中国の雑誌『人物』に『中国遊園地大図鑑』が紹介されました!

訪日した中国人の記者さんが東京の書店で
『中国遊園地大図鑑北部編』を購入。
「読んでいて笑いを堪えるのに苦労しました」と
作者である私を狂喜させるメールをくれました。

中国の『人物』という雑誌に
中国遊園地の写真とインタビューを掲載したいとのこと。

マ、マジですか・・・

掲載された『人物』の2017年3月号が紆余曲折を経て4月末に届く。
IMG_0949

















中国の映画監督のインタビューといったかなり硬派な雑誌のようだが、
基本的にお笑いに走る中国遊園地の写真が掲載されていいんですか?!(笑)

記事のタイトルは“魔幻”遊楽園となっていた。
見開きの写真が『中国遊園地大図鑑北部編』よりも大きい(汗)
IMG_0958

















撮影した本人が言うのも何だが、ここまで大きく写真が掲載されるとはびっくりだよ!!

中国の雑誌の制限で遊園地の具体的な名前は表示できなかったとのこと。

大連の微妙な質感のミッキー&ミニーに似ているキャラは
ディズニーの版権追及を逃れることに成功していると

一片の慈悲なきツッコミが(笑)
IMG_0952

















遊園地という公共の場で露出度の高すぎる成年女性の写真と説明。
大連の遊園地で発見したものだが、中国の他の場所では見られなかった。
目撃情報、求む・・・。
IMG_0953

















1ページに写真1枚とは、大胆な紙面構成だと思いました。
IMG_0955

















書籍には未掲載だが、黒竜江省のハルビン文化公園の写真を送ってみたら、
明らかにディズニープリンセスだが、おばちゃんみたいな容貌
情け容赦のないツッコミが書かれていた。
IMG_0956

















インタビューはメールで回答。
日本語で書いたものを翻訳してくれた。
IMG_0957

















政治的圧力がかかり、どうしても表現できなかった事柄もあったと
記者さんが申し訳ないと述べていた。
日本にもB級スポットとか強烈な観光地はあるといったことは書いていただく。


全文中国語ですが、
『人物』のウェイボー版
ウェイシン版

にも掲載されてます。

『いんちきおもちゃ大図鑑』は中国でも出版されたけど、
『中国遊園地大図鑑』は政治的なことにもツッコミを入れているので
たぶん中国での出版は無理だと思います。

台湾や香港で出版されたら嬉しいのですが・・・。





中国遊園地大図鑑 北部編 (中国珍スポ探検隊)




中国遊園地大図鑑 中部編 (中国珍スポ探検隊)




   
押していただけると、記事を書く励みになります。

『週刊大衆』のゴールデンウィーク合併特大号に『中国遊園地大図鑑』が紹介されました!

IMG_0946

















今年で創刊60周年を迎えた『週刊大衆』の
ゴールデンウィーク合併特大号に
『中国遊園地大図鑑』が紹介されました!
IMG_0947

















雑誌の後半で衆議院議員の石破茂氏が
「一緒に馬鹿なことができる友達っていいですよね。
そういう人とは、人生を語ってみたくなるじゃないですか」
とコメントしていた次のページに

相変わらずな
「中国のオソマツ遊園地」として紹介っ!
カラーでなんと3ページだぞっ!!

IMG_0944

















つまりこの流れは・・・
一緒に馬鹿なことができる友達と行くことを推奨しているのだろうか(笑)
私、中国遊園地の取材のほとんどは一人で行っているが、
やっぱり友達と訪問してみるとより楽しめます。

撮影した本人が驚いたのはこのキャプション。
鎖骨が・・・・・・リアルです
IMG_0948

































そこにツッコミを入れるんですか?!
い、意外すぎる・・・。
『中国遊園地大図鑑』の続編では、
もっと意外なポイントにもツッコミを入れてみようかな?

IMG_0945

































合併号なので、コンビニとかに並んでいる期間が長めなのも嬉しいでっす。
けれど『週刊大衆』のように
『中国遊園地大図鑑』の続編にも登場する
広東省の中華性文化博物館を独占袋とじ企画として
編集者に提案したらたぶん却下されると思いました。



中国遊園地大図鑑 北部編 (中国珍スポ探検隊)




中国遊園地大図鑑 中部編 (中国珍スポ探検隊)




   
押していただけると、記事を書く励みになります。

北海道新聞さんに『中国遊園地大図鑑』のインタビュー記事が掲載されました!

