南国市社会福祉協議会『あんしん生活サポートセンター』のブログ

お問い合わせはこちら TEL【088‐863‐4444】
平日 8:30~17:15
南国市社会福祉協議会 あんしん生活サポートセンター
〒783‐0001 高知県南国市日吉町2-3-28

カテゴリ: 生活困窮者自立支援事業

みなさんこんにちは

だんだん暖かくなり春の訪れを感じますね


さて、今回は令和2年2月22日に行われました
第5回生活困窮者自立支援フォーラムのご報告です


今回は「笑顔ひろがるまちを目指して」をテーマに

南国市の生活困窮者支援のいまを発信しました
少し長くなりますが、ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです


当日は民生委員さんや地域の方、
関係機関の方などたくさんの方が足を運んで下さり
なんと約80名の方にご来場いただきました
椅子や机を追加するほど大盛況でした!!ありがとうございます!


まず、自立相談支援員からは、関わりができる以前/以後の
相談者の心境の変化をお伝えさせていただきました。


不安や葛藤を抱えており、1人で悩んで誰にも相談できない
そんな方々が勇気を出してこちらに相談に来られます。


初回の相談時は、「何のために生きているか分からない」
「仕事をしたいけれど病気があって・・・」などと不安そうな面持ちの方が多いです。


専門機関や地域の方との関わりを通して、
ひとりで抱えていた不安が解消され前向きになられたり、
自分の話を聞いてくれる存在がいるだけで気持ちが軽くなったこと等、
実際の「相談者の声」をいくつかご紹介しました



CIMG4058



続いて、就労準備支援員より「つながりがくれた笑顔の変化」
をテーマに、20代の女性が色んな葛藤や苦難を乗り越えながら、
就職に向けて取り組むお話を紹介しました



足踏み状態でこの女性自身も支援員も歯がゆい思いをしながら
色んな壁を乗り越えて就職をすることができ、
心からの笑顔が見られるようになったという話でした



日々取り組む中で、就労に向けて心身ともに整えているいくことに
時間を要し、一進一退の場面が見られます。
支援員だけでなく、関わる様々な方に
長期的な視野を持つことを必要とされているように感じます。




CIMG4073



家計改善支援員からは、「笑顔になる理由」をテーマに
多重債務・・・ご両親の他界・・・様々な苦難が度重なっている、
統合失調症の男性が一生懸命に取り組む姿を紹介しました。


始めは表情が固く、視線が合わなかった男性。
家計改善に取り組むだけでなく、
地域で行うカフェの手伝い等へ参加する中で、
少しずつ笑顔や挨拶をしてれるようになるなどの変化が見られました




周りの笑顔や地域の理解など、
ご本人にとって安心して取り組むことができる環境が、
ご本人の変化・笑顔を促し、解決に向けて取り組むことができているように感じます。




CIMG4078



最後に「みんなが笑顔になれるプラットフォームづくり」では、
南国市の民生児童委員協議会の会長
高知県立大学の准教授をお招きし、トークディスカッションを行いました


プラットフォーム:一般的につながりを支える「基盤」「土台」を指しますが、
この場では「地域のみんなの支え合い活動・拠点」として用いました。




プラットフォームの基となる場は、
すでに各地域に地域活動として存在しているものの、
担い手不足や参加が一部の人に留まっている等課題が挙げられます。


プラットフォーム=みんなの支え合い活動・拠点となるには?
参加していない地域の人や困窮者が参加するには何が必要か?



民生児童委員協議会の会長からは「地域住民だから気づける」視点が大切。
「専門職には見えないところに気づく」そんな
感度を上げていきたい
各々の視点から
ボリューム感のあるディスカッションが展開されました



CIMG4092




南国市における生活困窮者の実態や支援などの情報を”発信”する
取り組みとして、
今後もこの生活困窮者自立支援フォーラム
開催し続けていきたいと思います



足元が悪い中、足を運んでくださった皆様、
このブログに興味を持って最後まで読んでくださった皆様
本当にありがとうございました



こんにちは 
今年も残りわずかとなりました
令和になって初めての年越しになりますね
来たる令和2年が、皆様にとって素晴らしい1年に
なりますよう、職員一同心から願っております

