2014年01月

キリシマテンナンショウ(ヒメテンナンショウ)

キリシマテンナンショウ(ヒメテンナンショウ)
キリシマテンナンショウは、九州中南部に自生するテンナンショウです。
普通目にする花は、紫黒色の濃い色の花ですが、宮崎県中部以北からは、淡色系から緑色まで花色が多彩な個体が見出されています。

キリシマ小型2



















宮崎県中部の山地に産する個体です。
草丈低く緑花タイプ。さらにウラシマソウのように小球も作り増殖します。

キリシマ小型3



















桃褐色の個体です。これも小球が出来るタイプのものです。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

884-0003  宮崎県児湯郡高鍋町南高鍋8663

 南 九 州 植 物 園  脇 田 洋 一

  0983232286 携帯09088384252

メール nankyu@nankyu-pg.jp

ホームページ http://www.nankyu-pg.jp/

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

nankyupgnankyupgコメント(1)トラックバック(0)  

草木変異図譜 No.069 ネムノキ白散り斑

No.069 ネムノキ白散り斑
ネム曙

















春芽たちは、白色の総散り斑で立ち上がります。
後に緑色部分が多くなり、最終的には緑葉になります。
性質も丈夫で栽培も容易、とても観賞的にも優れた一品です。


苗の在庫があります。  お問い合わせください。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

884-0003  宮崎県児湯郡高鍋町南高鍋8663

 南 九 州 植 物 園  脇 田 洋 一

  0983232286 携帯09088384252

メール nankyu@nankyu-pg.jp

ホームページ http://www.nankyu-pg.jp/

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

nankyupgnankyupgコメント(0)トラックバック(0)  

ミミガタテンナンショウ

ミミガタテンナンショウ
本州や四国で自生するのは知られていますが、九州にも自生しています。
この画像は2011年3月末に撮影した画像で、大分県南部の自生地です。

ミミガタ-1



















紫赤味の強い個体です。明るくきれいな色です。

ミミガタ-2



















黒褐色の個体です。大きく張り出したエラ部分特徴がよく出た個体です。

ミミガタ-3



















茶色味の強い個体です。大型になります。
緑色の個体があるようですが、この時は見つけられませんでした。
今年はまた訪れたいと思っています。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

884-0003  宮崎県児湯郡高鍋町南高鍋8663

 南 九 州 植 物 園  脇 田 洋 一

  0983232286 携帯09088384252

メール nankyu@nankyu-pg.jp

ホームページ http://www.nankyu-pg.jp/

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

nankyupgnankyupgコメント(0)トラックバック(0)  

自生地NOW 014 トイミサキカンアオイ串間

NO.014 トイミサキカンアオイ串間

大隅半島のトイミサキカンアオイを見た1週間後、宮崎県の串間市にトイミサキカンアオイを、観察しに行ってきました。
ここがよく知られている自生地です。状況の悪さに絶滅の危機を感じました。

トイトイ-3

















大隅半島のような大株は見ることができませんでした。


トイトイ-5

















葉柄も伸びた状態で、光量不足が否めません。


トイトイ-2


















傾斜が厳しく、杉が植えられていますが、手入れはされず、広葉樹が茂り始めています。
今後さらに広葉樹が成長すると、自生地は暗くなり、トイミサキカンアオイの減少が考えられます。
対策されるはずもなく、これが現状です。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

884-0003  宮崎県児湯郡高鍋町南高鍋8663

 南 九 州 植 物 園  脇 田 洋 一

  0983232286 携帯09088384252

メール nankyu@nankyu-pg.jp

ホームページ http://www.nankyu-pg.jp/

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

nankyupgnankyupgコメント(0)トラックバック(0)  

新カンアオイ名花選 No.071ナンゴクアオイ青軸

No.071ナンゴクアオイ青軸
ナンゴク青軸



















ナンゴクアオイは宇治群島宇治島(家島)自生するカンアオイで、自生地では結構大きな株になり、群生しているようです。
写真の青軸個体は、実生より偶然発生したもので、親株は並軸個体です。
この親株から実生を行うと、数本の青軸個体が得れるようです。
花は素心に近いものも現れるようですが、完全なものはまだ目にしていません。

苗の在庫があります。  お問い合わせください。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

884-0003  宮崎県児湯郡高鍋町南高鍋8663

 南 九 州 植 物 園  脇 田 洋 一

  0983232286 携帯09088384252

メール nankyu@nankyu-pg.jp

ホームページ http://www.nankyu-pg.jp/

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

nankyupgnankyupgコメント(0)トラックバック(0)