ナンパ師になるお!

2次元の申し子と化していたやる夫が人生逆転を目指してナンパに勤しみます。

2011年09月

【スト記録その4:9/29】初即達成


めちゃくちゃビックリです。。。
なんと4回目のストにして初即達成してしまいました(*´д`*)ハァハァ



この日は仕事で遅くなり10時過ぎに戦地へ。

出来れば9時~12時の3時間1セットをやりたいと考えていたので、
ストる時間が少なくなってしまい若干('A`)になりつつも
とりあえず街を一周して下見。


残念ながらその日はスト仲間は見つからず
とりあえずウォーミングアップがてら可愛い子を探していたら
ずーと行ったり来たりふらふらしてる子発見ヽ( ・∀・)ノ


本来ここで見つけたらすぐに声かけるべきなのですが、
道の真ん中でふらふらしてるので、通行人が多い!

通行人の目がヤバくて縮こまってしまい、結局なかなか声がかけられず(|| ゚Д゚)


その後移動を始めたので、後ろから様子をうかがい声かけしようとしたら
友達と合流(# ゚∀゚);y=ー(・ω・)・∴ターン


なんだよ・・・家出少女だったら満喫でも連れ込んでぐへへ・・・とか
考えてたのに('A`)


というわけで、気を取り直してとぼとぼ歩いてたら
かなりまったり歩いてる子を発見。


はじめはちょいシカトされましたが、キャッチやホストでないことを伝えると
警戒も解けたのかやたら積極的に絡んできた。


で、ありがたいことに相手から立ち止めトークの状態に持ち込まれ
お互いの情報を聞き出していると、彼女に電話が。


それがなんとさっき飲み会してきた男からのようで、
俺がストってたのを見て彼女に電話かけてきたようです:(;゙゚'ω゚'):


ま、そんなことにもめげもせず
「そいつには彼氏って言えばええやん?( ・∀・)」
という感じであたかもカップルと思うようにレッテル貼りまくり、
タカさんオススメのカラオケに行こうと打診したところ快くOKが。


彼女曰く「さっきの飲み会の奴にホテル行こうって誘われたけど行かなかった~」とのことですが、

会って5分ぐらいしか経ってない男とカラオケに行く方がどうなん(ry


そんな感じで凄まじい食い付きを見せてきてギラ初体験の俺ですら
簡単にギラギラできちゃうような状態で、
もはやこれで即れないという方がありえないだろjkという状態に。



その後場所グダ発動し、無い知識を頼りに初ホテルへ行って即完遂( ´ー`)フゥー
ラブホってああいう風になってるんですね( ゚д゚)ポカーン



賢者タイム後の冷静さはやばかったですワラ

         ____     
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡) \      ハァハァ
     /::::⌒(__人__)::: \   セックスマジやべーだろjk   
     |     |r┬-|     |      
     \      `ー'´     /






       ____
    /     \
   /  ─    ─  \      「・・・・・・・・・・」
 /    (●) (●)   \   
 |       (__人__)  |  
 \     ` ⌒´   /  



なんか、飲み会で頑張って彼女を狙ってた男は一蹴にされてるのに
その子を美味しく頂いてるということで、
危うく寝取り属性に目指そうになりました(´∇`)ケラケラ



そんなこんな立った一晩で色々経験できました。
これもHNSをひたむきにやり続けたお陰ですね。

これでもう腐った日々とはおさらばだぜ、ヒャッハーヽ( ・∀・)ノ




■ナンパ活動時間 1時間(総計9時間)
声かけ数 1
番号ゲット数 1
返信数 0
連れ出し数 0
即数 1

【スト記録その3:9/27】3声かけ2番ゲ成功!