さて、今回は重要なお知らせがあります。

平成30年度より行っています土曜日電話相談ですが、
令和2年1月より受付時間を 原則、第1・3土曜日の午前中(8:30~12:00)変更いたします。
月によっては変則となりますので、その際はブログにてお知らせします。

平日の相談については、電話以外にも、来所や訪問など様々な形での相談が可能です
→受付時間は
8:30~17:00までとなっています。

土曜日
の相談
については、上記の通り第1・第3週の午前中(8:30~12:00)電話のみの相談となっています。よろしくお願いいたします

あんしん生活サポートセンターでは
南国市にお住まいの方を対象に、生活の様々な相談を受け付け
困りごと解決に向けて一緒に考えています



また、年末年始の業務については、
令和1年12月28日(土)~令和2年1月5日(日)までの期間を休業とさせていただきますので、ご了承ください。

詳しくは⇒南国市社会福祉協議会HPをご覧ください




こんにちは
まだ肌寒い日が続きますが、
ちらほら桜も咲き始め春らしくなってまいりましたね🌸

今年度もはや終わりを迎えようとしています・・・、
毎年、"1年間あっという間だったなあ"と感じます。



さて、
23日(土)南国市 生活困窮者自立支援事業フォーラムを開催いたしましたので、
ご報告をさせていただけたらと思います。遅いご報告となりすみません・・・💀

CIMG3658


今回は、
つながり ひろがってゆく まちへ~をテーマに、
自立支援事業、家計改善支援事業、就労準備支援事業から相談事例の紹介から、
つながりを広げるためには・・・?相談者の声から考えるつながりをトークディスカッション等で考える時間を
お送りしました。
それでは、順におって簡単にご報告させていただきます。
少し長くなるかもしれませんが、最後まで一読していただければ、幸いです。



自立相談支援事業(沖本)からは、
「つながりがつくる"未来"」から、
相談者との関わりを通じて、
私たちに何ができるのかということや、
地域のつながりが、本人の困窮を解決する大きな力になっていることなどを
紙芝居形式で報告させていただきました。
CIMG3661

↑冒頭に、ご来場の皆様の中へ飛び込み質問をしている沖本!
発表後は、ご来場の皆様からいくつか質問をいただくことができました





家計改善支援事業(山﨑)からは、

「一人で抱えこまない勇気、家計簿をやめる勇気」をテーマに、

インタビュー動画を通して、当事者の振り絞った勇気から
家計の改善に至るまでを紹介させていただきました。

家計相談をしていた方が、

自身の家計が改善するだけでなく、
知人の家計相談にのるまでに大きく変わられ、
今では、家計相談員顔負けの家計やりくり上手さんになっております!(●´ω`●)

ためにな----る当事者の家計やりくり術は、今後ブログへ小出しに紹介していく予定です※
なので、是非ブログをcheckしてもらえたら、嬉しい限りです・・・♪





就労準備支援事業(高橋)からは、

「"つながり"がくれた変化」ということで、
人との関わり(つながり)が、自分を見つめるきっかけとなり、
相談者自身が少しづつ前向きに変化している方の事例を紹介いたしました。

CIMG3670

相談者から受ける印象は、
孤立・孤独を抱えており、
コミュニケーションに対する苦手意識や、自己肯定感の低下が顕著に見られる方が多いですが、
決して皆さん、心から人と関わりたくないわけではない。

"つながり"が、
気づかない内にその方が前向きにすすむきっかけとなっている事が伝わる事例紹介でした。




最後に、南国市民生委員濵田会長にもご参加いただき、

「つながりを広げるためには・・・?~相談者の声から考えるつながり~」をテーマに

トークディスカッション
形式で、
ある相談者のインタビューから考え、気軽に語り合いました。(・∀・)(^∀^) (´▽`)


やむを得ない理由のもと、住み慣れた地域を移り住むことになってしまった。

新境地での生活や就労に向けて不安を抱えながらも、
移り住みだした地域と"つながる"ことで、あんしんして生活していきたいと前向きに行動される相談者。

でも、皆さんこの方みたいに、
実際は地域とつながっていけるのか・・・?

本人から地域とつながっていく事にとても勇気がいるのではないか・・・?