IMG_0939

















北海道新聞さんの2017年4月5日に
『中国遊園地大図鑑北部編』のインタビュー記事が掲載されました!
(このブログ記事を書いているのが4月23日なので、
今更かよ!とツッコミが入りそう!!)

IMG_0938

















インタビューそのものは2017年の2月にありました。
なんと北海道新聞の記者さんが名古屋まで来てくれました。

文化欄にカラーで掲載してもらいましたっ!
ありがとうございます!!
IMG_0943


















記事のタイトルが中国奇天烈遊園地奥深き世界!!
キャーー、ステキすぎる!!!

IMG_0942

















恐縮するくらい素晴らしい記事の内容でした。

Amazonの書評で5つ星になっていた4月10日のコメントが

新聞に掲載されていたのを見て、娘に言われて購入しました(笑)

だったので、たぶん北海道新聞さんの記事の影響だと思います。

中国遊園地大図鑑中部編のAmazonの書評コメントも

新聞に掲載されていたのを見て、娘へのプレゼントにしました(笑) 

となっていたので、たぶん同じ方でしょう!!

いったい、どんな娘さんなんでしょうか??







中国遊園地大図鑑 北部編 (中国珍スポ探検隊)




中国遊園地大図鑑 中部編 (中国珍スポ探検隊)




   
押していただけると、記事を書く励みになります。

【愛知】番割観音修復活動

2017年4月15日と16日に行われた
浅野祥雲作品の番割観音修復活動のレポート。

IMG_0628

















名古屋市中川区にある番割観音の弘法大師像と十一面観音像は
長年補修がされなかったのか、経年劣化が目立っていた。

IMG_0664

































IMG_0661

































修復活動初日。
朝の段階ですでに足場が組まれ、以前の塗装を剥がす作業や
コンクリの補修がされていた。
IMG_0724

































IMG_0731

































初日の午前中は参加者らによってサンドペーパーで表面を磨く。
IMG_0743

















初日は作業途中で雨。
主催者の大竹敏之さんによる浅野祥雲講義と
名古屋市の富士山すべり台を研究されている
牛田氏の講義が開催される。

なんと富士山すべり台は名古屋市の職員さんが設計したもので、
正式名称は「プレイマウント」とのこと。
IMG_0756

















浅野祥雲の作品と富士山すべり台に共通しているのはコンクリート製。
両方ともしっかり保存されてほしいです。

興味のある方は名古屋の富士山もご覧ください。

修復活動ベテランの*mikko*さんが持ち込んだ韓国土産の
高麗人参キャンディー。
IMG_0815
































パッケージを開けると芳醇な大地の薫りが周辺に漂う。
このキャンディーを食べた親御さんがお子さんに
高麗人参ブレスを浴びせる事案発生(笑)

*mikko*さんがが彼氏と訪問した韓国遊園地の写真。
C9a2QMFUwAEhxPh[1]

































『中国遊園地大図鑑』の著者である私もびっくり!!
やるな、韓国っ!!

修復活動ベテランのおいもさんが作った浅野祥雲フィギュア。
IMG_0850

































すげぇ!!


IMG_0785

















IMG_0790

































大竹さんの友人のイラストレーターのA藤さんが
十一面観音の衣の鳳凰をフリーハンドで再現してくれました。
IMG_0873

















修復活動の伝説の男・タニーが拾った
キティバルーンをつかみながらまどろむ斎藤君。
IMG_0875

















キティバルーンがどうなったかというと、
集合写真撮影中に私の不注意で空のかなたへ。
さようなら~!!!

IMG_0880

















十一面観音の上のお顔はそれぞれ色が異なる。
IMG_0897

































十一面観音の台座の紋の黒い縁取りは私が担当しました。
IMG_0919

















修復後。
IMG_0921

































IMG_0926

































詳細は大竹さんのブログをご覧ください。

修復活動ベテランのチャーリー氏のほせふてりんには
詳細な修復活動の変化が紹介されています。

今回のけものフレンズ。
番割観音のお隣の柴犬。
少しぽっちゃり気味なところがかわいくて1時間くらい撫でまわしたい♥
飼い主さんによるとフック君は人間でいうと80歳くらいの老犬。
無駄吠えはしないが飼い主さん以外の人間にはあまり興味がないようだ。
C9au3VMU0AEpRDu[1]




