ちょっと時間が経っちゃいましたが更新。


やっぱりスト記録はその日の内に記事興すのが大事ですね。



それと、お仕事の都合上基本的に偽装した設定を使っているので

どの子にどんな設定で話しちゃったかというのを記録しないと、

次のアポ時に空中分解しちゃう可能性が。。。



出来るだけ一貫した設定で行けるようになりたいもんですが、

年上好きと会話で聞いたら相手の年齢+1,2で行ったりとふらふら変えているので( ´ー`)フゥー



そんなこんなで、HNS専用にエクセルでファイルを用意して

ストった子のデータをすべて蓄積中です笑



1年後にはこの闘いの記録もとい個人情報の宝庫がどこまで伸びるのか楽しみですw(ぇ


HNS始めるまでは女の子の番ゲとか本当に無縁でしたからね。




で、そろそろ本題に戻りその日のストの記録を書くことにします。



この日は仕事も終わり人生初完ソロに出向きました。


まずは教科書の教え通り、今日の戦場の状況を調査。


そこまで変わったことも無く、人の混みようも普段通り( ・∀・)



で、終電的なアレで2時間程度しか猶予が無かったので

ウォーミングアップも兼ねて、駅に向かって歩く黒髪の子に声かけ。



文章に興すと意外とシンプルでしたが、実はこのとき初完ソロということもあり

なかなか最初の1声かけ目は緊張しましたw


幸いガンシカされることは無く、話もちゃんと聞いてくれたので順当にトークを進めたところ

相手が彼氏が迎えに来るの待ちだったと判明( ゚д゚)


しかし、男がいたところで俺には関係ね―ぜってノリでなんとか会話を続け

友達から始めようというポイントに収まり番ゲに成功し、解散。


「自分は無理だけど友達紹介してあげるよ」って言ってくれたのでいい子でした(´∇`)




ここで、初っ端の声かけで番ゲ打率10割という数字に気分も良くなり


お次は社会人っぽいスーツのお姉さんに声かけ。



最初はビックリしてましたが、自分も社会人(という設定w)で怪しい者じゃないことを伝えると


相手から立ち止まってくれてトーク開始。




が、会話を進めていくとこの子も彼氏持ちだと判明ヽ(;´Д`)ノ ノワーン


そしてこれまた「可愛い友達を紹介してあげるよ」と言われてデジャブ発動。



そこでとりあえず番ゲしようとしたら、「ここにメールしてください」と会社の名刺を渡される。


で、よくよく名刺を見てみると


取引先の企業キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



会社とかで会う可能性もなきにしもあらず。


普通に顔を知られてしまったので、偽名設定を使ってる以上これは不味いと


適当に解散に持ち込み、またメールしますね^^と言って解散w



相手から名刺ブーメランを貰いましたが、返す気にはなりませんでした(# ゚∀゚);y=ー(・ω・)・∴ターン




ここまでで、かなり一人当たりと長時間トークをしていたので


時間的には後1声かけ出来るかどうかの状況に。




というわけで、そのまま駅の交差点に向かい、赤信号で自分の隣に立ってた子に声かけ。


これが後の初アポの相手でした(アポの記事はこちら



声かけの最初は今からクラブ行くからと素っ気ない反応でしたが、


クラブ行く友達待ちと判明し、「自分もあとちょっとで終電までやから」と


駅まで立ち止まりトーク開始。




この頃にはランナーズハイなのかなんなのか饒舌に話せるようにもなっていたので、


関西のノリで頑張って相手の情報を聞き出しまくりました。



そうして、ある程度仲良くなった頃に相手も友達が到着して解散。

もちろん番ゲはいわずもがな成功(*´д`*)ハァハァハァアハァ




こうして、イチローもビックリの打率6割を発揮し、初完ソロは幕を閉じました。





ナンパ活動時間 2時間(総計8時間)
声かけ数 3
番号ゲット数 2(名刺ゲット1)
返信数 2
連れ出し数 0
即数 0

良かったところ
・初完ソロ達成
・高い番ゲ率達成
・関西のノリでそれっぽく話せるようになった
 

反省点・改善点

・一人当たりのトークの時間を調整して、声かけの母数を増やす。

【スト記録その2:9/25】5番ゲ成功!


