TBSの報道番組「あさチャン!」と「ひるおび!」に『中国遊園地大図鑑』が紹介されましたっ!

DKrzOJ4VAAAtA3A[1]   


















2017年9月27日

TBSの報道番組「あさチャン!」に

まだまだあった・・・中国の“パクリ遊園地” というコーナーに

私が中国で撮影した遊園地の写真や動画を提供しました!!!

(パフパフパフ、ドンドンドンドンッ♪)

いや~、やばいですね、これっ!

2015年1月に湖南省のテーマパークで撮影した

北朝鮮・金正恩党委員長、米国・オバマ前大統領、ロシア・プーチン大統領の

マスクをかぶった豪華3ショットがパレードで手を振っていたっ!
IMG_6209





















北朝鮮・金正恩党委員長の扱いからすると、

中国政府が核開発をやめない北朝鮮にまともな経済制裁をするとは思えないっす!



同じテーマパークに2016年12月に再訪したらまだあった!

ネズミ型の着ぐるみだぁぁぁぁ!!

初めて遭遇したので、興奮しました・・・。
IMG_1632


































2017年5月にチベットの遊園地で撮影した『ドカベン』の山田太郎。

彼は高地トレーニングの最中なのか?

IMG_1107


































動画



2017年5月に内モンゴル自治区の遊園地で撮影した

法令線の深い白雪姫。
IMG_3571


















2017年8月に山東省でゲットしたヤバいキティグッズの動画



「あさチャン!」の記事
https://jcc.jp/news/12696242/

『中国遊園地大図鑑』のカバーも

でかでかと全国放送で映していただいて、ありがたかったです(笑)

「あさチャン!」の映像で大満足してから出勤しようとしたら、

担当氏から電話で「ひるおび!」でも放映したいとのこと。

ひぃぃぃぃぃぃっ、非・常・感・謝っ!!

でも、録画できなかったのだけは心残りでしたww(笑)

「ひるおび!」の記事
https://jcc.jp/news/12696900/








中国遊園地大図鑑 北部編 (中国珍スポ探検隊)




中国遊園地大図鑑 中部編 (中国珍スポ探検隊)




   
押していただけると、記事を書く励みになります。

『韓国アニメ大全』が届きましたっ!

IMG_0959

















拙作『中国遊園地大図鑑』を出版しているパブリブ社さんから

新刊の『韓国アニメ大全』が届きました!

帯にもあるように、

パクリの一言では片付けられない

韓国アニメの魅力を完全解説!!
  とあり、

著者のかに三匹さんも相当な時間と費用をかけて集めたであろう

韓国アニメ作品の解説をされている。




中国のアニメは西遊記の孫悟空や黒猫警長といった

主人公のキャラクターそのものが活躍する作品が多いと思うが、

韓国アニメはロボットものが占める割合が多いと感じた。

中国アニメを体系的に網羅した書籍も出版されてほしいと切に願う。



かつては韓国アニメも下請け業者によるキャラクターの横流しや流用が

当然のように行われていたそうだ。

『機動戦士ガンダム』の赤い大佐が『宇宙黒騎士』という作品で黒いコスチュームで登場!
IMG_0960

















1979年の作品とのことだが、どう見ても怒られるレベルww。
IMG_0960 - コピー

















コラムによると日本の企業による韓国でのアニメの下請けは

『黄金バット』(1967年)が最初とのことで、

今でも日本のアニメは海外の下請けさんの協力が必要だ。

本書の巻末には拙作の『中国遊園地大図鑑』

いんちき番長氏と加藤アングラ氏の『いんちきおもちゃ大図鑑』のラインナップもあり。

あざーーっす!!


私の地元の愛知県の場合、名古屋市の特殊書店Bibliomaniaさんの

亜細亜カルチャーコーナーでも『韓国アニメ大全』を販売してるよっ!!





韓国アニメ大全: テコンV・反共・反日・いんちき?




   
押していただけると、記事を書く励みになります。

【愛知】名古屋で開催!いんちきおもちゃナイトへ行ってきたよ!!

IMG_0944

















2017年9月3日

『いんちきおもちゃ大図鑑』の著者のいんちき番長さんが

(2017年6月に いんちき中国ナイト という合同イベントを開催したナイスガイです)

名古屋の特殊書店Bibliomaniaさんで

「いんちきおもちゃナイト」を開催してたので、遊びに行ってみたよ!