CIMG3679

では、つながることは本当に難しいのか・・・

気軽な"あいさつ"からでもつながりがうまれるのでは?こんにちは

どのような生活状況にある方でも、
生活に困窮している人が地域にいても、
つながりが広がることで、支え合う地域になっていくことができれば・・・

改めて、考えさせられる時間となりました。




トークディスカッション後、

高知県立大学の福間講師からも、お話をいただきました。

CIMG3680

人と人、人と資源が世代や分野を超えて丸ごとつながることで、
生み出される地域共生社会について、
つながりをつくるまでのポイントをはじめ
とても分かりやすくご教授いただきました。



・・・と、ブログでは長々となりましたが、
3時間にわたる今年度 南国市生活困窮フォーラムの簡単なご報告とさせていただきます。


このようなフォーラムを通じて、

一人ひとりが抱えている『困窮』に目を向け、
お互いに支え合うことができる地域づくりを目指し、

ここ南国市から発信していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。







こんにちは

8月中旬にはなりましたが、まだまだ暑い日が続きますね☀





さて、最近の活動報告ですが、


現在、南国市内の病院を中心に生活困窮者自立支援事業説明を行っております。




なぜ、病院を巡回させていただいているのか?



経済的・健康的に不安を抱え、ご相談にこられる方がいらっしゃいます。


そういった方々を
“あんしん”した生活につなげるため、

私たちの生活困窮者自立支援事業の取り組みが、

何か役に立つことができるのではないかと、私たちは考えているからです。


実際
入院が必要だけども、経済的に苦しいため入院に踏み出せない方。
病院代・入院代の支払いが滞っている。もしくは滞る恐れがある方。
収入が不安定であり、退院後の生活が心配な方。

・・などのご相談もあります。










先日、お邪魔させていただい病院には、
このようなチラシがございました↓


1535968238406


困窮事業立ち上げ当初の懐かしいチラシでございます。

『困窮』という言葉自体が、世間にまだ浸透していない時のものですね。


今もなお、病院の相談室付近へ貼って下さっていたようで、本当にありがたい限りです<(_ _)>




「こんな相談窓口があるなんて、今まで知りませんでした。 早く知っていれば、良かった。」

 というお声は、未だ聞かれます。




周知活動は、今もなお続けてはいるものの、
なかなかこちらの相談窓口へ届いていない『声』が、実はたくさんあると思います。


今後とも、
届いていない声がつながりやすいように
相談へつながる仕組みを考え、
病院をはじめ継続的に周知活動を行っていく次第です。




という事で、
困窮事業周知活動の一部を簡単にご紹介させていただきました!








皆様、残暑厳しきおり、体調にはくれぐれもお気をつけ下さい☀











みなさんこんにちは

この頃さらに暑く夏らしくなってきましたね

お祭りや花火などが待っていますね



さて、先日行われた第8回目となる
なんこく生活総合相談会
ご報告をさせていただきます゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


今回も南国ネットワーク連絡会メンバーである
各専門機関の方々にお集まりいただきました。
今回初めて参加してくださった機関もあり
ますます盛り上がってきている相談会です



当日は予備の相談室も埋まるほど
たくさんの方が相談に来てくださいました*・゜゚・*


もしかすると「堅苦しそうで行きにくいな・・・」と
思っている方もいらっしゃるかもしれません('A`)
私自身、この相談会に初めて携わりましたが
1人1人の相談内容に合った専門職が
親身になってゆっくり話を聞いて下さるので
あんしんして相談できるところだなと感じました。
なので
心配はいりませんよ



   あんしんできる完全個室の相談室
CIMG3285



受付の様子です

CIMG3282


今回は電話予約以外に、当日来所の方も来られました

事前に予約をしていただいた方が
当日スムーズに受付を行うことができますが、


「電話予約をするのを忘れていた!!!」

という方も当日受付も行っていますので
遠慮なくお越しください!


\今夜もあんしんしナイト~!
DSC_0291


今後も定期的に行っていきたいと思います。


「昼間はお仕事などで相談できない・・・」という方も
ぜひこの機会をご利用ください





こんにちは☀

うだる暑さとなってきましたね。。

みなさん、熱中症にはくれぐれも、気を付けて下さいね(・。・;



さて、お知らせです!

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


「日中、時間がなくて相談したいけど難しい・・・」

そんな方に来ていただけたらと思い、今月も開催致します!!