2回目のストは全体講習回も兼ねていましたが、


12時集合にも関わらず




         起床
         ____ 
       /::::::::::  u\ 
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\      
    /:::::::::: ( ○)三(○)\   
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  | ________ 
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ .| |          ...| 
    ノ::::::::::u         \ | |  AM10:30    .| 
  /:::::::::::::::::      u     | |            | 
 |::::::::::::: l  u             | |           | 
 ヽ:::::::::::: -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________.| 
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  | 




という有様orz




普通は風呂入ったり、髪やったりの準備とか移動込みで


2時間はかかるので相当焦りました。






そんな状態で、久しぶりにフルスペックを発揮し
なんとか12:01に集合場所に到着w



全体講習会とういことは、駅前に石原軍団ならぬ佐藤軍団が50名とかワラワラ集まってるのかと思いきや、

意外に少数精鋭という感じで、先輩方と初顔合わせ。(そんな居たら不審者集団ですね(´∇`)ケラケラ)




ここでスト先輩であるタカさんと初めて顔を合わせましたが、快く迎えて下さり

怖い人だったらどうしようと緊張してたオレにはめちゃくちゃありがたかった( ●´Д`●)ポ




その後は、移動し準備を経てさっそく戦場へ。


今回は同じスト初心者の仲間や校長、タカさんもいたので

自分も負けずと初っぱなから頑張りましたw





その甲斐あってか、声かけてガンシカされることは少なく

アドレス交換にはいたらずともブーメランはいけるようになり、

徐々に番ゲにいたる子も増えていきました。




とりあえず数を稼いでなんぼと思っていたので、多少ゴリ押しで番ゲした感のある子は

いたものの、最終的には5番ゲ1連れだしまで成功し、まずまずの成績(*´Д`)




そういえばスト中にHNSとは関係ないソロでやってるおっさんハケーン( ゚Д゚)しましたが、


見た目が完全に秋葉装備ヤン( ゚д゚)





しかも、楕円描きながら歩いてくる人に声をかけまくってる( ゚д゚)ワラ

見た目と声かけはアレでしたが、あのメンタルは見習いたいものですネ。





それに、彼を見てて気づきましたが

一度声かけられた子に、「さっき声かけられてたけど大丈夫?」みたいな感じで声かけると

ガンシカされることはほぼなく、なおかつ好感触な返事が返ってくることが多い!( ・∀・)


その例として、最後の方でおっさんに声かけられた子を追いかけ、

「困ってそうやから助けてあげようと思ってたんや」みたいな感じで声かけをしたら

連れ出しに成功しましたからね(´∇`)ケラケラ





で、こうして記事にしながら振り返っていて思ったんですが

ストって究極的には女の子褒めてるのと同じような気がします。



対外的に、社交辞令として「綺麗ですね」とか「可愛いですね」って言っても

相手もそれはお世辞なんだろうな~って薄々感じながら受けるものなんで、

喜びとしてもある程度までしかならないと思うんですが、

ストって男が本当に気に入った子にしか声をかけないわけですから、

そのフィルターに通って声をかけられたという事実そのものが

あなたは綺麗ですよっていうのを伝えてると思うですよネ( ・∀・)



だから、世の男性諸君、スト=女の子を褒めることだと思えばいい!!(ぇ





ちゅうわけで、仲間と一緒に頑張れるとやっぱり成果に繋がりやすいと再認識。





■ナンパ活動時間 3時間(総計6時間)

声かけ数 10
番号ゲット数 5
返信数 5
連れ出し数 1
即数 0
良かったところ
・スト仲間が出来た
・ある程度声かけに慣れた
・文章が崩壊せずに話せるようになった
 

反省点・改善点

・好みじゃなくても数稼ぐ為にゴリ押しして無理やり番ゲしてしまった子もいた

・声かけのトークをある程度覚えておく
 
・周りからナンパをしているように見られないよう意識する




【スト記録その1:9/22】


健   夢をあきらめない         ガンシカでも再チャレンジ    ストレスをプラスの力に
康            飽きるまでセックス           現状に甘えない    逆
体   「佐藤さんのような人になりたい」         向       つかみとれ   境
           校長へ恩返し              上               が
       なに                        心   這い上がる     い
       り、              なんどだってやってみせる            い
出来るさ  たな  そんな事もあるさ
       いる                     / ̄ ̄ ̄\  何もやらなかった、今までの自分
       自   常に自分を鍛える       /\    / \     先輩へ、感謝の気持ち
       分                    /  <●>  <●>  \ 未
 「ヤりたいこと」を「ヤれること」に      |    (__人__)    | 来  人生をあきらめない
                            \    `ー'´    / へ
     人生は自分で切り拓け        /             \ 挑   ゴムは財布に
                                          戦
                      やってできないことはない!!