開演前に書店を物色。

とても特殊な書籍が溢れ、ワクワクが止まらない。

オカルトスポット探訪マガジン 怪処 八号の特集の

ときめく遊園地とオカルト温泉2が気になって、購入。

予約席の目の前にはこいつが・・・(笑)
IMG_0948

































いんちきおもちゃの物販コーナー。

『いんちきおもちゃ大図鑑』の隣には拙作の『中国遊園地大図鑑』も!!
IMG_0946

































店長さん、ありがとうございますっ!! (Д`)・゜・。



下の玩具はもともとは孫悟空だったらしく、バナナを持っている。

強引にウルトラマンの顔と取り換えた驚愕の玩具。
IMG_0952

















いんちき番長さんによると、

浙江省にはいんちきおもちゃのものすごい規模の問屋があるとのこと。

す、すげぇ!!
IMG_0958

















ドラえもん型バブルガンを解説するいんちき番長。
IMG_0956

















いんちき番長は中国での行きつけのお店や宿泊施設についても説明。

私とはまったく異なる中国での行動パターンで、非常に興味深かったです。

イベントに来たお客さんも大爆笑でした!!

お客さんの中にはこれまで面識がなかったものの、

私と同じ小中学校の先輩の姿もあり、

地元愛知県なんだなぁとしみじみ。





新版いんちきおもちゃ大図鑑: 中国・香港・台湾・韓国のアヤシイ玩具





いんちきおもちゃ大図鑑2: コミカルキャラクター・変形合体ロボット・アニマルキャラクター編


 




いんちきおもちゃ大図鑑3: ヒーローキャラクター・ロボットヒーロー・女の子向け玩具編



   
押していただけると、記事を書く励みになります。

【中国】世界最大の大仏!中原大仏へ再訪して未体験ゾーンに突入!!

IMG_7572 

















2014年に河南省平頂山市魯山県の中原(魯山)大仏へ訪問したのだが、

時間の都合で門前までたどり着いたにも関わらず、泣く泣く引き返した。

洛陽から公共交通機関で行ったのがそもそもの間違いだったのか?

2017年に訪問した方の情報もあるのだが、かなり時間的に厳しいと思われる。

前日に洛陽駅近くで現地ツアーも扱っているホテルで交渉。

(中原大仏へのツアーはないようだ)

洛陽から目的地まで片道3時間くらいとのことで、車1台とドライバーを手配してもらう。

価格は600元だが、妥当な値段と判断して即決。

当日の朝7時くらいに指定の場所に向かうと、

運転手は洛陽駅前の小売店の店長だということが判明。

この日のお店の管理は奥様にまかせるとのこと。

運転手の息子も同伴することになった。(名前とかきいてなかった・・・)

お昼ご飯も一緒にしたが、運転手はへそ出しルックどころか乳首までさらしていた。(笑)
IMG_7669

















行きはひたすら下道で。

運転手も初めて行くところらしい。

魯山県はすごい田舎なのだが、近年はいろいろレジャー施設が運営されている。

魯山県は古代中国の思想家の一人の墨子の出身地という説もあり、

中国墨子文化旅遊区」というテーマパークもあった。
IMG_7210

















夏休みだけあってそこそこ客がいるようだが、なんとなくB級スポットのような気配も・・・。

非常に興味をそそられたのだが、時間の都合も考慮して諦めることにした。

そもそも墨子は中国でも人気のある思想家なのだろうか?

『墨攻』という映画もあったが、原作の小説の作者は日本人の酒見賢一氏なのだが。

前ふりが長くなってしまったが、洛陽から下道で3時間半かけて到着。
IMG_7215

















国家5A級旅遊景区という中国の観光地としては最高ランクの格付けがされているが、

平日とはいっても客は多くない。ツアーバスは前回と比べて1台も見られなかった。

中国旅3日目だが、またしても斎藤君を日本人がほとんど来ない

マニアックなスポットへ案内してしまう。

入場料120元なのだが、外国人はパスポートを提示すれば半額になるのは嬉しい。
IMG_7227

















入口にある天王殿とかでは中国の寺院らしく仏像や羅漢像が見られる。
IMG_7243

















・・・覚悟はしていたが、数百段もある階段が待ち受ける。

マイクロバスで大仏様の足元まで10元で行けるのだが、

斎藤君は「大和魂で登りましょう!」と力強く述べ、自力で階段を登る。
IMG_7263

















斎藤君は私よりも若いので、先に階段を登る。

「ま、待ちやがれぇぇぇぇ~」
IMG_7285

















運転手の息子も階段を登ってきた。

階段の先に広がる礼仏壇。

壇の中心で叫ぶと響く設計だ。
IMG_7306

















中原(魯山)大仏はウィキペディアにも
20メートルの蓮華座を含めて、高さは128メートルであり、世界で最も高い像である。
台座になっている25メートルの建物を含めれば、像の高さは153メートルになる。
2008年10月、像が立っている台 が造り直され、台座がさらに二つ追加された。
上側の台座は15メートルで、像全体の高さはこれで208メートルになった。