今 夜 は あ ん し ん し ナ イ ト

なんこく生活総合相談会の時期がやってきました!
今回は7月25日(水)に開催予定です!

n7



なんこく生活総合相談会では、
生活に関する様々なことを、
各専門職へ相談できる、ワンストップ型の相談会です★

たとえば、
収入・生活費の事、
法律について、多重債務
仕事を探したい、
ローンの滞納、
家族のこと、
ひきこもり、介護について、
病気のこと、障害のこと、子育てについて、
仕事上の不安やトラブル、住居不安定、地域との関係・・・など、
生活には悩みがつきものです。

そんな相談を各専門職(弁護士、司法書士、ハローワーク、保健師など)がお受けします。



当日は、託児室もありますので
お子様づれでも気軽にお越しいただけます



夜間の時間帯に相談できるこの機会を是非お見逃しなく、お気軽にご利用下さい★


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚






 みなさん、こんにちわ!
昼間はずいぶん蒸し暑くなり、夏らしくなりましたね☀


さて先日、南国市社会福祉協議会 総会がありました。
その際、困窮事業から簡単ではありますが、
”こんきゅう支援新聞 創刊号”というものを昨年度から発行しています。




内容は、昨年度の南国市困窮事業の活動報告などを載せてあり、
少しでも地域の皆さんに南国市の困窮の実態などを知ってもらえたらと思い、始めました。

創刊号を作成する中で、
私たち自身も活動を振り返る良いきっかけともなっています。
もちろん載せきれなかった活動内容もあります!


普段の活動内容は、
このブログで報告・更新していきたいと考えていますが、
なかなかの気まぐれ更新になりつつあり申し訳ない限りです。。。目指せ、月4回更新☆






生活困窮者自立支援事業の相談窓口は、
まだまだ広報・周知が必要ですので、
是非今後とも、
創刊号を発行していきたいと思います



こんにちは

5月末、早いもので四国はもう梅雨入りしたそうですね。

 

昼間は蒸し熱い日が続きます、体調を崩さないよう今年の梅雨も乗り切りたいですね(^^

 

さて、遅いご報告となりましたが、

今月18日に今年度第1回目となる南国ネットワーク連絡会を開催致しました!

今回、初めて参加さいれる方も多く、年度初めという事で名刺交換会や、うちわ型の色紙にそれぞれキャッチフレーズを書いてもらい、にぎわいもみられる会となりました♪

皆さん、どんなキャッチフレーズを書いたのか個人的にとても気になります(^^)

ちなみに私は、こちら・・・↓

 

キャッチフレーズなのかどうかはさておき、

今回の会も、相変わらずの噛み具合でした・・・。笑 いつかは克服したいです(*_*)

今回の協議事項は、あったか事業説明(モリトルーム)、南国ネットワーク連絡発新機能案等、各機関からご質問・ご意見をいただくことができ、今回も有意義な機会となりました!


改めて、『南国ネットワーク連絡会』とは、

弁護士・司法書士・検察庁・ハローワーク・.福祉事務所・保健福祉センタ-・民生委員など各専門機関同士の連携を深め、時には協働し、困窮支援に活かす事を目的としています。

(3ヵ月に1回開催)


生活困窮者自立支援事業を実施すると同時に、平成266月から『南国ネットワーク連絡会』を設置し、はや4年がたちます。南国ネットワーク連絡会開催当初よりも、ありがたいことに参加機関が年々増えております。



また、今年度はよりネットワーク連絡会メンバー間で円滑に連携できるよう

南国ネットワーク連絡会メンバー間の名簿集・早見表を作成しまして、

今月ようやく完成致しましたー!!(*^_^*)




連絡をとりやすくするためだけでなく、

相談窓口に来られた方を、ネットワーク連絡会参加機関へつなぐ際にもご活用いただける優れものとなっています!

私も、早速愛用させて頂いております♪(^^)/ 

南国ネットワーク連絡の皆様、お忙しい中ご協力いただきまして本当にありがとうございました!!