というわけで、これがスト生活の記念すべき最初の日、人生を変える1歩となりました。




この日はマンツーマン指導の第1回目ということもあり、
ストる前にまずはルックスを大改造することに。




【現状】


       ____

     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  服とか、かあちゃんがシマムラで
  |     (__人__)'    |   買ってくるのしか着たことねぇお…
  \     `⌒´     /




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でもストる女の子達のセンスにあわせた
  |     (__人__)    |   服装じゃないと相手にされないらしいお…
  \     ` ⌒´     /




   ↓校長
   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \ 
 |    ( ●)(●)
 
|     (__人__)  「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 
  |     ` ⌒´ノ  
  |         } 
.  ヽ        } 
   ヽ     ノ        \ 
   /    く  \        \ 
   |     \   \         \ 
    |    |ヽ、二⌒)、          \






、というわけで今まで2次元に逃避して服なんて買ったこともなかったピュア童貞でしたが、
校長と阿部さんに服を見立ててもらい完全装備が完成。




                      /.⌒ヽ
                     /    ..\    ←ウィッグ
                   ../      ヽ. \
        / ̄ ̄\      (./       .ヽ. )
      /       \     /         l" 
      |::::::        |  .ノ           l  ウィッグとか初めてだお・・
     . |:::::::::::      |  |  ─    ─   .::|  違和感ありすぎだろ・・・・・
       |::::::::::::::    | .| (●)  (●) .:::::|
     .  |::::::::::::::    }  |  (__人__)  ..:::::::|  
     .  ヽ::::::::::::::    }  ヽ.._ ` ⌒´     _,ノ
        ヽ::::::::::  ノ    |          \
        /:::::::::::: く     | |        |  |
-―――――|:::::::::::::::: \――┴┴――――-┴┴――







こんな感じで、人生初のウィッグも経験し、
無事に完全装備も整い、意気揚々と初ストへ。







が、






ーー現実ーー


       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \   「緊張して声かけられねぇ・・・・」
    /  <○>  <○>  \.
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /
    /              \






実際、もやしのメンタルであった俺には初声かけはかなりハードルが高く
当初は相当緊張していましたが、
なんとか先生の応援もあり、少しづつ声をかけられるようになりっていきました。


しかし、声をかけてはみたものの
かなり緊張しており


オレ「自分いくつなん?なんか大学2年っぽいすごい若そうな雰囲気ただよってたでw」
女「22だよー、大学4年w」
オレ「そうなんやw やっぱり大学4年っぽい大人の雰囲気出してたからな~」
「えw,さっきと言ってること違くない?w」
オレ「あくぇdrftgyhujikolw」



とまぁ、最初はこんな感じで何言ってるか訳わからん奴になってましたが、
回数を経る毎に徐々に慣れていき、スト開始から1時間ほどでなんと1番ゲに成功。



ちなみにマンツーマン講習では校長が常にストを見て指導を行ってくれます。




   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \ 
 |    ( ●)(●) 
. |     (__人__)  ストる時に緊張して前傾姿勢になるのはよくない。 
  |     ` ⌒´ノ   女の子ほうばっかり見て歩いてて
.  |         }       やくざに当って絡まれたら人生終わるだろjk・・・・・・ 
.  ヽ        }           
   ヽ     ノ        \ 
   /    く  \        \ 
   |     \   \         \ 
    |    |ヽ、二⌒)、          \ 


という感じで(※もっと指導は丁寧かつ優しいのであしからず※)