と表記されている。

日本の牛久大仏は全高120m(像高100m、台座20m)あり、
立像の高さは世界で3番目だが、ブロンズ立像としては世界最大。

なんですって!
IMG_7315

















事前に知っていたのだが、数百段の階段はもう一つ待ち受けていた。
IMG_7327

















IMG_7330

































大仏様の足元までだいぶ近づいてきた。
IMG_7371

















信じられないかもしれないが、大仏様の台座の中。

中国や台湾の仏教界の高僧が集まって開山の儀式をしていた写真が貼られているが、

コンクリートの打ちっぱなしがすごいダイナミックな手抜き。
IMG_7377

















エスカレーターは稼働しているものとしていないものがある。
IMG_7385

















中原大仏は2007年に完成したそうだが、10年もなぜ放置しているのか?
IMG_7386

















中国の近年の大仏様や大観音像の台座の中は

絢爛豪華な仏教世界が展開されているのが相場なのだが・・・。

いやぁ~、こいつぁ、私も未体験ゾーンに突入してしまった大仏様ですわっ!!
IMG_7393

















大仏様の足元までは別途料金50元が必要。

足元まではインド風の仏画が飾られていたが、仏像はなし。
IMG_7408

















エレベーターは5Fと7Fでまでになっていたが、

5Fで降りたらただのコンクリの闇の空間になっていた。

というわけで、7Fの大仏様の足元でございますっ!
IMG_7432

















足元から下界の階段や礼仏壇の眺め。
IMG_7427

















広大だが非常に殺風景だ。
IMG_7442

















温泉ホテルらしい。
IMG_7444

















斎藤君に大仏様の足を抱えてもらいました。
IMG_7435

















大仏様の足に踏まれてみましたの図。

・・・でかい足ですね。
IMG_7456

















IMG_7493

































台座の装飾ももっとこだわってほしかった。
IMG_7505

















斎藤君は廃墟好きでもあるので、

「頭おかしくなりそう」とは言いながらも

こういった光景に逆に興奮していた。(笑)
IMG_7527

















この日は斉藤君に廃墟のような観光地に連れてくる予定ではなかったが、

(最終日は廃墟モール&廃墟屋内遊園地を紹介する計画)

楽しんでもらえてなにより。(いいのか、これで?)
IMG_7542

















ギネス級の鐘がぶら下がっている建物。
IMG_7604

































2時間半くらいかかって見学。

付近でランチ。卵料理は美味だった。
IMG_7664

















メニューには「野猪」の料理と表記。

中国語で豚肉は猪肉なので、これは野生のイノシシの肉ということになる。

花椒(ホワジャオ)がビリビリっ!!
IMG_7667

















周辺の道端の穴から噴煙があり、温泉地なのだというのは理解できる。

ただ、大仏様の敷地内の敷石とはのひび割れやズレも見られ、

5A級の観光地とは思えないくらいメンテナンス不足も・・・。

地震に耐えられるのか心配な大仏様だ。

動画






中国遊園地大図鑑 北部編 (中国珍スポ探検隊)




中国遊園地大図鑑 中部編 (中国珍スポ探検隊)




   
押していただけると、記事を書く励みになります。

【中国】戦慄!洛陽の王城公園にセクシー妖怪軍団現るっ!!

IMG_6964

















2017年8月の中国旅二日目。

河南省の龍門石窟を訪問した次は公共バスで洛陽駅へ向かう。

予約したホテルにチェックインし、駅付近で翌日の為に車と運転手の手配をする。

夕方だが、まだ時間と体力が残っていたので

斎藤君と洛陽の王城公園へ。

この公園はグーグルマップで観覧車やジェットコースターがあることを確認していた。
IMG_6966

















2足歩行のパンダロボットが車を引っ張っていた。

お子様でも操縦可能のようだ。
IMG_6972

















IMG_6979


















ネズミのイラスト。
IMG_6983

















筋肉を披露する体育会系のネコ。
IMG_6987

















中国産アニメの黒猫警長だよ。
IMG_6998

















お化け屋敷の恐怖城は自称「鬼城之王」だって。

内部は2層構造だったよ。
IMG_7019

















どういうわけか我々2人は中国人の児童3名と即席パーティーを結成!

ダークダンジョンを攻略しようとしたが、児童にはわかってほしくない

セクシー妖怪が現れたっ!!
IMG_7013

















ニ~ハオっ!
IMG_7011

















不届きなことに私は手持ちのライトで私の顔を下から照らして児童を驚かせていた。

児童に言いたいのは、こんなひどい大人にならないように(笑)
IMG_7018

















入口に座っていた初老の男性はスタッフではなくて児童の保護者だった。

即席パーティー、解散っ!!

園内で見つけた・・・ディズニーのリトルマーメイドかな?

