yaruo3








 



昨日ブログの記事も更新し、ストは行動しなきゃ始まらんということを胸に刻んだので


今日はほんとに久しぶりにストってまいりました。



仕事帰りにスーツ+コートを着て見た目はどうみてもサラリーマン装備でいつもの場所へ。




事前のメールのやり取りで、どうやらすでにリラックマさん


現地入りされているとのことで合流。



さらに、現地で2名のHNS仲間と合流し、心強い仲間が集結(・∀・)




俺が家で腐っていた間に準即されていたり、声かけのスキルがメキメキ上がっていたりと


俺も負けてる場合じゃねえとかなり刺激をいただきました。




で、久しぶりにリハビリを兼ねて声かけをしてみたのですが、



なかなかうまく連れだしまで持ってけねー!!(´д⊂)‥ハゥ



声かけ自体に多少の緊張もありましたが、一番は連れだしまでの流れをどうしていたかが


曖昧になってしまい、冗長な会話がただ続くだけになってしまうのです。




そんな状況を見て、HNS仲間から、


「声かけ処女」というありがたくない?称号を受け取ることに笑





やはりナンパもスポーツと一緒で日々の積み重ねが大事だと痛感しました。



その点、毎日必ずストに出かけて皆勤賞を取られているHNS仲間の努力は


ただひたすら見習うばかりです。



まぁそのあとは、泳げないなら海に飛び込んでもがいてるうちに泳げるようになるだろう的な理論で


声をかけまくり、なんとかある程度の水準まで会話ができるように回復。




仲間と一緒に地蔵トークをしたり、情報交換をしあったりもしつつ


久しぶりに最高に楽しい時間が過ごせました。




そして、今日のストを通じて再認識したことは


行動するまでのブレーキが一番大きい  ということです。




ぶっちゃけ、ナンパって慣れるまでかなり怖かったですし、


こうしてやらなければなまっていくものなので、


行かなければ行かないほど、より行くという行動を起こすのが億劫になっていきます。



じゃあ、なんでみんなそんなめんどくせーナンパに毎日勤しむのかというと

実際やってみると半端無く楽しいから です。



女の子に声かけてシカトされたり、街中を何時間も歩きまわって女の子とやれなかったりして


何が楽しいんだ?と思われるかもしれませんが、


これは実際にストをしてみなければ味わえない感情です。



生まれて初めて出会う初対面の女性に対して、

たった数分の会話で連れだし、セックスまで持っていく。



これがエロゲーだったら最初から選択肢が提示されていて、

どれを選んでも大体はうまくいきます。それにセーブもリセットもありますし、

攻略サイトを見たり何時間も考えたりもできます。



しかし、ストの相手は生100%のモノホンの人間です。


一瞬の会話をうまくつなげ、連れだしまで持っていくために


脳みそをフル回転させて次の言葉の接ぎ穂を探します。



そして、自分の技術が不十分であれば


相手からはガンシカやグダのようなオブラートに包んでいない生の反応が


そのまま返ってくるのです。




そして、教科書を読んで流れを頭に叩き込み、セリフを覚え、


校長や阿部さん、ストの仲間からリアルなフィードバックを頂き、


数多くの女性に実践し、技術を上げていく。





そうすると、目に見えて女性の反応が変わってくるのです。




理論を立て、仮説に基づき実際にデータを取って、改善を繰り返す。


これはまさに仕事でやってるPDCAサイクルにほかなりません。


ある意味、仕事でやってる数字上のやり取りも生生しい世界がそこには存在するのです




これほどダイレクトに自分の成長を実感できる行為はそうそうないでしょう。






そういうわけで、
ナンパは非常に楽しい のです。





ナンパにしろ何にしろ新しい行動を起こすまでにかかるストレス、つまり心のブレーキは


人間が 変化せずにそのままであろうとする性質に由来するものです。(恒常性:ホメオスタシスって奴です)





しかし、この心のブレーキは最大静止摩擦力と同じです。




これは動き始める前が最も強い抵抗を感じます。



今日、ストをするまでのやる夫はまさしく、

動き出そうとする直前の、一番心のブレーキがキツイ段階に負けて止まっていたのです。



しかし、こうして行動して、ひとたび心のブレーキを外したとき、


緊張やストレスは指数関数的に減少し、代わりにナンパしか味わえない楽しさや


素晴らしい仲間との実りある時間という何者にも代えがたいものを手に入れることができたのです。




こうしてナンパでスキルを身につければ普段の恋愛なんか屁でもないことを


佐藤校長もおっしゃっています。




というわけで、結論としてはやる夫は明日もストに勤しむということです笑





行動できずに留まっているあなたも一歩でいいので行動してみください。

世界が変わることをお約束いたします。




→ ハーバードナンパスクール マンツーマン講座