自分のナンパを見て、リアルタイムにフィードバックを送って下さるので
良いところ・悪いところがスグに分かり、徐々にストにも慣れていきました。



そうしてさらに2時間ほど声かけを続け、
医学部在籍の女子大生と仲良くなり2番目の番ゲに成功。

そのままスタバで飯食いたいと言って解散しようとしたところ、
相手が付き合うと言ってきたので逃れられずに流れで連れだしに。


ぶっちゃけ緊張で何を話していたかよく覚えていないが、
なんとか良い感じに切り上げ、第1回目のマンツーマン講習とストは終了。



        ___
      /      \
   /          \   やべーお、初ストで2番ゲ1連れだし出来たお
  /   ⌒   ⌒   \  校長と阿部さん神すぎだお
  |  /// (__人__) ///  | 
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ






■ナンパ活動時間 3時間(総計3時間)

声かけ数 10
番号ゲット数 2
返信数 2
連れ出し数 1
即数 0
良かったところ
・ルックスを改善
・ある程度声かけに慣れた
・2番ゲ、1連れだし出来た

 
反省点・改善点
・最初から最後まで一貫した設定でストらないと
女の子によって設定がコロコロ変わって覚えるのが大変になる。

・テンパって自分が話してることが矛盾したりする。
そのため、出来るだけ自分の会話に整合性を持たせる。

・ゴムは常に財布に。

・声かけのトークをある程度覚えておく
 
・周りからナンパをしているように見られないよう意識する





こんな感じで波瀾万丈のスト生活が始まることとなりました。


これから頑張っていきますので、
興味を持たれた方はどうぞ温かく見守って頂けますようよろしくお願いいたします。





圧倒的・・・・ストッ!!!

【注:この物語はフィクションです】










ーーーーーーーーーー時は2011年8月ーーーーーーーーーーーーーー









                      ↓おれ

 ///      /| |::l .|l  |ヽ  ヽ\
   /        /::::|.|:::l |::| |/\ \\             あ~、彼女出来ねーーーー!!!
.  | /    ./::::::::l|:::::l |".l |/::::::::ヽ、_\ヽ__
  |.l.| l   /::::::::::::|/ i /l| _,,、、-  ~  ::::ヽ ヽ/⌒ヽ、   ハァ……リア充どもうぜぇ……
  || | .|l  /\::::: ヽ /,、-'''"        :::::::ヽ ヽ'⌒ヽ.ヽ
  . | |.| | /  \  〃          i.l ::::::::ヽ ヽ'⌒| .|    ちょっとだけ……
.    |l |l    \ ;;; ヽ、  ,,、'      ij  :::::::::ヽ ヽ、_ノ |      ちょっとだけエロ動画で慰めても……
           /:::::    ‐''~         ::::::::::::ヽ ヽ、_ノ           いいよな…?……
          / ,':::::::             :::::::::::::::::ヽ ヽ
         / ,':::::ij:::::: U    `ij     :::::::ij:::::::::l;ヽノヽ
        / ,':::::::::::::::::             :::::::::::::::::l;;;:::::: ヽ
       / ,'::::::::::::::::_::`)       _,,、-'''´~~`ヽ::::::::::l;;;:::::: ヽ
      / :::::::::: ''~ノ    __,,、-‐´   _、、-‐':::::::::l;;;;:::::::u ヽ
      `''''    `''-'、~    _ 、-‐´    :::::::::::::::l;;;;;;:::::  ヽ
                `r‐''' ´       :::::::::::::::l;;;;;;;;:::::   ヽ









シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ















   /::://:::! /-=、 ,// u / _,,.-ゝ. 「ヽ l    ! , l ハァハァ……
  /::_;イ-‐=レ'==ミ"   '∠-==ヽl=ヽlヽ  レ'レV
/::::::::..、   o   ,≡:::::::〈、  o   ,  :|│ リ '  ハァハァハァ……
::::::::::::::::: ` ー--‐ '´三 :::::::::ヽ`::ー-‐:'.´   |│ l
:::::::::::::::    ニニ  ::::::::::::::ヽ::::::::: U  |│ !   あっ!やばっ…!
:::::::::::::::U  ̄ ̄   U::::::::::::::::ヽ::: u   |│ .l
::::::::::::::::   U    r‐:::::::::::::::::::::ヽ.    Lノ  |      逝きそう……!