付近を散歩していた柴犬のキャンディーちゃん(2歳)と接触するも、
手をぺろぺろされただけで距離が縮まらなかったのが残念。

二日間お世話になった中華料理店の双龍苑の駐車場にいた猫。
警戒心が少ないのか、なでることができて癒される。
IMG_0937

























   
押していただけると、記事を書く励みになります。





コンクリート魂 浅野祥雲大全

【愛知】名古屋のレゴランドジャパンと「中国遊園地」と比較してみた。

IMG_0178     

















2017年4月1日に名古屋にレゴランドジャパンが開園。
いろいろ話題と提供しているテーマパークだが、
開園後の4月9日に訪問してみたので、あえて「中国遊園地」と比較してみたい。


IMG_4530

















中国の西北部の新疆ウイグル自治区はときたまテロ活動が発生するので、
遊園地でも入口のチェックは厳しい。
ペットボトルを持参すると「一口飲んでみろ!」と武装した兵士に言われたりして物騒だ。
(他の地域ではここまで厳しくない)
けれど、安全が確認されたらペットボトルは持ち込めた。
IMG_0615

































レゴランドジャパンでは飲食物の持ち込み不可。
評判が悪くなるのは理解できるが、
テロ対策として愛知県のラグーナ蒲郡でも同じように持ち込み禁止になっている。


IMG_0503

















レゴランドジャパンでは自販機のペットボトルは220円なのだが、
他のテーマパークでも同じくらいらしい。

IMG_0189

















しかし園内で食事をしようとすると、かなり高額だ。
写真はチキンダイナーというファーストフード店で食事をしてみた。


IMG_0396

















チキンディナーでのチキンバーガーセット。
チキンバーガーとポテト、飲み物がセットで1350円。
(写真はあえて袋を破ってます。トレー?そんなものはなかった)
バーガーには野菜が多くシャキシャキしていた食感も楽しめたが、
健康な成人男性ならお腹はふくれない量だが。

IMG_0263

































腹いっぱい食べたければコーラルリーフの食べ放題があるが、
お値段おとな1990円・・・
IMG_0033

















こちらは広東省広州市の長隆歓楽世界というテーマパークの「海南鶏飯セット」。
お値段78元(約1248円)だが、高い価格だけあって、味も量も納得。


まぁ、レゴランドジャパンは東京ディズニーランドの5分の1くらいの面積でも
入場料がおとな一人6900円なんですがね。
年間パスポートを買えば3回行けば元をとれるので
購入している人も多かったようだけど、
年間パスポートでもその日のうちに再入場はダメらしい。

IMG_0526

















中国の遊園地のメリーゴーラウンドは2階建てというゴージャスなものが多いが、
日本のアニメキャラのイラストだらけというのも多い。


IMG_0191

















レゴランドジャパンのメリーゴーラウンドはブロックの形状をしていた。
・・・そのうち中国の遊園地もパクるかも?


IMG_3285

















江西省南昌市の南昌之星はかつて世界最大の観覧車だった。
1周30分かかり、眺めサイコーだった。

IMG_0596

































レゴランドジャパンの観覧車はレゴブロックで作られたものしかない。
高さ50メートル以上あるオブザベーション・タワーから園内を眺めることが可能だが、
一番上に登ったらすぐに下降するのはどうなんだろう?


中国の遊園地といえば偽ガンダムが有名だ。
IMG_1860

































この偽ガンダムは上海の錦江楽園の偽ガンダムだ。

IMG_0215

















レゴランドジャパンがレゴブロックで日本各地を再現した
ミニランドには、お台場のユニコーンガンダムがすでに登場していた。
実は近くのスイッチを押すと動く。
「こいつ、動くぞ」とつぶやいてみよう。

(ユニコーンガンダムもそのうち中国の遊園地で偽者が登場するのか?)