完成度、高いっすね!!
IMG_7053


































しかし我々2名はもっととんでもないお化け屋敷に足を踏み入れた。

その名も「幽冥洞」。
IMG_7063

















私も中国各地で様々なお化け屋敷を探索してきたが、

幽冥洞は未知なる衝撃が襲ってきた!!
IMG_7068

































IMG_7069

































IMG_7071

















これほどセクシーな妖怪だらけのお化け屋敷は初めてだぁぁっ!

(秘宝館ではありません)
IMG_7102

































・・・マネキンをボディペインティングしているだけっすよね。

芸術とポンチの間を漂うお化け屋敷。

(いや、ポンチだろ、これっ!)

珍スポット好きな斎藤君のインスピレーションも刺激されまくりでなによりです。
IMG_7077

















なんだ、このトイレ掃除用のゴム手袋は?

中指立ててるのか?
IMG_7086

















ダンジョン後半で観音像とかが現れた。

御賽銭の小銭を投入したらお経が流れたよ。
IMG_7096

































ウェイクアップっ!!
IMG_7103

















幽冥洞のダンジョンのゴールにはなぜか生活感あふれる水道が・・・。
IMG_7113

















いや~、幽冥洞、マジで凄すぎた・・・。

王城公園のお化け屋敷以外はわりと一般的な中国の公園で、

毛沢東の像もあったり、動物園も併設されてるよ。

公園は入園無料というのも嬉しいっす。
IMG_7155

















王城公園の近くの地下道にはこんなイラストを発見。

『となりのトトロ』の特徴をよくとらえてあるね。
IMG_7178


























中国遊園地大図鑑 北部編 (中国珍スポ探検隊)




中国遊園地大図鑑 中部編 (中国珍スポ探検隊)




   
押していただけると、記事を書く励みになります。

中国三大石窟の1つ!龍門石窟へ再訪!!

IMG_6887 


















いたみわけ.comの斎藤君を連れての中国旅二日目は

天津市から河南省の洛陽市へ。

天津市から高速鉄道でもさすがに4時間以上かかる。

今回は6日間の日程でも5日は長距離移動があり、

我ながらこんな旅に斎藤君を巻き込むのもなんだかなぁと考えるが、

今回の計画を決めた自分を責めても仕方がない・・・。

午後に到着した洛陽龍門駅からタクシーで龍門石窟へ移動。

前世紀に訪れてからずいぶん時が経過したものだ・・・。

さすがに中国どころか海外旅行初の斎藤君(大仏好き)にも

世界遺産の仏教遺跡を見せるべきだと思い、こちらを選択。

伊河の対岸にある白居易の墓はスルーしちゃったけどね。
IMG_6802

















メジャーではない石窟の大仏様。
IMG_6807

















龍門石窟は何百年とかけて磨崖仏が彫刻されている。
IMG_6812

















IMG_6816

















IMG_6819

















IMG_6829

































磨崖仏は日本よりも中国の方が素直にスゴイ!
IMG_6840

































IMG_6848

















龍門石窟の中でも一番有名な毘盧遮那仏。
IMG_6878

















IMG_6873

















初めて訪問した時にはここまで観光客はいなかった。
IMG_6875

















IMG_6888

















IMG_6905

















伊河の対岸から撮影。
IMG_6936

















IMG_6937

















IMG_6944

















IMG_6950

















名僧なので、玄奘の像(古いものではないはず)もあった。
IMG_6947

















山西省の雲崗石窟や甘粛省の敦煌とともに龍門石窟は中国三大石窟の1つ。

河南省でもストレートにおすすめのスポットですので、是非っ!

動画







中国遊園地大図鑑 北部編 (中国珍スポ探検隊)




中国遊園地大図鑑 中部編 (中国珍スポ探検隊)




   
押していただけると、記事を書く励みになります。
ギャラリー
  • TBSの報道番組「あさチャン!」と「ひるおび!」に『中国遊園地大図鑑』が紹介されましたっ!
  • TBSの報道番組「あさチャン!」と「ひるおび!」に『中国遊園地大図鑑』が紹介されましたっ!
  • TBSの報道番組「あさチャン!」と「ひるおび!」に『中国遊園地大図鑑』が紹介されましたっ!
  • TBSの報道番組「あさチャン!」と「ひるおび!」に『中国遊園地大図鑑』が紹介されましたっ!
  • TBSの報道番組「あさチャン!」と「ひるおび!」に『中国遊園地大図鑑』が紹介されましたっ!
  • TBSの報道番組「あさチャン!」と「ひるおび!」に『中国遊園地大図鑑』が紹介されましたっ!
  • TBSの報道番組「あさチャン!」と「ひるおび!」に『中国遊園地大図鑑』が紹介されましたっ!
  • 『韓国アニメ大全』が届きましたっ!
  • 『韓国アニメ大全』が届きましたっ!
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード

にほんブログ村 押すと喜びます。
  • ライブドアブログ