      ___    _
     /::::::::::::::::::\//___
   ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::/
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::ハ::::::::::::::::::::::::\
 |::::::::::::::::;;l /:::/:::::/ |::/ ::::::ハ::::::::::::::: :::|
 |:::::::::::::::ノ//// l/  ∨ レ' \::::::::|
 |::::::::::::::|i!i!i!i!i!ii!i!i!!,,,  i!i!i!i!ii!i!i!|:::::::|
 |::::::::::::::| ____i!i i!ii___ |::::::|
 |::::/⌒l:|  о     l  о    |:|l::::|
 |::( 6 |:|  ̄ ̄ ̄ ̄  \ ̄ ̄ ̄ |:| |::|
 |::::ヾ |:|    J     \      |:| |::|
 |::::::::し|:|         _\    |:|/:::|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |:::::::::::::::|\    _____  |:::::::::| < あっ………出ちゃったっ……!
 |:::::::::::::|  \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:::::::::|   \__________
  |:::::::::::::|   \  J  ≡≡  /::::::::::|
  |:::::::::::::|    \        /|::::::::::|
  ||:::::::::::|     \      / |:::::::::|
  |::::::::|       \    /   |::::::::|
  |:::::::|         `ー- ′   |::::::|
   ;;||||                |||;;














  ∠ -‐ァ       ,、'´  ,.、-'' "           \
    /      ,、'´ ,.、-''´     fi fi ト、      ヾ、 ヽ
.  /      ,、'´.,、''´    /| ,ィ |:| |:l .l_.ン        l`ヾ   バカっ・・・・・・!
 //l    ,、'´,、''´     〈:::レ':|.|::| |::ヽ  /\ヽ  .ト、 |     なんでっ・・・・・・!
〃  |   ,、'´,、'´      n,  \:リ:::リ:::::i| 〈==、 lヾ  | ヽ|     何で出してんだ俺っ・・・・・・!
.   | ,、'´,、'´       | _|f=-、.\ u !|/ヾ.、 〉| |ヽ|       バカっ・・・・・・! バカっ・・・・・・!
.   ,!'´,、'´          r( リ   \!i  〈 o .ノノ| |
,、-'´,、r′    _    N ヾ、 o  》   ヾ ̄  | |        出しちゃったじゃねぇっ・・・・・・!
,、-'´ |    ( r‐ヽ、  | |j~ ゝ==シ  |j.  \.|j~| |       俺っ・・・・・・! 自分に言い訳するなっ・・・・・・!
    |    ヽヽr‐ゝ |   〃"  |ju  U u \| '、       バカっ・・・・・・!
    |     ヽヽ⌒l .|  u ___   r' __ u _) ヽ、  ,、-'´  俺のバカっ・・・・・・! なんでっ・・・・・・!
.   |      ヽゝ-l | |j i´ _` ''ー----‐ァ/  ,.、ゝ''´,、-'´
   |       ゝ-リ   l ̄   ̄ ̄二ニ7.ム-''´ ,.、-'ヾ    ちょっとだけのつもりっ・・・・・・!
   ,'         |\ |j {    ,.、-'´ ,.、-r‐i ''' "´     \/ よせっ・・・・・・!
.  / /          |::::::\ ,,ゝ-'´ ,.、-''´  | l       /
 /〃          |,.、-''´,.、-t''´ ̄``_二ニ! l _.... -‐''´ ,、"   よ せ え っ ・ ・ ・ ・ ・ ・ !
〃/      _,.、-‐'' " ,.、-''´::::::\ゝ- '´ r== l ヽ、  |j ='"´
. / ,.、-‐'' "   ,.、-''´ヽ、  ::::::::`'-、.. u |j |  ヾ     u     そんな気持ちを抱く事自体がっ・・・・・・・!!
/''´     ,、-''´     \   ::::::::::::`''..r-'′   \ U




続きを読む
ご質問
なんでもどんと来いだお

やる夫のブログやHNSに関してご質問がございましたらいつでもお待ちしておりますお


  • ライブドアブログ