軟弱登山のすすめ

登山が趣味の山の古本屋軟弱古書店のオヤジの、のんびり山歩きを楽しむページです。
雨や山に行けない休日に、ゆっくりウィスキーでも舐めながらご覧ください。

5
超久しぶりに富士山頂に行って来ました。と言っても富士宮五合目からですが^^;。台風の影響でガス、時折小雨が吹き付けましたが低音にはならず、やや暑いくらいでした。

コースタイムは、
五合目8:04→六合目8:19→新七合目9:01→元祖七合目9:30→八合目9:59-10:10→九合目10:37→九合五勺11:01→浅間大社奥宮11:30→剣ケ峰11:48
下りは、
奥宮12:29→五合目15:15

アルバムはこちら、インスタからどうぞ
https://instagram.com/p/Bm24WNllk2q/

八合目あたりから、少しふらつく感じでしたのでアンパンを食べて小休止。大きく息を吸い、足を丁寧に運ぶ事を心掛けました。

下りは宝永山を回る、いわゆるプリンセスルートを行きたかったのですが、午後からガスが出るとのことで、元来た道を下りました。


IMG_20180724_153325

7月は北アルプス最深遠、雲ノ平から裏銀座を縦走しました。
コースは
7/23 晴 折立7:45〜太郎平10:52-11:20〜薬師沢小屋14:12
7/24 晴 薬師沢小屋4:58〜雲の平小屋8:00〜祖父岳9:30〜水晶小屋11:32
7/25 晴 水晶小屋6:06〜東沢乗越6:58〜竹村新道分岐8:36〜野口五郎岳9:31-48〜烏帽子小屋12:51
7/26 晴 烏帽子小屋4:53〜烏帽子岳5:50-6:15〜不動岳9:21-44〜船窪山12:55〜針の木谷分岐13:52〜船窪小屋14:58
7/27 晴 船窪小屋4:43〜北葛岳6:43〜北葛乗越7:42-52〜蓮華岳9:40-50〜針ノ木小屋10:45-55〜雪渓取付12:05〜大沢小屋13:23-58〜扇沢14:58
アルバム
https://instagram.com/p/BlwQVvoF1Tb/(インスタから)
五日間とも見事に晴れ。暑くて暑くてこんなに暑いシーズンも珍しいと小屋番の弁。 烏帽子から蓮華は心してかからないと、裏銀座のんびり縦走なんてわけには行かない。道中出会った人曰く「大キレットより歩かせてくれる」とのこと。雨の日は嫌だね、という人も。崩壊地の谷側に傾いたザラザラの細い道が待っています(😿)
IMG_20180725_190607

P8262986


今回は富士山は登ったけどほとんど登山初めてという人たち三人と計四名です。なんとなくリーダー的な立場にならざるを得ないので、何度も通った立山に行ってきました。

今年の8月は好天に恵まれずこんなに晴れ上がるのはこの日が初めてと小屋の人は言ってましたが、予報では10mの風。一ノ越から雄山へはたくさんの人が行きかっていましたが大半の人は両手も使いながらの登山、そう、風で立っていてもバランスを崩しそうになるためです。

でも雄山を過ぎると風も弱まり、剣を仰ぎながらの稜線散歩。その日は剣御前小屋泊。見事な夕焼けと満天の星空を満喫。翌日は稜線を新室堂乗越まで下り雷鳥平からみくりが池温泉入浴でかえりました。

さて新人三人は?というと、富士山経験があるのでそこそこ歩くだろうと思ってましたが、少しきつかったみたいです。風の影響もありますが、ソールの薄い靴の影響が大きいと思いました。新人さんは一度試しに山に行ってから登山靴を買うか検討するみたいでつまり、登山を続けるかどうかということですがこのコースは本格登山道なので柔い靴では足にきます。とりあえず天気は最高でしたのでこれに懲りず、装備を揃えて山登りを続けてもらいたいものです。

写真やコースタイムなど詳しくはこちらをクリックしてください(ヤマレコ)

P7072923


7月上旬にロープウエイを使って日帰りで木曾駒ケ岳にいってきました。
千畳敷からの宝剣岳界隈だけだといくら軟弱登山とはいえちょっと気恥ずかしく、なんかあまり人の行かなさそうなところがないかな、と地図を見ていたら「濃ケ池」というなにやら別天地のようなところを発見!千畳敷まで快調に登り、そのあとは緩やかに下って「濃ケ池」を目指しました。

ところが、宝剣荘から夏道なら1時間もかからないコースタイムの緩やかな下り道のはずが、途中からべったり固く締まった残雪のトラバースとなり、なんと一時間以上もロスしてしまいました。ストックと軽アイゼンのみ。万一滑落したら停止できるかどうか、微妙な斜度と雪の固さ。ズボ足キックステップのほうがよさそうにも思えましたが、軽アイゼンとストックにすべてを託しました。

都合、沢筋の短く見積もっても100メートルくらいのトラバース5本ほど、やっとの思いでたどりついた「濃ケ池」は雪解け水が豊富に流れるやはり別天地でした。下界の暑さにすっかり初夏の山の残雪を忘れていたのか、準備不足に泣いた山行でした。

コースや詳細は、YAMAPよりどうぞ


このページのトップヘ