こんにちは~
こないだ2月に入ったと思っていたのに、後1週間ほどで終わろうとしています・・・。
はやいですね~いつのまにやら、少し日も延びてきて、明るい時間が増えてきましたね。

さて、今回は先日17日に行われました生活困窮者自立支援事業フォーラムの内容についてお伝えできたらと思います。
blog

今回のフォーラムは、ありがとうがあふれる町を目指してをテーマに、生活困窮者自立支援事業、家計相談事業、就労準備支援事業での取り組みや相談者さんの心境などを発表いたしました。

「はじめに」では、ありがとうがあふれる町とはどんな町?なぜ目指しているのか?を皮切りにはじまりました。そのきっかけとなった相談者さんの「一人で頑張りますから」という一言。
そう言わざるを得ない相談者さんの置かれている状況。
支援のゴールはどこにあるのか。
孤立状態の相談者さんが、そこから脱するきっかけやありがとうがあふれる町を目指すために私たちが取り組んでいることなどについて発表いたしました。


家計相談支援事業では、家計相談で取り組んだ相談者さんの変化をお伝えしました。
それまでは、年金と貯金を崩して生活をされていた相談者さん。何に使っているかわからないまま、貯金を切り崩していましたが、家計相談が入り、貯金の切り崩しが以前の3割までに留まるようになりました。
家計改善することによって、相談者さんにおきた心境の変化とは?
その変化をインタビュー動画によるご本人の声と共にお伝えしました。


就労準備支援事業では、相談者さんと取り組んだことやひきこもり経験者のご家族にお聞きしたお話をお伝えしました。
仕事に対して様々な不安がある相談者さん。取り組んで変化したこととは?
「なんとかなる。」
当時の親御さんの心境をお聞きして返ってきたのは前向きな言葉でした。
その答えに至るまでには、様々な葛藤があっただろうと思います。
まだ相談につながっていない方に、そのご家族にご自身の経験から何かヒントがあれば、と
お話しくださいました。その時のお話しをまとめてお伝えしました。


「熱烈対談では、出張カフェ(ポムカフェについて)を地域で行われた民生委員さんと、社協から話があった時の心境や実際やってみてどうであったか等についてを対談形式でお送りしました。
カフェを行う際に気にかけられたことや裏話。
それ以降の相談者さんと民生委員さん、地域との関わりなどをお話し頂きました。
当日、相談者さんもいらっしゃる予定でしたが、来られなくなり・・・
(お仕事が入ってしまいということで、喜ばしいですね!)
事前にビデオで対談した様子を流させていただきました。
カフェに参加した時の感想やそれ以前以降の地域への関心の変化などなど。


盛りだくさんの内容でした!

対談時、民生委員さんが「ありがとう」があちこちで行き交う町に南国市がなればいいなと仰っていました。
その時、引用された詩が印象的でした。
『ありがとう 言えばとってもいい気持ち 言われればもっといい気持ち
(荘司 武さんの詩「ありがとう」)



当日、スケートの実況の時間と被ってしまい、注目の集まる羽生選手の演技もあり、
人がいらっしゃるかどきどきしてましたが、多くの方々に足を運んで頂きました。
ありがとうございました!





こんにちわ
先月の台風以降、一気に寒くなってきましたね( ´_ゝ`)



またまた遅くなりましたが、
先日の1
なんこく生活総合相談会~今夜はあんしんしナイト~
の報告を簡単にさせて頂けたら思います!




この夜の相談会も、
かれこれ通算6回目の開催となりました




初回の相談会を思い出すと、
相談者も少なく、
当日参加機関同士で相談を受け付けたりしていましたね。( ´∀`)懐かしい。。。




しかし、
最近の夜の相談会は、
事前予約はもちろん、
当日飛び込み相談など、
来ていただいた相談者の方達で、一時受付は少し慌ただしくなっておりました
嬉しい慌ただしさと言えます。ヾ(´ω`=´ω`)ノ




また今回は、珍しく託児室の利用も多く、にぎわっていたようです♬
託児室で、ジブリ放映もされたとか・・・





今回も多くの皆様にご活用いただくことができたことをとても嬉しく思います(´∀`*)




日中仕事がありなかなか相談できない方に
これからも是非ご活用いただければと思っています。

この夜の相談会が、南国市の皆さんの“あんしん”に少しでも繋がりますように・・・


当日もお決まりの掛け声でしめました★







ご協力いただいた南国ネットワーク連絡会の皆様、
ご来場の皆様、本当にありがとうございました











↑このページのトップヘ