交流戦からズルズルと落ちて立て直しができなかった。まだ当時の打線の方が今よりも良かったが、投打のバランスの悪さは似ている。
今は打線の不振だけでなく中継ぎのコマも足りない。それでも当時、連敗中に原監督は、前向きなことし言わなかった。
とことん沈む経験をして、弱いな、これが自分たちの実力なんだと、という現状を身を持って感じて受け止めた。己を知るということが大事だった。
現状を突きつけられ実力差を感じて自分たちに何が足りないかを知ると練習に身が入った。勝ちたいと思った。それが2007年、2008年の連覇につながった。
これくらの連敗をしないとわからないこともある。僕らも、それを経験して次に生かした。自分たちが弱いということから目をそむけないことだ。
何が足りないか、どうすればチームに貢献できるか、もっと言えば、どうすれば巨人を変えれるか。
それを真剣に考える選手がひとり、ふたり、3人と増えることが重要だと思う。決断力を身につけるいい機会かもしれない。
批判を受け止めて突き進むしかない」


続きを読む

鈴木尚広「俺だって人間なんだよな」

転載元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1496669997/

20170502-OHT1I50127-L

1: 風吹けば名無し 2017/06/05(月) 22:39:57.21 ID:GR7vgCf60
二宮: 横浜DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦のことをうかがいます。9回無死一塁から代走で出て、そこで鈴木さんは牽制で刺されました。この瞬間を見ていましたが、「エッ、まさか」という感じでした。
鈴木: あのときはもう自分が自分じゃないというか、最初の牽制のときから投手と合ってない感覚があったんですよ。

二宮: 相手の田中健二朗投手と?
鈴木: あまり対戦したことがない投手ですが、それは関係ありません。感覚が合ってない中で、それでも勝負しなきゃいけない状況でした。
そこで気持ちが整理できないままだったのが原因ですね。結局は自分のミスなんですが、チームには非常に申し訳ないことをしました。ましてやCSですからね……。

二宮: 昨シーズン、10度の盗塁を失敗なく決めていた鈴木さんでも、ああいうことがあるんですね。
鈴木: いつも完璧だと思われていたから、そういう部分では少しホッとした感じもあります。"オレだって人間なんだよな"って思いました。

6: 風吹けば名無し 2017/06/05(月) 22:41:45.75 ID:GR7vgCf60

続きを読む

鈴木尚広さん「一流にならなくてもいい。僕は超二流」

1 :風吹けば名無し 2017/05/13(土) 10:41:33.67 ID:N8MJlrE1H
さすが鈴木さん かっけえ

「超二流でいい」― “神走塁”鈴木尚広が東京五輪目指す女イチローに持論
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00010007-fullcount-base

山田「二流が一流になるにはどうしたらいいですか?」

鈴木「超二流でいいんじゃない? 一流にならなくてもいいと思う。僕は超二流。一つのことをやるしかないから超二流でしょう。何でもできるのが超一流なわけだから。だから、超二流でもいい」

山田「二流が一流になる必要はない?」

鈴木「組織において欠かせない存在になればいい。スタメンで出る人、途中から出る人、チームにはいろいろいるし、立ち位置も違う。スタメンだけが野球の場合は超一流。それでも、野手なら代打、代走、守備固め、投手なら中継ぎ、左のワンポイント、抑え、ロングリリーフ、そのポジションで必要になればいい。僕は走攻守において走塁で必要とされてきた。超二流でも欠かせない存在になれば、チームにとっては一流だから。山田選手は一流の存在。一流の人は影響力もあるし、言葉にも責任も出てくると思うので、若い選手にそういうことを伝えてあげることはいいんじゃないかな」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00010007-fullcount-base&p=3