中国各所ではスフィンクスが見られる。
DSC00380



















エジプト政府を激怒させたスフィンクスも存在したのだが・・・。


こちらはレゴランドジャパンのスフィンクス。
IMG_0562

















ひとことで表現すると珍妙。
たぶんエジプト政府も激怒はしないだろう。

中国の遊園地にはボートの乗客に水をかける放水銃がけっこう普及している。
IMG_7680

















中国の遊園地の放水銃はだいたい2元くらい入れて稼働させるようだ。

レゴランドジャパンにも放水銃があった(笑)
小さいお子様でも放水できるように低い位置に設置されてる。
しかも無料で放水できる!
BlogPaint

















船からも放水できる。
レゴランドジャパンには濡れたお客さんのために全身ドライヤー(1回300円)もある。
中国に全身ドライヤーってあったっけ?
BlogPaint


















レゴランドジャパンで特に気に入ったアトラクションはサブマリン・アドベンチャー。
BlogPaint

















サブマリン・アドベンチャーの様子。


上海ディズニーランドも物価は高いが、
こちらのペアキーホルダーはセットで99元(約1584円)
IMG_5635

















レゴランドジャパンにはクッキーやチョコレートといった定番のお土産は販売していない。
同園が一番売りたいのはレゴブロックなのだが、1箱1万円以上もするのでけっこう高額。
IMG_0589

















スターウォーズのキーホルダーは1つ1700円!!
マジかよ・・・どんなセレブが購入するんだ?

同園の評価は賛否両論になるのも理解できる。

2時間くらい遊んでみたが、アトラクションはたいてい5分待ちくらいだった。


この日の来場者はだんだん増えてきていたので、
GWにはけっこう混雑するかも?

レゴランドジャパンHP












中国遊園地大図鑑 北部編 (中国珍スポ探検隊)




中国遊園地大図鑑 中部編 (中国珍スポ探検隊)




   
押していただけると、記事を書く励みになります。

『いんちきおもちゃ大図鑑』シリーズのヤバさに戦慄した!!

IMG_0151

















インパクトのある超マニアックな書籍を出版するパブリブ社の
ハマザキカク氏より、長らく絶版されていて復刻された

『いんちきおもちゃ大図鑑』

続編となる

『いんちきおもちゃ大図鑑2』が献本される。

カバーの凶悪な顔のドラ〇もんを見ただけで

ヤバい書籍だと判明するが、

読みだすと私が現在、進行中の

『中国遊園地大図鑑』の続編の原稿の執筆作業を止めてしまうくらい

ヤバくて面白い!!

詳細はこちらを見てネ。


これだけのいんちき玩具を収集するのにどれだけの時間と金額がかかったのだろうか?

それと私には絶対できないのは、いんきち玩具の元ネタの判別だ。

著者のいんちき番長氏と加藤アングラ氏と比べるとアニメや特撮の知識の差は歴然だ。

書籍を読んでいると、ある種の玩具は

もともとは日本の玩具の一部が流用されていたといったことが書かれていたが、

おそらく日本の玩具メーカーの金型の一部がアジアの国のメーカーに購入されたのかも?

と考えてしまったりする。

(玩具の金型といっても、具体的な価格は知らないが、けっこう高額なものだと思っている)

細かいことはいいから、頭をからっぽにして読んだ方が楽しい。

いんちき番長氏は変形ロボットの玩具が好みなので、

こういったものにも興味をもたれるのかもしれない。
IMG_9845

































いずれは書籍だけではなく、博物館くらい作ってほしいなぁ~。

というか私ももっと中国の遊園地で

怪しい玩具の購入をしておけばよかったと反省しております!!





新版いんちきおもちゃ大図鑑: 中国・香港・台湾・韓国のアヤシイ玩具





いんちきおもちゃ大図鑑2: コミカルキャラクター・変形合体ロボット・アニマルキャラクター編


 
   
押していただけると、記事を書く励みになります。
ギャラリー
  • 中国の雑誌『人物』に『中国遊園地大図鑑』が紹介されました!
  • 中国の雑誌『人物』に『中国遊園地大図鑑』が紹介されました!
  • 中国の雑誌『人物』に『中国遊園地大図鑑』が紹介されました!
  • 中国の雑誌『人物』に『中国遊園地大図鑑』が紹介されました!
  • 中国の雑誌『人物』に『中国遊園地大図鑑』が紹介されました!
  • 中国の雑誌『人物』に『中国遊園地大図鑑』が紹介されました!
  • 中国の雑誌『人物』に『中国遊園地大図鑑』が紹介されました!
  • 『週刊大衆』のゴールデンウィーク合併特大号に『中国遊園地大図鑑』が紹介されました!
  • 『週刊大衆』のゴールデンウィーク合併特大号に『中国遊園地大図鑑』が紹介されました!
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード

にほんブログ村 押すと喜びます。
  • ライブドアブログ