20170513-00010007-fullcount-000-2-view



2 :風吹けば名無し 2017/05/13(土) 10:42:08.67 ID:Mbu28mlNa
発言スタメンの仲間入りやね

続きを読む

代走の切り札鈴木尚広さん、鈴木尚広オフィシャルサイトオープン記念交流会を開催してしまう

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1493019878/
1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 16:44:38.21 ID:K9ISMy0z0.net
現役時代は主に「代走屋」として通算228盗塁をマーク
巨人で走塁のスペシャリストとして活躍し、昨年限りで現役を引退した鈴木尚広氏がオフィシャルサイトを開設。
5月14日に「鈴木尚広オフィシャルサイトオープン記念交流会」を開催することが分かった。


鈴木氏を囲んでの立食形式のパーティで、トークショー、質疑応答、歓談、交流、景品抽選などを予定。
オフィシャルサイト上で5月10日まで参加者を募集するという。

鈴木氏は1996年のドラフト4位で相馬高(福島)から巨人に入団。2008年は105試合出場で打率.304、30盗塁、2009年には自己最多122試合出場で打率.262、25盗塁をマークした。
キャリアを通じて、高い盗塁技術を生かして勝負どころでの「代走屋」として活躍。通算228盗塁で、成功率は82.9%を誇った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010022-fullcount-base

20170424-00010022-fullcount-000-1-view



7 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 16:47:05.21 ID:T12qnHfEd.net
ダルビッシュなら10万払っても行きたい


8 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 16:47:11.71 ID:4Yf8QfmRM.net
いうほど代走屋してたか?

続きを読む

【速報】神の足が小林に助言!「WBCの小林を捨てろ!」

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1493010935/
1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 14:15:35.51 ID:ZpptR2Qbd.net
さすが神の足やでぇ……


 昨季まで小林と共にプレーしていた元巨人で現在評論家の鈴木尚広氏は、「WBCの小林は捨てろ! 開き直れ!」と、一風変わった檄を飛ばす。

「ベンチが求めているのは、バッティングじゃない。打てるキャッチャーは理想だが、3割に30本、40本を打つ阿部慎之助のようなバッターにはなれない。彼に求められているところは違うと思う。彼の強み、魅力は、守備力だ。長所はメジャークラスと言っていいほど圧倒的なバズーガーのような肩で、バッティングはおまけと思えばいいのに、WBCで結果を出したことで自分を苦しめてしまっている。本人も周囲も、見る目が変わってしまったのかもしれないが、バッティングで悩みすぎて、シンプルにプレーができていない。打ちたい、打ちたいと、気持ちがはやってバッティングが狂っている。“WBCの小林は捨てて、開き直れ!”そう言いたい。極論だが、バントや与えられた役割に徹底して、バッティグは捨てて、盗塁阻止率ナンバーワン、ゴールデングラブを目標にすればいい。キャッチャーとしてチームを引っ張っていかねばならない」

 小林の昨季の成績は打率・204、4本、35打点。鈴木氏は「その数字に少しづつ上積みするくらいの気持ちでいい。それよりもまず守備の方だ」と繰り返す。

以下記事全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000001-wordleafs-base
出典元:THE PAGE 4/24(月) 12:00配信

20170424-00000001-wordleafs-000-3-view



2 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 14:16:14.88 ID:SzVDKDLa0.net
なんJご自慢の鈴木尚広やん

続きを読む

鈴木尚広さんトークショー、大阪・藤井寺で4月23日に開催

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1489195866/
1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 10:31:06.53 ID:iZdNgsVd0.net
鈴木尚広さんトークショー、大阪・藤井寺で4月23日に開催
2017年3月10日17時20分  スポーツ報知

 元読売巨人軍の鈴木尚広さんのトークショーが大阪・藤井寺で開催されることになりました。

 入場料は2000円(税込)で、月刊ジャイアンツ5月号と4月24日発売の6月号、プロ野球選手名鑑(計1400円相当)が含まれます。

 近日、申込フォームをオープン。当ページでご案内します。ふるってご参加ください。

http://www.hochi.co.jp/giants/20170310-OHT1T50119.html

20170310-OHT1I50071-1

なぜ大阪なのか

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログについて



トップ絵はTSUYOSHI様に描いていただきました。

TOPE1.jpg

おすすめの記事
記事検索
月別アーカイブ
おすすめの記事
スポンサードリンク